普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
井上徹彦

HITS『たかおか食彩フェア』への出店

2018.11.18

 高岡市の農業祭は、高岡市の食の魅力をアピールするイベント「たかおか食彩フェア(主催:『高岡市農林水産業まつり実行委員会』及び『JA高岡食と農ふれあいフェア実行委員会』)」と銘打って開催されており、食彩フェアの前身であった『高岡農業まつり』時代から、管内の青年組織(旧4Hクラブ)であるHITS(氷見射水高岡地区青年農業者協議会)が出店協力をしています。


 HITSは、2015年から食彩フェアで、新鮮な野菜のほか、高岡市産のキャベツを使った広島焼きを販売しており、2015年と2017年は、広島焼きの名人である『お好み焼き士』をオタフクソース株式会社から派遣してもらうなど、おいしい広島焼きの提供に向け、毎年技術の向上に取り組んでいます。


blog_inoue8-1.jpg  blog_inoue8-2.jpg
お好み焼き士の指導のもと、練習会で広島焼きを作る青年HITSメンバー(2017年度)


 今年も昨年の復習を兼ね、食彩フェア前日に、昨年参加した会員が新規会員に広島焼きの焼き方を指導しました。


blog_inoue8-3.jpg  blog_inoue8-4.jpg
先輩の指導のもと、広島焼きを作る新人HITSメンバー(2018年度)

 食彩フェア当日は好天に恵まれたこともあり、市内外から来られたお客さんで、会場早々から大いににぎわっていました。


blog_inoue8-5.jpg  blog_inoue8-6.jpg
左 :開場を待ち望むお客さんたち(開場30分前)
右 :開場内の様子(会場30分後)


 HITSの作る広島焼きにも開場から多くのお客さんが並び、てんてこ舞いの状態でした。


blog_inoue8-7.jpg  blog_inoue8-8.jpg
HITSコーナーの様子


blog_inoue8-9.jpg  blog_inoue8-10.jpg
左 :広島出身のA氏は、1人で同時に8枚焼きができます!
右 :黙々と葉ネギを切る女性会員のK氏


 今年は、予定より早い午後1時半に、予定の300食を売り切ることができました。
 このあと参加者による慰労会が居酒屋で開催されたとのことで、さらに親睦を深めたことでしょう。その関係が今後の活動につながることを、農林振興センターとして大いに期待しています。

井上徹彦

富山県高岡農林振興センターで、担い手と経営指導の担当をしています。
ただし本来は花きが専門なので、時々現地で花き栽培についての指導をすることも♪

島根県
長妻武宏

新人職員の農家研修

2018.11.12

 先日、新人職員に課される農家研修がありました。
 以前から、島根県の新規採用職員(農業の技師)は、農家研修をすることになっています。
 1人1人各課・職務に合わせて研修の行き先を決めていきますが、当課の新採職員は、酪農+パン屋の農家研修をすることにしました。
 実際の研修は酪農部門だけでしたが、パン屋は、米粉パン+生地の冷凍保存をしないというこだわりがあって、順調に販売を伸ばしています。


blog_nagatsuma26_1.jpg
こだわりのパン屋「カウベル」の外観


blog_nagatsuma26_2.jpg
「カウベル」店内


 研修は、乳牛・育成牛の管理が中心です。様子を見に行ったときには、堆肥の袋詰めをしている時でした。


blog_nagatsuma26_3.jpg  blog_nagatsuma26_4.jpg
農場(左)と堆肥の袋詰めの様子(右)


 研修後の感想は、「酪農といっても単に乳を搾るだけでなく、農家なのでさまざまな仕事をしていることを学べて大変勉強になりました」ということでした。
 農家や従業員の方々には大変お世話になりました。

長妻武宏

島根県農業技術センター技術普及部畜産技術普及課の長妻です。課の名前のとおり畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員として力になりたいと思っています。

富山県
井上徹彦

農業高校生対象の就農青年育成懇談会

2018.11. 9

 高岡農林振興センターでは、管内の在住および管内の高校へ通学する農業高校生を対象に、毎年『就農青年育成懇談会』を開催し、先進農家への視察研修や体験学習、懇談を通じて農業への関心を高めてもらい、就農意欲や農業関連産業への就業意識の高揚を図っています。

 11月8日は、小矢部園芸高校生と中央農業高校生、計22名に対し、管内の先進農家4戸の視察研修を行うとともに、昼食後に視察研修3戸の若手従業員5名と意見交換会を行い、就農の意識向上を図りました。


blog_inoue7-1.jpg  blog_inoue7-2.jpg
左 :会社の説明のあと、ネギの調整作業を見学(小矢部市 T法人)
右 :ハボタンの下葉とり作業を体験(小矢部市 S農園)


blog_inoue7-3.jpg  blog_inoue7-11.jpg
左 :若手従業員との意見交換会(小矢部市)
右: 同上(新聞社の取材中)


 翌9日には、氷見高校の農業科学科の生徒10名に対し、管内の先進農家2戸の視察研修を行うとともに、昼食時には農家レストランでオーナーの話も聞きました。


blog_inoue7-4.jpg  blog_inoue7-5.jpg
左 :農業法人社長の話を聞く生徒(高岡市 T法人)
右 :かぶら寿司の製造について説明中(高岡市 T法人)


blog_inoue7-6.jpg  blog_inoue7-7.jpg
左 :農幅連携で水耕野菜を栽培しているハウス(高岡市 T法人)
右 :農家レストランにて(高岡市)


blog_inoue7-8.jpg  blog_inoue7-9.jpg
左 :会長夫妻のお話(高岡市 I法人)
右 :人気商品(マドレーヌ&ハーブティ)を食べながら奥さんの話を聞く生徒(高岡市 I法人)


 例年、参加した農業高校生の中から、とやま農業未来カレッジに進学する生徒や農業法人就職する生徒がいることから、今後も引き続きこの取組みを行っていく予定です。

井上徹彦

富山県高岡農林振興センターで、担い手と経営指導の担当をしています。
ただし本来は花きが専門なので、時々現地で花き栽培についての指導をすることも♪

大分県
塩崎洋一

久しぶりに農業祭で後継者対応

2018.11. 9

 先日、毎年恒例の県農業祭が開催されました。
 管内からも農業青年グループが出店。今年は新しいアイテムが登場しました。
 看板は「もも焼き」だけですが、その横では「もも揚げ」もやっています。ハーブ塩で下味して米粉をまぶして揚げていましたが、ぱりっとして美味い・・・・。色々と試して、米粉になったそうです。


blog_shiosaki117_1.jpg
2日間の出店でした。新しい顔ぶれが少しでも増えると、うれしいところです・・・・

 
 今から10数年前、県の農業後継者組織の事務局をしていましたが、その時に役員をしていたメンバーが、県内各地でがんばっています。管内にも何人かいますが、皆さん、私の普及活動の空気感を知っているので、ある意味で助かります。

 先日の定例会でも、「来年は、こんなことやってみろうや、予算はなんとかするで」の一言で、産地の全体的な課題解決に向けたテストをやることになりました。
 普及活動の肝心は、農家さんと現場課題の共有をすることと、その課題解決に向けた動機づけにあることを再認識した場面でした。

塩崎洋一

大分県豊肥振興局で経営全般の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

富山県
井上徹彦

山本研究員による第三者継承研修と現地調査

2018.11. 2

 農業従事者の高齢化と後継者不足が言われ始めてから、かなりの年数が経過しました。
 政府は2017年の成長戦略の中で、『40代以下の農業従事者を現在の約20万人から10年後には40万人に倍増させる』という目標を掲げ、これに先立ち2000年から『青年就農給付金』を、2012年から『農の雇用事業』が始まりました。
 その効果もあり、高岡農林振興センター管内では45歳以下の新規就農者が、毎年20人前後誕生しています(ほとんどは農の雇用を活用した雇用就農)。
 一方、施設やほ場などの「有形資産」及び、栽培技術や販売ルートなどの「無形資産」が十分あるのに、経営内(親族内)の後継者不在によって離農につながるケースがあり、県農業経営課のアンケート調査によって、数年以内に第三者に経営委譲を検討している経営体が、当センター管内にも複数あることが明らかとなっています。


 農研機構では以前より第三者継承の調査を続けてきたとのことで、研究を担当している山本研究員が、高岡管内の2事例について調査するために11月1日から2日にかけて来県されました。
(農研機構では、今年度末に新たな経営継承マニュアルを作成するとのこと)


blog_inoue6-2.jpg
居抜きによる第三者継承例(酪農)


blog_inoue6-3.jpg
合同会社設立による第三者継承例(主穀作+チューリップ球根)


 そこで、山本研究員が来県された機会を利用して、当センターの職員に対する「事例を中心とした第三者継承の現状と課題」について講義していただきました。


blog_inoue6-1.jpg
第三者継承研修会の様子


 支援チームによるコーディネートで移譲者と継承者のマッチングがうまくいっても、その後継承まで至らない場合が多いこと、第三者継承がうまくいくためには「並走期間」を長くし過ぎないことなどが重要であると分かりました。


 現在、当センターでは経営継承に悩んでいる経営体をいくつか抱えていますが、それらは今回調査した事例やその他の管内事例とは異なった条件にあり、そのまま参考にはできません。
 そこで、それらの事例が移譲者と継承者の双方が喜べる成功事例となるよう、作成中の農研機構のマニュアルを参考にするとともに、今年度中に県外調査を行って、成功事例と失敗事例を学んでくる予定です。

井上徹彦

富山県高岡農林振興センターで、担い手と経営指導の担当をしています。
ただし本来は花きが専門なので、時々現地で花き栽培についての指導をすることも♪

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る