普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_fukyu_gotom_f.jpg 大分県
後藤美智子

今年の私は去年の私よりもうまくなっている

2023.03.22

 せん定の季節です。今年は、昨年秋の少雨にはじまり、1月下旬の寒波の影響で、樹が弱っているため、4月以降に花を見てからせん定(間引きせん定中心)しましょうと、巡回と講習会時にお話ししています。


blog_gotom19-1.jpg  blog_gotom19-2.jpg
右 :カボスの樹 / 左 :枝の向こうに1年生がいます


blog_gotom19-3.jpg  blog_gotom19-4.jpg
左 :つぼみが膨らむ / 右 :果こう枝から出た発育枝


 樹勢の弱った樹では、せん定はまだまだ先ですが、ぶどうの時と同じく、生産者にお話しし、園地の様子を見ながら、営農指導員1年生と普及員1年生とで、実際の圃場でカボスのせん定を行っています。2人とも結果習性(花がつきそうな枝があるのか)を確認し、間引き中心で行うせん定が身についてきているように感じています。


 ハウス栽培では、もうつぼみがふくらみ、一足早い春がやってきています。
 私自身、今年は去年よりもせん定がわかるようになっていると感じています。早道、抜け道はありません。
 今回の投稿の最後に、過去の大先輩の技術習得の道を照らしてくれる言葉を引用し、これからもせん定を続けたいと思います。

"せん定は一種の技術であって、熟練を要することはもちろんであるが、カンキツ樹自体がおのずと教えるのに従うのが最もよい。自然を無視してせん定整枝をすると、本来の性質が乱れてせん定の方法もむずかしくなる。往々特殊なせん定法が案出され、栽培家を迷わせているが、極端な方法は避けなければならない。それゆえカンキツをせん定するにあたってはまずその性質を十分に知得し、さらにせん定の本来の目的に反しないように心がけることが肝要である。しかし一応のせん定はだれでも容易にできるのであるから、あまりむずかしいものと考えないで、他人まかせにせず、枯枝を切るとか、光線が樹内にはいるように密生した枝を間引くなど、わかりやすい所から入門しおいおいと要領を習得するのが最良の道である。"

出典:改訂新版『カンキツ栽培法』農学博士 岩崎藤助 朝倉書店



後藤美智子

大分県豊肥振興局にて“果樹に関わる人を地域に増やす・地域にやりたい仕事をつくる”を目標に普及活動に取り組んでいます。転職して公務員(農業)になりました。普及員は6年目です。

大分県
塩崎洋一

久々の環境改善③

2023.03.15

 牛舎での滞在時間が長くなると色々気づくわけですが、これまた気がついたのが、牛さんが水を飲む風景です。
 これまで色々と工夫したそうですが、どうにも牛さんが壊してしまう給水設備とのこと。
 今は、ホースで水槽に水をためながら、牛さんが水を飲むのを気にしつつ水を止める、という拘束された作業になっているようです。


blog_shiosaki167-1.jpg
親父さんの時代からの水飲み場も、機能不全を起こして人力給水では、この頭数規模、作業性が悪いことこの上ないのは明白です


 長年農業をしている方はそうでもないのですが、他に就職してからUターンした後継者や非農家出身者の場合、牛さんの気持ちで設備を作れず壊されてしまう、というところが少なくありません。


 「牛さんの気持ちで」というのは主に、
①とにかく頑丈に
②釘や木材の尖ったものを出さない
③棒状の出っ張りなどに鼻ぐりや耳標などが引っかからないようにする
④牛さんの口や目の高さや首の幅を考慮する
などに注意して設備を作る、ということです。


 これは、人間の側は作業性向上、牛さんの側からはストレス軽減などによる生産性の向上に繋がるのです。
 つまり、いつでも好き放題に水が飲めるか否かは、牛さんにすれば超重大なことなのです。
 この農場の水は市水を使うため、水道代を考慮して、改善してみました。


blog_shiosaki167-2.jpg
牛舎に転がっていた桶を加工しています。K普及員はまさに「昭和の普及員」かもしれません。こうした作業での手際の良さは、脱帽です


blog_shiosaki167-3.jpg
牛房の柵の外側にホールタップをつけて、メイン水槽を設置


 桶の底をホースで繋げば、サイフォン式で一方の桶にも水が溜まります。水面の高さは同じなので、牛さんが飲めば、両方の水面が下がって、水が出てくる仕組みです。この方式の利点は、柵の内側の桶だけを掃除しやすいこと。
 2つの桶が離れて高さが違っても水面は同じ高さなので、メインの水槽を工夫すれば、おおよそどんな場所でも作れます。水道がない場所でも、大きなポリタンクをメイン水槽の横に少し高めに設置すればOK。

塩崎洋一

昭和63年に大分県で普及員として奉職。 令和4年3月に早期退職して農業に踏み込み始めたが、普及現場の要請により中部振興局を舞台に、普及活動の第二幕が上がった。臼杵市在住。

blog_fukyu_gotom_f.jpg 大分県
後藤美智子

気づきの種をわけてもらう

2023.03.13

 視察研修のその後、みなさんはどうしているでしょうか。
 私は、実は視察が苦手です。視察は視察先の方の先駆的な取組を聞かせてもらえる貴重な時間です。そのため、必ず1つ以上、自分の産地に持って帰った種(アイデア)を根付かせるぞと、視察前も視察後も自分の肩に力が入ります。準備段階の調査も念入りに行い、エネルギーを使うという意味で、視察は緊張するし、苦手です。
 かけた熱量の分、得るものはとても大きいです。参加したメンバー同士で意見交換を行う良いきっかけにもなります。


 昨年度の笠間市のクリの取組の視察では、"地域課題解決手法の習得"を目的にお伺いし、たくさんのきっかけと気づきを持ち帰らせてもらいました。


blog_gotom18-1.jpg  blog_gotom18-2.jpg  
 :笠間市のクリ
 :すばらしすぎたおもてなし


 今年は、お聴きしたお話、いただいた資料、実際の取組をお手本にしながら、私たちの地域でも種を蒔くことができました(わたしはブドウ、後輩はクリ)。
 過大評価ではなく、できた、と私は感じています。これをゆっくりと笠間市のみなさんのような取組に、地域のみなさんと関係機関一緒に育てていくところです。


 視察を受け入れる側の場合、あのときの皆さんは今、どうしているだろうかと考えることがあります。
 伺う側だった場合は、その後を伝える機会があればと思います。
 しばらく時間が経ちましたが、笠間市役所様、JA常陸様、笠間地区栗部会、そして視察をコーディネートしてくださった笠間地域農業改良普及センター、園芸研究所、何より生産者の皆様、あのときは本当にありがとうございました。
 悩む度に、あの日お聴きした皆さんのお話と顔を思い出します。よちよち歩きの私たちの取組を励ましてくださったことが、いつも背中を押してくれます。


blog_gotom18-3.jpg  blog_gotom18-4.jpg
 :担当地域で貯蔵試験をしたクリを焼き栗に
 :貯蔵クリの腐敗調査


blog_gotom18-5.jpg
ぶどうをはじめてみたい方向けの講習会


 視察に苦手意識はあります。でも、視察は実りの多い活動です。
 次の良い機会に巡り合ったとき、しっかり種をつかめるよう、日々、自分自身という土を育てていきたいです。

後藤美智子

大分県豊肥振興局にて“果樹に関わる人を地域に増やす・地域にやりたい仕事をつくる”を目標に普及活動に取り組んでいます。転職して公務員(農業)になりました。普及員は6年目です。

大分県
塩崎洋一

昔の人は凄い

2023.03. 9

 この日訪れた農家さんの庭先で、思わずスマホを向けたのが、2階建ての、この古い牛舎。
 

blog_shiosaki170-1.jpg
見た瞬間、牛小屋、というよりも「作品」でした。これを作った職人さん「すげえ、かっこいい」と思ったのです


 何がすごいのかといえば、2階を乗せたこの梁と桁です。曲がった木をそのまま使っています。この曲がった梁や桁の上に乗っている2階の床は、当然水平です。
 この造りを見て想像したことのひとつは、これを建てた職人さんの「粋」です。まっすぐな材料を使えば仕事は楽ですが、こうした自然の形を活かすことで、「かっこいい」というか、思わずうなってしまったのは私だけでしょうか。
 もちろん、こうして使う方が、構造材として強度が増すのもあります。建築技法と芸術性と言いたいところですが、素人なのでこのくらいにしておきます。

 もうひとつは、曲がった材料を横向きに使う時に、端と端の水平をどうやって決めたのか、です。
 横は面を取っているので、糸で墨を打ち、その線で水平を見たのだと思いますが、数メートル離れた柱の先端をどうやって水平をとったのか、です。
 読んで字のごとく「水」を使ったに違いありません。


 「水盛り」という言葉がありますが、今のような水平器やレーザーのない時代に(といっても昭和ですが)、こんなことがありました。
 わが家で部屋を増築する際に、大工さんがビニールホースを持って来て、中に空気が入らないように水を入れました。そして、基礎の端と端にホースの先端をそれぞれ突き建てて、ホースの中で水の動きが止まるのを待ちます。すると、基礎の向こうとこちらで、ホースの中の水の水面が同じ高さになったのです。
 この子供時代の驚き体験が、牛舎の環境改善に役立ったのは言うまでもありません。

塩崎洋一

昭和63年に大分県で普及員として奉職。 令和4年3月に早期退職して農業に踏み込み始めたが、普及現場の要請により中部振興局を舞台に、普及活動の第二幕が上がった。臼杵市在住。

大分県
塩崎洋一

久々の環境改善②

2023.03. 6

 経営の良い農家さんと厳しい農家さんを比較すると、あることに気づきます。
 私の実家でもそうでしたが、農場の滞在時間が違うのです。これはきっと「観察の差」と「対応スピードの差」になって、結果が違ってくるのではないかと思います。


 前回記事「久々の環境改善①」で、数日間続けて作業する中、機械で牛舎清掃する、いわゆる牛舎のボロ出し(牛さんのウンチの掃除)風景を目にしました。
 奥さんが機械を器用に扱って、出入りしながら作業していましたが、これまた作業性が良くない。牛舎を出入りして堆肥舎まで運ぶ工程が不便なのです。
 そこで、出入り口を広げることとなりました。


blog_shiosaki166-1.jpg

blog_shiosaki166-2.jpg
左側2本の鋼管パイプを外して出入りします(上画像)。
その真上の小部屋は以前、稲わらをカットして斜めに落とし、手前から取り出す、稲わらボックス(下画像)でした。取り急ぎ、邪魔になる斜めの部分は撤去しましたが、やっぱり出入りには幅が狭いのです


blog_shiosaki166-3.jpg
柱を差し替えて、古いパイプは新しいパイプを固定するために縦向きに使う。新しいパイプは、倉庫の中に眠っていたのを持って来ました。この牛舎の中の清掃作業は、約1時間短縮されました


blog_shiosaki166-4.jpg
古い牛舎ではよくあることですが、床の基礎にハイキン(コンクリートの床の中に鉄筋の補強)がありません。機械の出入りするところがひび割れていたので、稲わらボックスの落とし場所を整理した後は、生コン打設をやり直しました。K普及員が黙々と地ならしをしています

塩崎洋一

昭和63年に大分県で普及員として奉職。 令和4年3月に早期退職して農業に踏み込み始めたが、普及現場の要請により中部振興局を舞台に、普及活動の第二幕が上がった。臼杵市在住。

前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ