カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

最新のエントリー

アーカイブ

淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

秋の実り

2021.10.18

カーネーションに続き、お米もそろそろ収穫です。
台風は一度直撃コースで到来しましたが、さほどの影響もなく一安心です。


blog_carnation1124_1.jpg


昨年は、ウンカが地域で拡がってしまったこともあって、ずいぶんと収量が少なめでした。
防除もしっかりしたんですけどね~。
それもあって、今年はさらに気をつけて管理したこともあったんですかね。
後は天気を見ながら稲刈りです。


全国的には、西日本は作況指数は少し低めかな?
その代わりではないですが、東日本や北日本はちょっと高めかな?
まぁ収量はともかく、新米は美しいので楽しみではありますけどね。

いよいよ

2021.10.15

さぁ、いよいよカーネーションの早生系が咲き始めました。
ここから来年の5月いっぱいは、毎日採花し続けることになりますね。


blog_carnation1123_1.jpg


大きなトラブルもなく、どうにかここまでこぎつけました。
後は年末や、春の彼岸、母の日などの需要期にしっかり出荷のピークを持ってこれるように、がんばらないといけませんね。
本来なら、秋はブライダルシーズンなので、もう少し需要があって、価格もそれなりになるはずなんですが......
昨年からコロナの影響で寂しいかぎりです。
ワクチン接種もある程度行き渡ってきたみたいですから、どうにか景気の良い話が出てきてくれればよいのですが...

そろそろ気配が...

2021.09.29

順調な生育をみせるカーネーションです。
もう少しで出荷が始まるところまで来ました。
で、そろそろ害虫対策をガンガンしていかないといけませんね。


もうすぐ稲刈りが始まりますから、アザミウマ類の被害が出始める頃ですし、夜蛾やチョウ目の食害も出やすいですからね。
そして何より、ハダニですよ、ハダニ。
薬剤抵抗性を獲得しやすいので、毎年防除に苦心させられています。
ってことで、なるべく薬剤抵抗性がつかないように、気門封鎖を活用してやらないと。
既存の気門封鎖系はいくつか発売されていますが、入手しやすいのは3種類くらいでしょうか。


blog_carnation1122_1.jpg


これらでしっかり防除できれば、冬季以降の薬剤ローテーションがやりやすくなりますからね。
っていうか、しっかり効いてもらわないと、めちゃめちゃ困るんですよね(汗)

こいつは季節外れですわ

2021.09.27

彼岸花をみて季節を感じていたら、こちらは完全に季節外れですね。


blog_carnation1121_1.jpg


プラムとスモモの木に花が咲いてしまいました。
木の全体に咲いているわけではなく、数輪ずつだけですけどね。


なんでしょう。
8月中旬の長雨の時期に気温が下がって、その後に一気に残暑がきたからかな?
温度変化の刺激が影響したんでしょうが。
さすがに数輪しか咲いて無いので受粉して結実しないですよね。
もしかしてにかけて、人工受粉はしておきますが。
っていうか、どちらにしても結実しても気温は下がってくるんでしょうから、収穫までは無理でしょうが。

季節の便り?

2021.09.23

毎年毎年のことですが、本当に律儀に、この時期に咲きますね。


blog_carnation1120_1.jpg


『彼岸花』


田んぼで、この鮮やかな色合いは目立っていますね。
きれいなものです。
花形もすっきりとしていて、デザイン的にも美しいですよね。


blog_carnation1120_2.jpg


とはいえ、群れなして咲いているのもきれいなんですが、個人的には一輪挿しの方がこの花には似合っている気はするんですけどね。

このページの先頭へ