カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

最新のエントリー

アーカイブ

淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

今年は意図的に!!

2020.12.15

秋口から、ある生き物を捕まえては圃場に放してきたんですが、その成果が!!


blog_carnation1089_1.jpg


って、緑のラインに重なって見にくいかな?
茶色っぽいのが見えますか?


ぐっと寄ってみると...


blog_carnation1089_2.jpg


そう、カマキリの卵です。


例年、意図しなくてもいくつかは圃場に産み付けられているんですが、今年は意図的にカマキリをガンガン放り込んでやったところ、2aのハウスに18個もの卵が!!


正直、孵化する時を考えたらちょっと気持ち悪いんですが、この圃場は来年度は改植せず、現在の株を活かして二年切りに挑戦する予定です。
なので、春先からカマキリがたくさん居ついてくれたら、害虫の防除がちょっとでも楽にならないかな? と思いまして。
さて、効果やいかに?

珍しい

2020.12.14

っていうか、初めて見た?
少なくとも記憶にはないかな?


blog_carnation1088_1.jpg


さつまいもの花です。
掘ったあと、蔓を片付けずに放置したままにしていたら、こっそり生き延びていたみたいです。
今年は夜温も高めで霜も降りないので、この時期まで枯れずにきたんでしょうね。


で、何の要因かは分かりませんが、なんとびっくり花が咲いてしまいました❗
形は朝顔みたいで、サイズは直径2cm弱ってところでしょうか。
以前、本に載っているのを見て以来です。
実物は多分初めてですね。
意外とかわいい感じで、悪くないですね。

水もしたたる

2020.11.18

水もしたたるいい男?


blog_carnation1087_1.jpg


いや、わが家のカーネーションは箱入り"娘"ですけどね。


夜間の温度が下がって来たとは言いながら、まだ下がりきっていないのか、ヨトウやシロイチ等の被害がなかなかなくなってくれません。
わが家のまわりでは、昔から外気が10℃を下回って来ると一気に被害がなくなると言われてきたんですが、最近はもっと低温でも越冬するんですかね。
っていうか、成虫が冬の寒さで死滅することなく、越冬しているんじゃない?
暖冬の影響もあるんでしょうが、年々遅い時期まで、被害が続いているように思います。


仕方ないので、『これが止めだ!!』と毎回思いながら、どっぷりと薬剤散布しています。

言いたいことは、分かるんですが・・・

2020.11.17

ここのところ、農業新聞等でも話題っていうか、問題になっているこの書類の見出し。


blog_carnation1086_1.jpg


いや、言いたいことは分かるんですよ?
問題点も理解できます。
いろいろと施策を打って下さるのはありがたいことです。


が、今になって急に言われても、っていうのが正直な気持ちです。
皆さんはどう思います?

季節は移ろい

2020.11.16

いやぁ、気がつけば立冬過ぎてもう冬ですか!

たしかに朝晩は結構冷え込んで来ているので、それっぽいっちゃあそれっぽいんですが、日中は普通に長袖のTシャツ一枚で作業できちゃう位暖かいので、寒暖差は大きいですね。
明け方が放射冷却で冷え込んでくるっていうことは、日中の好天の証みたいなものですので、いいんですけどね。


blog_carnation1085_1.jpg


あと、日の出直前の空の色ってキレイですよね。
じわぁ~とオレンジ色が拡がっていく感じが大好きです。


blog_carnation1085_2.jpg


特に今は明けの明星が月の真下に輝いていて、とりわけキレイですよ。
是非、早起きして東の空を見てみてくださいませ!!

このページの先頭へ