カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

最新のエントリー

アーカイブ

淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

いよいよ❗

2020.08.18

うひゃ~!!
ついにここまで来てしまいました。


淡路島の山の中には猪とイノブタ(猪と豚の混血)が大量に住んでいて、全国的な獣害被害と同じく、えらいことになっているわけですが...わが家の近くは高速道路等が山を縦断していることもあり、長らく出没することがなかったので気を抜いていたんですよね。


ところが!!
ところがですよ!!
ついに、わが家のサツマイモが、ひどい有り様に。


blog_carnation1075_1.jpg


芋が全然太ってないのに、きれいに掘り返されてしまいました。
なんてこったぁ~!!


blog_carnation1075_2.jpg


来年からは畑にも電柵しないと野菜も作れないかもって思うと、トホホですよ。
いよいよ罠猟の資格取って、自衛しないとあかんかなぁ...

これはこれで

2020.08.17

なかなかいい感じですね。
何かっていうと、栽培施設用のヒートポンプです。


blog_carnation1074_1.jpg


っていうか、普通のルームエアコンですが。


200㎡程の施設に冷暖房用の設備として18畳用のルームエアコンを3台入れてみました。
今回は実証実験で、冷房も行うために少し容量大きめの設定です。
本体と室外機はネットで型落ちのやつを格安で引っ張って、工事はつてを頼ってお願いしました。
諸々込みで40万円弱。
大型の施設には向きませんが、100坪位迄の施設なら、こっちの方が安上がりだし、冷暖房効率も良いのではないかな?


あ、温度の均一化をはかるためサーキュレーターも2台回しています。
冷房は終夜運転ではなく、いわゆるEOD(end of day)冷房です。
内容としては、2台のエアコンを19時~0時迄を21度に設定して、もう1台を4時迄の運転にしてあります。
さて、このところの異常な暑さに対抗出来ているかな?
データロガーの記録が楽しみです。

意外とデカイ?

2020.07.22

ちょっと興味があって、JA淡路日の出主宰の農機の展示会に行ってきました。
まぁ、本命は会場内で開かれる農機具の安全講習に参加することですが。
淡路島の、特に北部や東部だと圃場が小さすぎて、50馬力のトラクターやら8条植えの田植え機なんて、めったにお目にかかることがないので、大型の農機が見られる良い機会なんですよね。まぁ、使い道がないので買いませんが。


それでも、小型の管理機等はちょっと欲しいなぁ~って。
各社モデルチェンジのたびにフォルムがすっきりしてきていて、ごちゃごちゃしたのよりも、すっきりスマートな方が僕的には好みですねぇ。


blog_carnation1073_1.jpg


あと、ドローンの薬剤散布機を触らせてもらって来ました。


blog_carnation1073_2.jpg


大規模な圃場はもちろん、中山間も含めて、こいつはまだまだ伸びしろありそうですね。本体もデカイ割りに意外と軽かったですし。あとはタンクの容量がもう少し増量出来たら今のところ言うことなしですかね。

やっぱこれだね~

2020.07.21

ってことで、ここ数年わが家の定番になっている『アヅリキッド』君の登場です。


blog_carnation1072_1.jpg


わ~、パチパチ♪
どんどん♪
パフパフ♪


定植も無事終わり、それなりに活着してくれたので、一気に根張りを促進して夏の暑さに耐えられる株作りを目指します。
今年も相変わらず、何十年に一度の大雨があちこちで降り、観測史上初をあちこちで更新している現状。
どうせ今年も記録的な猛暑になるんでしょうから、今のうちにとれる対策はしとかないとですよね。


ってことで、溶液土耕のチューブに3000倍で混ぜ混ぜしてやりました。
これを8月いっぱいを目安にやっておけば、その後の生育に差が出てくるんですよね~。


ちょっと変わったこと始めました!!

2020.07.20

わが家のカーネーション栽培は、通常畝に枠板で囲いをした培地で育てています。
それを今年は、農研機構や技術センター等と共同で、プランターを用いた少量培土栽培の実証実験を行うことになりました。


blog_carnation1071_2.jpg


なにぶん初めての試みのため、圃場の準備だけで半月以上かかったうえに、例のコロナ騒ぎの煽りで、農研機構や農水省も機能せず....
スタートの会議すら....


とは言うものの、栽培スケジュールもあるので、なんとかできるだけ準備して、どうにかこうにか定植までこぎつけました。残りはなるべく早くに体制整えないと。


blog_carnation1071_1.jpg


ってことで、今年度のブログのネタは『カーネーションの少量培土栽培』についてがメインテーマになると思います。

このページの先頭へ