提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU

商品お役立ち情報



(クボタ)世界初!無人自動運転でコメ・麦の収穫が可能なコンバインを発売

2023年06月15日

(株)クボタは、人手不足や作業効率化など、担い手農家が抱える経営課題を解決するため、世界で初めて人が搭乗することなく自動運転でコメや麦の収穫作業が行えるアグリロボコンバインDRH1200A-Aを発売。当製品の発売により、(株)クボタの主要3機種(トラクタ、田植機、コンバイン)のすべてに無人自動運転仕様がラインアップされることとなる。


【商品名】
アグリロボコンバインDRH1200A-A


202306kubota_combine.jpg


【発売時期】
2024年1月


【主な特長】

●機体の前後左右に搭載するAIカメラと機体前後のミリ波レーダが周囲の状況を監視しており、無人での自動運転中に周辺の人や障害物を検知すると機体が自動で停止する。
●ほ場の最外周の1周だけオペレータが運転して刈取り作業をすることで、機械が自動で最適な刈取りルートを作成。2周目からはほ場周辺で使用者による監視の下、無人自動運転が可能。無人自動運転によって未熟練者でも熟練者と同等の刈取り作業を行うことができる。
●機体前方のレーザセンサとRTK-GNSSアンテナにより、畔(あぜ)の高さと位置を検知し、畔が低い場合は熟練者のように機体の一部を飛び出して効率的な旋回を行う。また、レーザセンサは作物の高さも検知し、作物の高さに合わせて機体前方の刈取り部やリールの高さや車速を自動調整することで、倒伏角度60°までの稲・麦の刈り取りが可能。
●無人自動運転時に刈取り部に稲・麦の詰まりを検知した場合には、自動で詰まりを除去して作業を再開するので、監視者が機体まで行くことなく、詰まりによる時間ロスを最小限にとどめる。
●通信距離約250mのリモコンにより、監視者は自動運転の開始や停止、モミ排出前の機体前後進等の遠隔操作が可能。


詳細はこちら


▼「農業ソリューション製品」ページはこちらから