提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


大輪八重咲きのトルコギキョウに新品種を追加

2022年02月14日

サカタのタネは、大輪セミフリル八重咲きで、晩生の白色トルコギキョウ新品種『リオ ホワイト』を開発し、4月下旬から営利生産者向けに種子の販売を開始。トルコギキョウで流通量の大半を占める八重咲きに、高温期でも栽培しやすい白色品種が追加される。


sakata_2202torukogikyo.jpg


●『リオ ホワイト』は、花径約8cm、花弁にやわらかくフリルの入るセミフリル種
●八重咲きの中でも花形が豪華なフリンジ・セミフリル咲きは、ウエディングなどの業務需要が高く、特に白色は汎用性があるため切り花が周年で流通
●トルコギキョウの栽培がしづらい高温期でもチップバーンが発生しにくいため、生育力があり、枝数・草丈もとれやすく、秋にボリュームのある切り花を供給できる
●低温で日照量が少ない時期でもブラスチングが発生しづらく、開花性にすぐれるため、秋出荷での切り残し減や秋から延長しての出荷も期待できる


詳細はこちらから