提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(クボタ)28馬力から60馬力までのトラクタに直進自動操舵機能を採用

2020年01月22日

~豊富なラインナップで、稲作から畑作まで幅広い農家の課題解決に貢献~

(株)クボタは、ハンドルを操作しなくてもGPSの位置情報を利用して作業時の直進走行を可能にする「直進アシスト機能」を搭載したトラクタ「スラッガー GS」(※1)を発売します。豊富な馬力帯にパワクロ、キャビン付きなど多くの仕様を設定し、稲作から畑作まで幅広い農家の作業能率向上や疲労軽減などの課題解決に貢献します。
※1 GS:Go Straightの略

【商品名】
クボタ ファームパイロットシリーズ「スラッガー GS」

201001kubota_1.jpg
クボタ ファームパイロットシリーズ「スラッガー GS」

【発売日】
2020年1月
 
【主な特長】
(1)直進アシスト機能
○一工程目で始点A・終点Bを登録し直進の基準線を設定すると、次工程からは直進アシスト機能を「ON」にするだけで、自動操舵で基準線に対して平行に直進作業が行えます。直線を保つためのハンドル操作が不要なので、作業状況の確認や調整に集中できて能率が向上します。
○GS機能を使用するための設定が順次モニタに表示され、マルチスイッチで選択、決定するだけで簡単に設定が行えます。
○基準線の登録はマルチスイッチ、直進アシスト機能の「ON/OFF」は「GS操作レバー(スイッチ)」で簡単に操作が行えます。

(2)手動補正スイッチ
○GPSの測位状況によって作業中に直進のズレが生じた場合には、ハンドル下にある「手動補正スイッチ」で一押し2.5cmずつ左右方向の軌道修正が簡単に行えます。

(3)簡易ガイダンス機能
○旋回ガイダンス機能:次工程の位置合わせの目安線が液晶モニタに表示されるので、旋回後、自車と目安線を合わせるだけで、簡単に機体の位置を合わせることができます。
○色塗りガイダンス機能液晶モニタ上で未作業エリア、作業済みエリアを色分けし、重複作業や作業モレなどの防止に役立ちます。

(4)カラー液晶モニタ
○GPSの測位状況や直進アシスト機能・簡易ガイダンス機能に関わる情報を4.3インチカラー液晶モニタにイラストでわかりやすく表示します。直進アシスト機能を使用する前の作業種類設定もモニタを確認しながら簡単に行えます。

(5)安心サポート機能
○直進アシスト機能使用時でも障害物を避ける等の緊急時には手動ハンドル操作が優先されるので、安心です。
○GPS受信状態の低下や作業終了位置の接近、直進アシスト機能が可能な車速(※2)(0.5km/h~8.0km/h)から外れたときなど、作業上注意が必要な場合は、カラー液晶モニタの表示とブザーでお知らせします。
※2 作業によって車速が異なります

●製品の詳細はこちら

●クボタ電農スクエアはこちらから