カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

最近のエントリー

アーカイブ

大分県宇佐市安心院(あじむ)の「宮田ファミリーぶどう園」からお伝えします。  ▼プロフィールはこちら

RSS

いまだ三寒四温

2022.04.21

日中は20度を越えて汗ばむいい天気なのに、先週からの寒波は去年の新芽壊滅事件(?)を思い出させる、いや~な寒さでした。

去年の異常に暖かかった三月、遅霜の襲った四月。
例年より早く発芽した新芽が一夜にして凍りつくという、号泣クラスの惨事...。


今年は園主が見回り夜回り、念には念を入れて対策しまして、今回の冷気はひとまず乗り越えました。
大切に育てても、地球規模の力には、なかなか抗えないのですよ。


今年もどんな災害が起こるか起こらないか。
心配してもきりがないので、今日も出来る仕事を進めましょう。


grape_448_1.jpg


今年は夜間気温が低く、発芽がちょっと遅めですが、ゆっくり着実に育っています。


grape_448_2.jpg


去年被害にあったシャインマスカット。
今年は無事に育ってちょうだい。

ばっさばっさばっさい

2022.04.19

永遠に日陰のビニルハウスの隅っこの木が、初めて日光を浴びまくることになります。


grape_447_1.jpg


防風林が長い年月をかけて巨大化したため、ビニルハウスの屋根に覆いかぶさっていました。
私の知る限りずっとずーっと日陰の身で成長が遅かった木々に日が当たるようになるのです。


今年はがんがん新芽が伸びてくれるのかな。
ちょっと期待してます。
長い間防風のお仕事ありがとう。


grape_447_2.jpg


伐採された切り株。
丸太がごろごろ。
材木のいい香りがただよってます。

九州の春

2022.04. 4

いい天気の今日、新年度が始まりました。
毎日が植物の都合で動いているので、わが家は年度の切れ目などお構いなしですが、ちょっと衣替えなど意識しようかな・・・なんて思ったりして、必要以上に洗濯物が増えている気がします。


そんな九州の春は、雨と風と暖気と寒気と花粉と黄砂とぐるぐる繰り返します。
昨日の雨でじっとり濡れた車に埃やら黄砂やらがたくさん貼り付き、まるで桜吹雪のよう・・・


grape_446_2.jpg


・・・・・うそです


農園前の広場には満開の桜が咲いていますが、ボディに反射させたらなんか汚れもそれっぽく見えたりしないかなぁ。


grape_446_1.jpg


洗おうかやめようか考え中。
反射したら、桜も車も美しい気がする。

ガテン系女子がんばる

2022.03.31

造成工事のため、老朽化したハウスを解体しています。
下準備として、柱と葡萄棚のワイヤーを分解して運び出します。


grape_445_2.jpg


いかに少ない労力で、
いかに少ない行程で、
いかに楽をして、
いかに速く、
いかに美しく、
を脳内で計算して、
作業するのです。


grape_445_1.jpg


か弱きガテン系女子たちは、腕力よりもまず脳みそを使うのですよ。


grape_445_3.jpg


そしたら、ほら素敵。
今日だけで、畑の半面更地になったよ。

吸引力すっげー

2022.03.28

早朝の寒さはまだ続いていますが、そろそろ樹木も春を感じているようです。
剪定した枝の切り口から、水がじんわりしみ出てきました。
春になり目が覚めた木が、地中の水を吸い上げ始めた証拠です。
この合図が冬の作業の終わりの合図です。


今年役目を終えた老木は腰の高さで切り落とされましたが、根は現在なので、思いっきり水を上げてきます。
大きな木だったからその枝の先まで水を送る分たくさん吸い上げ、行き先のない水がみるみる断面から湧き出て水滴がぽたぽた落ちてきました。


grape_444_1.jpg


grape_444_2.jpg


自然の力命の力を感じますね。


このまま切り株置いておくと、まだまだ幹から芽が出てくるのですよ。

このページの先頭へ