大分県宇佐市安心院(あじむ)の「宮田ファミリーぶどう園」からお伝えします。  ▼プロフィールはこちら

RSS

決断のとき

2019.06.26

摘果の季節です。
わが家のぶどう作りでは、畑中がぶどうで散らかるほど摘果することになります。
今年は天候のせいか、格別に実が多く、
切り落とすのがもったいないとか、
どれだけ残すかとか、
いい実をの落としちゃまずいとか・・・


そんなこと、もはやお構いなし!! なくらい。
いったい何をやっているのか判らなくなるくらいです。


それでも実が多すぎると着色が遅れたり、完熟までの日数がかかったりと問題が出てくるので、必死にはさみを振り回しています。
どれもこれも大事な作業ですが、最終選抜に向けて気合が入ります!


grape_340_1.jpg


ここまで切り落とすと、逆に気持ちがいい!

このページの先頭へ