提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(ときわ研究場)強い耐病性を持ち、早くから良く穫れるキュウリ「G・フラッシュ」

2019年06月28日

ときわ研究場は、強い耐病性を持ち、早くから良く穫れるキュウリ「G(グリーン)・フラッシュ」を発売する。


tokiwa_Gflush.jpg


G・フラッシュの特性
●ウドンコ病、褐斑病に極めて強いため、薬剤散布が軽減でき、栽培後半まで安定した栽培が行える。
●主枝雌花率は、9月播種で30~40%程度、11月播種で60%程度。各節1・2果成りが主体となる。
●果実は22cm前後で、果色は濃緑、肩こけ少なく秀品率高い。
●低温期の果実肥大が早く、実溜まりしにくい。
●草勢は中位、子枝、孫枝とも確実に安定して発生する。
●葉は濃緑で中葉、受光態勢の良い草姿となり、管理作業が行いやすい。


詳細はこちらから