提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


皮や果肉が白く柔らかくおいしい、アクが少ない白いサラダ牛蒡「美白牛蒡」

2020年09月23日

(株)佐藤政行種苗「美白牛蒡」は、表皮の白色が際立っており、従来の牛蒡のイメージを変える品種として育成された。皮や果肉が柔らかく、アクが少ないため、時短料理にも適している。


sato_bihada_1.jpg
「美白牛蒡」


sato_bihada_3.jpg  sato_bihada_02.jpg  
他品種との白さの違いが明らか


「美肌牛蒡」の特長(品種登録番号21394・美白)
●表皮が際立った白色で見栄えが良い
●アクが非常に少なく、洗い牛蒡として表皮及び果肉の白さが継続される特別な性質がある
●果肉のアクが少ないことから加工前の下処理、調理前のさらしをほとんど必要とせず効率が良い(※)
●果肉が緻密でス入りが遅い
●根長75~85cmの早生系牛蒡(120日)で早掘りの短牛蒡としても出荷可能
●立性のやや丸味を帯びた波型の小葉で密植が可能
丸葉の小葉なので初期は他品種に比較し緩慢だが肥大が早く、中期以降は急速に肥大する
●早太り系な事から過度な多肥は裂果をまねくため、肥料を控え、適期収穫を心がける
●糖度が23~24度と高く、甘みがあるのでサラダ牛蒡に最適

アクは個体差がありややバラつきが生じることがある


詳細はこちらから