カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ

淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

鏡張り

2024.06.25

水を張った田んぼに青空が鏡映しのようになっております。


blog_carnation1245_1.jpg


うん、良い景色ですね。


これが朝焼け夕焼けだったり、段々畑だったりすればもっと良かったのでしょう。
秋の実りの時期に一面黄金色っていうのも良いですが、この時期の田んぼすべてが鏡張りっていうのも素敵ですよね。


こう言ったちょっと素敵な景色を独り占めっていう感じは、農業やってる僕らの心のゆとりっていうか、ボーナスっていうところでしょうか。


日々の忙しい作業の合間に気づいた素敵な景色で癒されつつ、収穫の秋を期待しつつもうしばらくデスマーチを乗り切って行きましょう。

事前準備

2024.06.10

先日しこたま降ってたまった水も引き、ようやく田んぼの中を歩いてもぬかるむことがなくなりました。


blog_carnation1244_1.jpg


そこで、田植えの事前準備として元肥等を施肥してすき込むことにしました。
LPSS特2号、苦土重焼燐1号、アヅミンの3種類です。


blog_carnation1244_2.jpg


その前にしっかりと畦塗りをします。
以前はよくある畦板などを使っていましたが農機の発達で畦塗りが簡単にできるようになったのはありがたいことですね。
とはいえ機械もなかなかお高く...
うちのように、自宅と親戚周りに少し送る程度の米の作付けでは、新たに購入というのはなかなかハードルが高くて。
そこで、畦塗りに関しては、外部に委託してお願いしています。


blog_carnation1244_3.jpg


さて、施肥のあとは丁寧にすき込んでやればおっけー。
後は水が回って来れば代かきして田植えですね。

およそ6割

2024.06. 3

さて、1年で最も疲れるシーズンです。
改埴作業もぼちぼちと、毎日続けております。
ようやくひき終わったのが6割というところでしょうか。


blog_carnation1243_1.jpg


とにかく、中腰で1日中の作業となるため、膝や腰へのダメージが深刻です。
出荷作業も5月いっぱいは続けているため、改埴作業との同時進行となり、この時期は本当に忙しいです。
特にこの時期は日差しが強くなってきて、ハウスの中は蒸し風呂状態になります。
なので、できれば少しでも曇って欲しいところですが...
先日のように雨に降られてしまうと一気に作業が滞ってしまうので、それはそれで困ったところです。


実際のところ、ひいた後で数日そのまま放置しておけば、天気が良ければ一気に水分が抜け、運び出すのが随分と楽になります。
今年は、苗の第1弾が6月15日となっているので、それに合わせて、とにかく駆け足で毎日頑張ります。

まだ早い!!

2024.05.30

いやーすごい雨でした。
この時期としては記録的な豪雨になりました。
その結果...


blog_carnation1242_2.jpg


田んぼが代掻きできそうなぐらいの水かさに。
いや、これもう完全に、田植え直前の様相でしょう。


blog_carnation1242_1.jpg


とはいえ、本来であればまだ10日ほど先の話となります。
この水の溜まり具合も、代掻きをしているわけではないので、数日もすれば引いて乾くことでしょう。
追加で雨がなければですが。


うちの田んぼの周りは、毎年だいたい6月10日前後の田植えとなっています。
兼業農家の方も多く、農作業は土日を中心とした形になるため、そちらに合わせて水が池から流れてくるようになっているからです。
北淡路には大きな川がないため、基本的に、田んぼはため池からの水に頼らざるをえません。
そのため、大小さまざまな大きさのため池がたくさんあり、全国でも有数のため池王国となっています。
その分、畦畔の草刈りやため池の維持、保全、修繕など、相応に手間もかかりますが。

タイミング逃しました・・・

2024.05.22

忙しさにかまけて、夏野菜の定植がずいぶんと遅れてしまいました。
完全にタイミングを逃しました。

特に、今回 植えたスイカやメロンは、本来なら1月近く前に植えておくべきものでした。
ただただ日々の作業に追われて、すっかり頭から抜け落ちていたのが原因です。
それでも、夏の楽しみのために、遅ればせながらの定植となりました。


blog_carnation1241_2.jpg


blog_carnation1241_3.jpg


これでうまく活着してくれれば、7月下旬、いや8月上旬...中旬には...
なんとか食べたいものです。


他にも、なすや ピーマン、万願寺とうがらし、トマトなどなど、苗だけは作っていたのですが、畑の準備が整っていなかったため、ようやくの定植となった次第です。
若干の小雨の中、逆に、これでいいか、などと開き直って、1日がかりで色々な野菜を植えました。
あとは自然にまかせて、何とか太陽の頑張りで、おいしい野菜の収穫にこぎつけたいものです。

このページの先頭へ