提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


早生の紫カリフラワー『オーナメントパープル』の種子発売

2022年04月11日

サカタのタネは早生性、栽培適応性に優れ、生産現場の省力化に貢献する紫色のカリフラワーの新品種『オーナメントパープル』の種子を2022年6月から生産者向けに発売する。


sakata_2202O_purple.jpg


●定植後約70日で収穫ができる早生品種
●早生性を生かし、従来の紫カリフラワーよりも早い時期に出荷することが可能
●高温多湿な日本では栽培期間が長くなるほど病虫害などの影響を受ける可能性が高いため、早生であることは安定した生産につながるポイントの一つ
●花蕾が低温に当たると発色が豊かになるため、秋冬作が向いている
●一方で春栽培で問題となるボトニングに強く、栽培適応性もあるため、秋冬だけでなく一般地・暖地の5月収穫、高冷地の初夏収穫でも安定した収量、高品質な青果の収穫が可能


詳細はこちらから