普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
井上徹彦

スプレーギク品種選定会

2023.06.26

 南砺市福野地区は旧福野町の頃から電照菊の生産地として知られており、旧福野町時代に建設された「南砺市園芸植物園」は国内外のキク科植物を集めた温室で年間を通してキク科植物を展示する他、世界中のキクに関するあらゆる情報を集約することで、南砺から世界に向けた「新しい菊文化を発信する情報基地」を目指しています。


 また、当植物園では「新しい現代感覚のスプレーギク」を育種しており、これまでパステル系の品種を中心とした76品種を開発し、26種類の苗を植物園から「南砺・福野ブランド」として県内外の切花生産者やキク愛好家に供給しています。


  品種選定会は春と秋の年2回開催されています。市長や市内キク生産者、工芸作家、研園芸研究所職員、砺波農林振興センター職員など計10名が選定委員となり、花色の鮮明さや花房の形のまとまり、花数などを基準に選定をおこないました。


blog_inoue15-1.jpg


blog_inoue15-2.jpg
 

 今回の選抜対象は、令和3年度交配種子を今年1月に播種した6千本から1人5本選抜する1次選抜と、昨年11月に実施された1次選抜された29系統と2次選抜された35系統の合計64系統から1人3本選抜する2次、3次選抜が行われました。


 今後、第3次選抜を経て特に優秀と認められた系統のうち1~3系統が、今年の11月3日(金・祝)から1週間開催される第14回南砺菊まつり期間中に新品種として発表される予定です。

井上徹彦

富山県砺波農林振興センターで、花きと薬用作物の担当をしています。 担当地区は南砺市で、チューリップ球根と小ギク等切花生産者を中心に技術指導をしています。

blog_hukyu_katano_f.jpg 秋田県
片野英樹

みなさん初めまして!秋田県の片野です。

2023.06.23

 秋田県由利地域振興局農業振興普及課で作物を担当している片野といいます。今年度末まで「普及指導員ブログ」コーナーに投稿することになりました。今年度から管理職になり、現場が遠ざかったものの、課員にまとわりついて様々な品目の活動を紹介したいと思います。不定期更新ですが、よろしくお願いします。


 今回はそばについてお話しします。
 水田活用の直接支払交付金交付対象水田の見直しにより、5年間に一度も水張りをしない農地は交付対象外となります。
 当管内において、そばは遊休農地解消の重要な品目であり、県内でも屈指の作付地となっておりますが、湿害に弱いため、田畑輪換や水張りに対応できない農地が多く、多くの農地が交付対象外となる可能性があります。
 秋田県では、交付金に頼らなくてもそば栽培が継続できる単収(100kg/10a)を目指そうと、今年度から当管内で実証ほを設置しています。


blog_katano1-1.jpg


 30年ほど普及指導員をやってきましたがそばの実証は初めてで、ましてや若手普及職員は栽培もわからない状態です。そこで、筆者が老体にムチを打ち、実証ほを担当することにしました(内心現場に出られるのでヨロコンデイマス)。


blog_katano1-2.jpg


 今年度は改良資材の有無やミツバチの有無による単収向上を実証していますが、はたしてどうなることやら。

片野英樹

秋田県で平成4年度採用から普及指導員ほぼ一筋で30年経ちました。主に水稲・大豆担当でしたが、一時期集落営農や法人育成にも携わりました。現在は裏方として、水稲新品種「サキホコレ」の普及に取り組んでいます。

blog_fukyu_gotom_f.jpg 大分県
後藤美智子

普及指導員の活動とは

2023.06. 7

 ご報告が遅くなりましたが、今年の5月より、普及現場を離れ、県庁勤務となりました。この場所で、執筆・投稿できたことは、自身の普及活動を考える一助となりました。事務局、他の投稿者、閲覧しているみなさまにお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。


 私の普及活動のはじまりは、先輩から「あなたは、普及活動をよくわかっていない」という言葉を投げかけられたところからです。当時、試験研究機関に勤務しており、はじめて普及員試験を受験するためのOJT時のやりとりでした。

 そんなわたしなので、1回目の試験は不合格でした。2回目で合格しましたが、その後もずっと「よくわかっていない」と言われた言葉が胸の中にあります。
 本を読み、諸先輩や地域のみなさんの話を聴く中で得たものを、言語化するようつとめてきました。"生産者の所得向上のため、相手のやる気を引き出し(よくよく聴き取り)、自主的な経営者となるよう提案・改善を繰り返し、一緒に取り組んでいくこと"。現在の地域で仕事をする中で、さらに"聴くこと"の重要性を感じています。役割は変わりますが、普及活動で得たものを胸に日々の仕事に励みます。


 写真を4枚掲載します。
 手のひらにのる子犬が成犬になるほどの日々でした。飼い主の生産者には、山間地の農業とやりたい仕事をつくりだすことを学ばせてもらいました。
 花の写真は『ベニドウダン』です。5月、最後に出会った、これまで見たことがなかった植物です。いくつになっても新たな発見や学びがあります。
 

blog_gotom20-1.jpg  blog_gotom20-2.jpg
左 :子犬が成犬になる / 右 :知らないものに出会い


 草が刈られた風景は、私の実家の畑の様子です。他者へ草管理の提案をする際に、自分自身のことをいつも反省しています。栽培管理とは、草管理とのたたかいです。
 最後の写真は、講習会の様子です。いつも、参加するみなさんの"技術や経営の改善"を目指す姿に支えられてきました。
      

blog_gotom20-3.jpg  blog_gotom20-4.jpg
左 :こつこつする / 右 :熱意に支えられました


 ちなみに、私に「よくわかっていない」と言葉を投げかけた先輩は、今年の春、ご退職されました。お会いした際に、「もう一度、同じ職場で仕事をしてみたかった」と言っていただいたので、私もちゃんと成長しているのだろうと感じています。
 日々、健康に気をつけながら、またこの場所に帰ってこられるよう、努めます。ありがとうございました。

後藤美智子

大分県豊肥振興局にて“果樹に関わる人を地域に増やす・地域にやりたい仕事をつくる”を目標に普及活動に取り組んでいます。転職して公務員(農業)になりました。普及員は6年目です。

島根県
長妻武宏

令和4年度西部地区肉用牛振興大会を開催

2023.03.31

 コロナ禍がつづきますが、今回2年ぶりに、益田市で肉用牛振興大会を開催することができました。


blog_nagatsuma74_1.jpg
開会挨拶(会場の様子)


 大会では、昨年度、「第50 回家畜人工授精優良技術発表全国大会優良事例報告」(日本家畜人工授精師協会主催)で西川賞を受賞した「凍結精液融解温度における授精受胎率の一考察」の京村氏による発表、今年度島根県代表となった清本氏の発表・報告がありました。


blog_nagatsuma74_2.jpg
清本氏の発表の様子


 また、「第12回全国和牛能力共進会」の成果と、これからの肉用牛・和牛振興の講演がありました。
 普及からは、ドライTMR飼料の給与実証結果の報告等を行いました。
 久しぶりに顔を合わせての開催となり、意見交換ができて良かったと思います。

長妻武宏

島根県の長妻です。畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員になりたいと思っています。

大分県
塩崎洋一

これが普及活動か、と問われれば・・・・

2023.03.24

 以前、広域普及員時代に、南部振興局管内の肥育農家さんの牛舎を改造したことがありました。その時に手伝ってくれたのが、今の事務所で一緒のO普及員です。
 彼女が普及活動の事例報告をする際に、その牛舎改善事例を取り上げました(広域の後に南部振興局へ異動となり、その時の環境改善は紹介しましたが、その前段でのことです)。
 ところが、その発表を聞いていた当時のエラい方(普及職員ではない方)が申されたのです。「これが普及活動か」と。


 行政では、農業の粗生産額拡大を目標に掲げます。一方、農家さんは、市場での単価相場の波に負けずに頑張っています。生活や人生がかかっていますから。その現場と行政の狭間に立たされた普及員・普及事業、という構図の中から一言言わせていただけば、次のようになります。
 以下は、そのエラい方に直接メールした趣旨です。


「この農家さんは認定農業者で、管内で唯一の肥育農家である。自分の父親の知り合いでもあったので懇意にしてもらっていたが、段々と年も重ね、後継者もいない。そうした事情から、経営継続の意欲が薄れてきていた。そこで、こちらがそうしたお手伝いをすることで、少しでも作業が楽になり、経営が継続されるならばどうであろうか。経営を止めれば、少なく見積もっても数千万円の粗生産額が減少することになる」


 というような内容だったと思います。
 実際、この農家さんはその後、改善した牛舎(牛房)で仕上げた肥育牛で、県の枝肉共進会で2位を取り、また、和牛全共でも県代表に選出されました。


 もしもあの時、ご本人が弱気になっていた時に普及として「現実に」何もしなかったら、どうだったでしょうか。「現実に」というのは、言葉の励ましではなく、実際に何かの行動でお手伝いする、ということです。


 翻って今、管内の農家さんの若い夫婦が4人の子育てに奮闘しながら、親父さんから引き継いだ牛舎で、人生の荒波を突き進んでいるわけです。
 若手であるが故に集落での役務に翻弄され、田舎であるが故に子供の送迎に時間をとられながら、50頭の牛で生活をしています。そこに、以前担当していたK普及員が、また舞い戻ってきました。

 建築資材も飼料も倍に跳ね上がった経済情勢のまっただ中、これまた親父さんが現在地とは別に買っていた土地に移転して、もっと気持ちよく肉用牛経営を展開したいという場面に、私は出くわしたのです。

 色々な普及活動がありますが、K普及員の「塩崎さん、あの農家を何とかしてやりたい」との思いから、経営移転するまであと1年はかかる、その間に少しでも多く改善できるところを改善して、経営体力を付けさせたい、そして、資金繰りを有利にしたい、とのねらいがあっての普及活動でした。


 「私がたまたまできることだから」「他には誰もできないから」と言われればそれまでですが、経営者の「運」といいますか、その時に誰と巡り合わせるか、これは普及であっても、市町村担当者であっても、県の行政担当であっても、まさに、巡り合わせです。時が過ぎて初めてわかるのが「あの時、あの人がいなかったら、こうはなっていなかった」という事実です。

 そう考えれば、この農場での牛舎環境改善活動は、私が自身の普及活動の第1幕を令和3年度で閉じていなければ、なかった活動となります。
 もっと遡れば、私が普及員になっていなかったら、こんな場面はなかった。もっと遡れば、私が肥育農家に生まれて、経営再建を目の当たりにしてなければ、こんな普及員になっていなかった、もっと遡れば・・・・、ということなのです。
 そして、自分がいま行った結果で将来、この農家さんがすばらしい経営を確立していたら・・・・。そう考えれば、巡り合わせ、経営者の「運」としか言えませんが、経営者の運を左右する、良い方に左右していく「縁」となる普及員でありたいものです。


 長くなりましたが、最後に、秘密にしていた古いスレート屋根の掃除の方法です。


blog_shiosaki168-1.jpg


blog_shiosaki168-2.jpg
スレート上の、並んだ釘のきわに長い垂木を置いて、そこに脚立を乗せます。スレートに対する設置面積を広げれば、体重が分散して、割れないのです。そして2本の脚立を交互に移動させながら、効率よく作業します。スレートの上を歩く際、釘の上を踏むのは常識です


 今さらながらですが、普及活動の重点対象農家さんの信頼を得るため、その信頼を強くするためにこそ、のやり方ですが、要は、「自分のもっているスキル、人生観、何もかもを総動員してやる」ということです。OODAループ思考での「世界観」かと思います

塩崎洋一

昭和63年に大分県で普及員として奉職。 令和4年3月に早期退職して農業に踏み込み始めたが、普及現場の要請により中部振興局を舞台に、普及活動の第二幕が上がった。臼杵市在住。

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ