カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

最新のエントリー

アーカイブ

淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

寒卵

2019.01.29

寒卵って知ってますか?
寒の入り(今年は1月6日)から、寒明け(今年は立春の2月4日)に産まれた卵で、栄養豊富で金運によいとされています。とくに大寒(今年は1月20日)に産まれた卵は大寒卵として重宝されるとか。
年末から、風邪→腸炎→風邪→喘息→扁桃腺炎とほぼ一カ月不調が続いている僕にとっては滋養もあるし、寒卵にこだらわらなくても嬉しい食材ですね。


blog_carnation1010_1.jpg


この時期はやはりおでんでしょうか?
温まりますしね。
シンプルにTKG(卵かけご飯)も好きですが、体調考えて生は控えますか。
トロトロの親子丼も捨てがたい❗

雪ですよ、雪!!

2019.01.28

淡路で雪が降ってます。


blog_carnation1009_1.jpg


まあ、ほんのショボショボですが。


全国的に強烈な寒波が到来とのこと。
暖冬傾向だったはずが、またもや極端なことですね。


豪雪地帯では積雪、着雪に伴う事故も増えるかと思いますが、どうぞ大きな被害が出ませんようにお祈りしております。

月がきれいですね

2018.12.31

って、夏目漱石的愛の告白のセリフじゃあないですよ(笑)。
夜が冷え込むようになると、月や星がきれいに見えるようになりますよね。
この時期は、ちょっと見上げれば夜空に瞬く星が!!
とは言うものの、建物の光がそれなりに明るいので、子どもの頃ほどにはたくさん見えませんが。
で、帰り道に大阪湾方向を見れば、登ったばかりのお月様。


blog_carnation1008_1.jpg


うん、絵になりますね~。
対岸の陸上が明る過ぎるのは、見なかったことにしときましょう(笑)。

弊害だ!!

2018.12.30

これは何の写真か分かりますか?!!


blog_carnation1007_1.jpg


実は、ほうれん草がとうたちした写真なんですよ。
春先ならともかく、この時期にとうたちって、本来ならあり得ないんですが····

秋口に何回も台風にやられた結果、何度も冬野菜のまき直しをするはめになってしまい、そのたびに畑を変えてまいていたのですが、あまりに何度もくり返ししたため、いよいよ場所が限られてしまったんです。


その結果、温室の側の畑にほうれん草をまくしかなかったんですが、温室は秋は黄色蛍光灯が一晩中灯っているんですよね。
で、結果として、この時期にほうれん草がとうたちしてしまったんです(涙)。
今年は最後まで天候にたたられた一年でしたね(泣)。

もはや芸術!!

2018.12.29

水引(みずひき)ってご存知ですか?
ご祝儀袋なんかについてる紅白のリボンみたいなやつが一般的ですかね?


先日ちょっとした機会があって、水引の展覧会ってのをのぞいたんですが・・・


すげぇ~!!
いやぁ、正直水引なめてました。
完全に工芸品ですわ。
っていうか、芸術品でした。


blog_carnation1006_1.jpg  blog_carnation1006_2.jpg


生け花を模したものや宝船に鳳凰、龍に七福神等々。
相応の手間ひまはかかるでしょうが、あそこまで複雑な作品が作れるとは思っても見ませんでした。
思わず小さな鶴のキットを買ってしまいました。
正月飾りに間に合うかなぁ(笑)

このページの先頭へ