提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


春から秋の栽培に、チンゲンサイ『頼光』の種子を発売

2020年04月09日

サカタのタネは、品質、収量性、白さび病などへの耐病性に優れ、栽培適応幅の広いチンゲンサイの新品種『頼光(らいこう)』の種子を生産者向けに発売する。


sakata_2020raikou.jpg


●葉・軸の色が濃く、葉と軸のバランス、首部(葉と軸の間)の締まりがよい
●葉枚数が多く、尻(軸の下部)の張りがよいため高い収量性にも貢献する
●主に春・秋栽培で問題となる白さび病や地温の高い時期に発生しやすい萎黄病に強く、栽培適応幅が広く使いやすい
●比較的暑さにも強く、一般地であれば春・秋栽培、高冷地・冷涼地では晩春から秋口まで栽培できる


詳細はこちらから