カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

最近のエントリー

アーカイブ

栃木県大田原市にある前田牧場の毎日をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

ハーブでリフレッシュ

2020.06. 1

こんにちは!
新型コロナによる移動制限が解除となりましたが、まだまだ恐る恐るといった感じですね。
私は昨日、2カ月ぶりに知人とランチのために外出し、ひさしぶりだったので楽しくてはしゃぎすぎてしまい疲れたのか、いつもは日付が変わるまで起きているのに21時には眠くなってしまい、気がついたら床の上で寝てました(*^-^*)
良い意味の疲れでしたが、たった2カ月でこんなにも疲れ方が違うのか、と驚いてしまいました。


さて、草木が生い茂る季節となり、プランターに植えたハーブもすくすくと育ってくれています。


maeda_575_1.jpg


最近のお気に入りは、干しショウガとフレッシュハーブのレモンバーム、はちみつをカップに入れてお湯を注ぎそのまま飲むインスタントハーブティー。フレッシュなハーブを使い、入れたまま飲めるので洗い物が少なくて、うれしい☆彡


maeda_575_2.jpg


レモンバームには抗うつ作用があるといわれていて、緊張を和らげ、気持ちを明るく前向きに導いてくれるんですって! また、不眠症にも効果があると言われています。
少し調子が悪いと即効性を求めて、ついつい薬に頼ってしまうことがありますが、身近にある自然なものでコツコツ改善していくのも、体に負担が少なくていいですね。しばらくハマりそうです。

皆様に財運シェア🍀

2020.05.25

先日、お世話になっている方から、5つ葉のクローバーをいただきました。
5つ葉の花言葉、ご存知ですか?
「財運、経済的繁栄」
そして発生率は100万分の1だそうです(^^)
おおーっ! すごい確率ですね!


5つ葉を見つけて、こっそり自分だけでもっていると不幸になると言い伝えがあります。そう言われると、ちょっと怖いですね。
しかし、誰かに送るとお互いが幸せになるそうです。つまり、5つ葉のクローバーからのメッセージは人に分け与えて、みんなで幸せになろう!


ということで、ブログを読んでくださる皆様に、5つ葉がもたらしてくれる、財運と経済的繁栄をシェアさせていただきます🌟


maeda_574_1.jpg


まだまだコロナ不安は拭えませんが、少しでも元気になっていただきたいとの思いです!
顔を上げて胸を張り、前を向いて行きましょう♫(^^)

新しいお肉の楽しみ方

2020.05.18

新型コロナウイルス感染症でお亡くなりになられた方、影響を受けている皆様に心からお見舞い申し上げます。
私の仕事も同じく影響を受けております。
世界中が大変な状況ですが、悲観していても何も変わりませんので、前を向いて進んで行きましょう!


さて、移動制限中、オンラインでのサービスが一気に増えましたね。
都内に10店舗以上の焼肉店を経営されている格之進さんが『オンライン肉会』を始めたので、参加しました!


①オンラインで申し込む


maeda_573_1.jpg
②肉が届く


maeda_573_3.jpg
③当日、PC前にホットプレートや皿を準備


maeda_573_2.jpg
④格之進オーナーで、「肉おじさん」こと千葉さんの焼肉指南を受けながら、みんなで肉を焼いて食べる🥩


こんな流れでした。
開催中は肉おじさんの千葉さんと時間を共有し続けられる! というぜいたくなひと時で、お家以上レストラン未満という、新しいお肉の食べ方で堪能させていただきました!


これからますます、オンライン化が進みます。しかしその分、リアルで会えることが貴重となってきます。
何を選択し、どこに力を注いでいくか、しっかり考えて行動したいと思います(^^)

牧場から癒しを

2020.04. 1

こんにちは!
コロナウィルスのニュース、毎日目が離せませんね。
お亡くなりになった方、大変な思いをされている方たちを思うと胸が痛みます。
私たちは自己管理をしっかり行い、不要な外出を避けながら、周りに迷惑をかけないよう気を付けるしかないですね。


さて、先日牛舎に行った際に、近づいても起きない牛がいました。
たいていは、カメラを向けると起き上がり、牛舎の枠に近寄って来るのですが、よほど眠かったのでしょう。まったく起きません。


maeda_572_1.jpg


気持ち良さそうに寝ている姿、思わずほほえんでしまいますよね。
普段見せてくれない表情なので、貴重な一枚です(*^-^*)


コロナニュースで不安な毎日に、少しでも癒しをと思ってご紹介しました🐄
一日も早く終息しますように。

「らしさ」という演出

2020.03. 2

こんにちは!
今年は例年にない暖かさで、冷え性の私にとっては過ごしやすい冬でした。
雪も降らず、スタッドレスタイヤが活躍できなかったのは、少し寂しいような気もします。


さて、先日東京で、取引銀行主催の販売会に参加してきました。
そこで、写真のカゴ入り甘露煮を発見!


maeda_571_1.jpg


カゴと筆文字で書いた「鮎」の字が川魚のイメージにマッチしていて、遠くからでも目をひき、すてきでした!
手に取り、誰かにプレゼントしたくなるパッケージ。
やはり、あっという間に完売!


鮎の甘露煮、一般的販売されているのは、真空になっていて茶色で、見た目が地味です。
しかし、入れ物を工夫するだけで、こんなにイメージアップするなんて驚きました
お客様が買いたくなる演出は、おいしさと同じくらい大切なものですね!


さて、自分たちの商品に、どのように置き換えられるでしょうか?
考えてみます!

このページの先頭へ