カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ

淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

看板に偽りなし

2023.01.27

いやぁ~。


『最強寒波』


ですか。


本当にすごかった!!


っていうか、現在進行形ですごいですね。
まさか淡路島で、ここまでの降雪になるとは...
まったく夢にも思いませんでした。


blog_carnation1180_3.jpg


blog_carnation1180_2.jpg


blog_carnation1180_1.jpg


blog_carnation1180_4.jpg


淡路島は、明石海峡大橋も鳴門大橋も通行止めになり、当然連絡船も運休に。
外界と隔絶された世界になってしまいました。


ニュースを見れば、アチコチで通行止めやら、立ち往生やらが続出していますね。
一日半以上経ちましたが、交通機関すら、まだまだ完全復旧とはなっていません。
少しでも早い復旧を祈ります。

白っぽい

2023.01.16

いやぁ~。
景色が白っぽい。
うん。
白っぽいわ。


blog_carnation1179_1.jpg


まぁ、霜が降りているだけなんですけどね。
1月も半ばに来て、霜降に季節が変わってしまいました(苦笑)。


っていうか、これって初霜ですよね?
初霜って事は......。
冷え込みが厳しくなっているなぁ~って思っていましたかが、思いのほか気温高めなんでしょうね。
明け方の放射冷却も、大したことなかったんですね。
いやまぁ、普通に寒いのは寒いんですけどね。


blog_carnation1179_2.jpg


それにしても、霜が降りてるところに朝日が当たるとキラキラと、光輝いてめちゃくちゃ綺麗ですよね。
日が当たって霜が溶けてしまうまでの、少しの間しか見られない景色ですね。

そう言えば

2023.01. 6

今年は兎年でしたね。
なんと僕は年男でした(笑)。
同年代でも、早い人だと孫がいても不思議じゃない年になったんですねぇー。
いつの間にか、って感じです。


気分転換に、ちょっと花さじきまで行ってみたら、山の斜面にウサギのイラスト(?)が。
これは、元絵に合わせて牧草を刈り取ったんですね。


blog_carnation1178_1.jpg


ここ数年、毎年恒例で、地元の子どもたちに公募をかけて、デザインを選んでいるんです。
ウチの子も何度か応募したんですが、残念ながら選ばれずでした。


そう言えば、花さじきってひさしぶりです。
コロナが治まらないので、不特定多数が集まる場所は、ちょっと足が遠のいてしまっていました。
もう少し暖かくなったら、もう一度来ますかね。

あけましておめでとうごさいます

2023.01. 4

あけましておめでとうごさいます。
本年もよろしくお願いします。


blog_carnation1177_1.jpg


ってことで、2023年になりました。
相変わらずコロナやらウクライナ問題やらで、もう一つ落ち着かない状況が続いていますね。
何か一つでも方がつけば、気持ちの上でも少しは変わるのでしょうが。


せめて、昨年より、ほんのちょっとだけでも良い年になりますように。
そのためにも頑張っていきましょー!

さぶぅ~~

2022.12.19

いやぁ~、やたらと冷え込みが厳しくなってきましたね。
朝晩はめっきりって感じです。
それでも、氷点下にはなっていませんけどね。
霜もまだ降りていないので、まだまだ冬は本番っていうわけではないんでしょうね。


畑の野菜も、キャベツや白菜等の冬野菜に移行してしまいました。
これらの野菜を使った鍋物が、冷え込み厳しい夜には嬉しいですよね。
特にキムチ鍋やらおでんやらが、体が温まって良いですよね。
しばらくは、食卓にのぼる鍋物の回数が増えそうです。


しかし、それら冬野菜の隣でまだまだ元気な夏野菜が!
それはミニトマトや万願寺とうがらし等です。
真っ赤に色付いたミニトマトや、緑でツヤツヤした万願寺とうがらしは、しっかり収穫できています。


blog_carnation1176_1.jpg  blog_carnation1176_2.jpg


ナスはもう、木がダメになりましたが......
霜が何回か降りるまで、もうしばらくは収穫できそうです。


blog_carnation1176_3.jpg


さすがに、冬越しする事はないでしょうが。
なるべくたくさん食べて、楽しませてもらいましょう。

このページの先頭へ