カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

最近のエントリー

アーカイブ

栃木県大田原市にある前田牧場の毎日をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

日本最大級! 会員10万人の協会から学んだこと

2019.02.28

こんにちは!
早いもので2月も今日で最終日ですね。今月、一番印象に残ったことは何でしたか?
私は、「日本唐揚げ協会」の謝肉祭でした。


maeda_547_1.jpg


日本唐揚げ協会は、約10万人の会員がいる組織です。
年に一度、「謝肉祭」といって、全国のおいしい唐揚げをみんなで食べる会を開催しています。


今年で10回目の「謝肉祭」に、初めて参加してきました!
東京の目黒雅叙園で行われたのですが、100名様以上の唐揚げ好き「カラアゲニスト」が集まり、全国から選ばれた4つの唐揚げ専門店の唐揚げをひたすら食べる謝肉祭。
メニューは唐揚げのみ(^^)/
(唐揚げは1店舗につき一人6個。だから食べ物は一人唐揚げ24個。一人では食べきれませんけどね)


maeda_547_2.jpg


常連さんはタッパーに、サラダ持参で来ていました。
毎年そうなのでしょうね。ある意味すごいですよね。


だけどみなさん、とても楽しそう。
メニューは唐揚げ24個だけなのに、、、です。


よく見てみると、ここでは楽しくなるしかけをしていました。
開会時に唐揚げ憲法を全員で読み上げ、
乾杯も唐揚げにちなんだお作法があり、
余興には唐揚げソング、
会長さんが各テーブルを回り、
そのつど唐揚げにちなんだお作法で乾杯をして、コミュニケーションを図っています。


食事をするためではなく、みんなで唐揚げを楽しむために集う。
「やっぱり僕たち唐揚げが好きなんだよね!」と確認しあうために集っている。


会費は5000円。メニューに対して、決して安くはない金額です。
しかし、目的がはっきりしているから、唐揚げ24個と飲み物フリーだけのメニューでも、誰も苦情は言いません。
イヤなら参加しなければ良いのです。
とても分かりやすいですよね。


メニューを考える際、
「唐揚げだけではくどいのでサラダを出そう」とか、
「ごはんもないと満足度が低いよね」
「いろいろ言う人も出てくるかも?」などと、あれこれ想いを巡らせて準備するのが一般的だと思いますが、「唐揚げ協会のイベントなのだから唐揚げオンリーで良し」とする潔さ!
これでいいんだー、と目からウロコでした(*^-^*)


何かことを起こす際に、必ず批判者がいます。
参加後に、あーでもないこーでもないと、細かいことを言う人もいます。
私はこの日、本唐揚げ協会の謝肉祭に参加して、
「批判したり、文句を言う人は相手にしなければ良いのだ。その言葉に振り回されていると本来の目的が果たせない」ということを学びました。


と、そして、、、(ここからが自分で自分の成長を感じたところなのですが)
「批判や文句は必要なことだ!」とも思えました。


批判や文句、受けたくありませんよね。
だけれど、それも気にしないと思えるくらい、熱い気持ちを持って取り組んでいるのか、という目安にもなると気づいたからです。
批判や文句は、自分の気持ちを固めてくれるためのもの、ととらえると、有難いものになりますよねー。


批判、文句! どんと来いっ(*^-^*)


あっ でも、打たれ弱いので、、お手柔らかにお願いいたしますm(__)m


今日も読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

このページの先頭へ