カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

最新のエントリー

アーカイブ

淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

令和といえば

2019.07.24

もう1つ福岡県ネタです。
万葉集の梅花が「令和」の出典と言われていますね。
福岡県で梅花といえば、ご存じ『大宰府天満宮』でしょう。


blog_carnation1037_1.jpg


「東風ふかば においおこせよ 梅のはな 主なしとて はるなわすれそ」の和歌で有名な飛梅がありますしね。
こちらを訪れるのは大学生の時以来です。その前が中学の修学旅行でしたか。記憶に有る限り、四回目の参拝です。


blog_carnation1037_2.jpg


宗像大社とはまったく趣の違う社殿ですね。赤と金で派手です!
正直な感想としては、宗像大社のような、静謐(せいひつ)な感じの方が好みですね。
完全に観光地化してますし。


あと、外国人観光客の多さ。日本語が全然聞こえて来ません。
赤と金の社殿も相まって、中国や台湾の仏閣みたいな感じになっちゃっていたのにはびっくりです。
それが悪いとは言いませんが、なんか違う感じが・・・


blog_carnation1037_3.jpg


あ、ちなみに大宰府駅も、超目立ってました(笑)

古代のロマンに

2019.07.22

せっかくなので、こちらもお邪魔させていただきました。


blog_carnation1036_2.jpg


世界遺産に認定された『宗像大社』です。正確にはちょっと違うんですが···
説明ややこしくなるんで、知りたい方はぐーぐる先生に聞いてくださいませm(_ _)m


もとより、くにうみ神話の息づく淡路で生まれ育ちましたので、古事記や日本書紀等は昔から目にする機会も多く、折に触れて学ぶことになっていました。
ちなみに、最近の上の子のお気に入りはYou○ubeで古事記の紙芝居を見ることらしいです····なぜかわかりませんが。


blog_carnation1036_1.jpg


しかし、歴史的な建築物っていうのは、それ自体に重みを感じますね。
ましてや、自社仏閣等は静かな中にも威厳を感じさせるものが多く、自然と背筋が伸びます。
あまり観光地化が進んでいないこともあるんでしょうが、命の洗濯させていただいた気持ちで帰路につきました。

ひさしぶりのお出かけ

2019.07.22

ここのところあまり遠出する機会がなかったのですが、ひさしぶりに行ってきました。
場所は福岡県。JA糸島の直売場の『伊都菜彩』です。

直売場としては驚異の売り上げ。40億円以上で、日本一とのことです。
ってことで、ちょっと視察させていただきました。


blog_carnation1035_1.jpg  blog_carnation1035_2.jpg


なにより驚いたのは、登録生産者がおよそ1,200名。
農作物だけではなく、水産系からそれらの加工品、さらにスイーツやら何やらと、正確なアイテム数は不明と····
花も切り花だけではなくて、胡蝶蘭の鉢植え等々、小規模な直売施設とは一線を画する大型のスーパーか商業施設って感じでした。


blog_carnation1035_3.jpg


鮮度管理や品揃え、時間帯による在庫管理等々、ものすごくしっかりとした運営管理がなされていました。
買い物自体も楽しめましたが、せっかくなのでと出品者の方数名ともお話しさせていただき、いろいろと刺激になったり、勉強になったりと、すばらしい時間を過ごさせていただきました!!

    1
このページの先頭へ