提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


世界初 八重咲きの無花粉タイプトルコギキョウを開発 -最もニーズの高いホワイトの八重品種、さらなる需要の拡大に期待-

2019年07月12日

サカタのタネは、世界初となる八重咲きの無花粉タイプトルコギキョウを開発した。


sakata_201907torukog.jpg


一般的に花は、雌しべの先に花粉が付着すると老化が進むと言われており、観賞期間が減少します。無花粉タイプのトルコギキョウは、雄しべが不完全なため花粉が発生せず花持ちが非常に優れるため、長時間の輸送に耐え、また消費者は長く花が楽しめる。飛散した花粉で花そのものや周囲を汚すこともないため、生産者の作業負担や出荷ロスの軽減につながる。生産者・流通業者・消費者それぞれにメリットがある画期的な品種となっている。


詳細はこちらから