カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

最新のエントリー

アーカイブ

淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

生命力?

2019.02.28

ゴリっと茎の曲がったカーネーション。


blog_carnation1016_1.jpg


この曲がった部分をよく見ると···


blog_carnation1016_2.jpg


茎に短い無精髭みたいなのが見えますかね?
実はこれ、根っこなんですよ。
トマトなんかで、茎の一部から根っこが伸びたりすることがありますが、それと同じようなことになってます。


まあ、元々カーネーションや、トマトは挿し木の栄養繁殖でわりと簡単に増やしていけますが、さすがにあまり見てくれが良くはありませんねぇ。もちろん出荷はできませんし。
っていうか、根っこが空中に伸びているってことは、湿気がたくさんあれば、エアプラントみたいに花瓶に活けずに飾れる?


まさかねぇ...

例年通り

2019.02.27

今年もこの時期に開催される品評会です。
カーネーションだけでなく、バラやストック、キンセンカや、菜種、スイートピー等、たくさん集まるとやはり華やかですね~。


blog_carnation1015_1.jpg


ちなみにわが家の結果は····


うん、来年もがんばろう!(笑)


で、今年も品評会のあとは即売会です。


blog_carnation1015_2.jpg


ずいぶんとお得な価格でもあるおかげか、時間前からお客さんがずらりと並んでいます。
僕は役員に当たってますので、しっかりとお手伝いしてきました。
花を運んだり新聞紙で巻いたりと、忙しい忙しい!!

おかげさまで、30分程で完売御礼です。
ありがとうございました。

今年も···

2019.02.26

ある特定の品種で、冬季にガク割れが起こってしまいます。
水や、肥培管理の加減が原因の場合もありますが、多くがその品種の特性に起因する事で、結構ロスとして生産者を泣かせてくれやがります。


blog_carnation1014_1.jpg  blog_carnation1014_2.jpg


去年あたりから、ありがたいことに圃場に視察にこられた小売店さんからご提案いただきまして····


ガク割れした花を圃場で超満開にしてみました。
普通に採花するより、一週間以上長く圃場に置くため、回転率は落ちますね。
また、そのままでは出荷時に花びらが傷むので、一輪一輪ネットがけをしないといけません。


blog_carnation1014_3.jpg


結構手間ひまかかりますが、カーネーションの新しい使い方の一つとして、ありといえばありかなぁと。
何より花がでかくて綺麗❗ってことが良いですね。

梅一輪

2019.02.25

「梅一輪 一輪ほどの あたたかさ」


確か作者は、服部嵐雪でしたかね?
梅が咲き始めると、一気に春の感じになって来ますよね。
って、この句って寒中に春の気配を感じている句やから、今の時期とは合わないっちゃぁ合わないんですけどね。


blog_carnation1013_1.jpg


僕としては、作者は忘れましたが、


「一輪が 一輪さそい 梅開く」
「一輪の 色をほどきて 梅匂う」


とかも好きですね。


桜の時期は何かと忙しいので、この時期に梅で花見がゆっくりできて良い感じです(笑)
梅で花見なら、酒に酔って乱れる人も出ませんしね。
お茶と和菓子あたりが最高です(笑)

    1
このページの先頭へ