普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

島根県
長妻武宏

「角太郎」現場後代検定のためのオークション

2024.01.25

 松江市にある島根中央家畜市場で、次世代種雄牛づくりの第一歩となる、現場後代検定のための子牛を購入する肥育農家を決めるオークションが開催されました。


 ここに至るまでに、直接検定が実施されます。
 島根県では、県内で生産された子牛の能力(育種価やゲノム)・血統・体型などの条件で選抜された子牛を畜産技術センターで飼養して、その中から選ばれたのが、今回の種雄牛「角太郎」です。
 この角太郎を父親とし、県内の繁殖農家が約1年半かけて生産した子牛の中から18頭が選抜されます。その後、県内の肥育農家等が子牛を購入し、約20か月飼養して出荷されます。一般販売された枝肉の成績や評価、人気などにより、「角太郎」の繋養される期間が決まっていきます。


blog_nagatsuma85_1.jpg
牛の下見


 浜田管内では、2戸の繁殖農家から1頭ずつ子牛が出品され、それぞれ県の畜産技術センターと出雲市の肥育農家に販売されました。


blog_nagatsuma85_2.jpg
出雲市の肥育農家に販売が決まった子牛


 島根県では通常のセリではなく、評価額を決めて入札(重複した時には抽選)となるので「オークション」と呼んでいますが、正式には「後代検定調査牛導入調整」です。

長妻武宏

島根県の長妻です。畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員になりたいと思っています。

島根県
長妻武宏

鳥獣研修会

2024.01.17

 浜田市三隅町は、海岸線からすぐに山に向かっていく地形です。まとまった平地が少ないということもあり、柿が約20ha栽培されています。

 イノシシ被害も多く、電気柵やワイヤーメッシュで農地を囲むのは当たり前の地域ですが、西中国山地個体群として保護されているツキノワグマも生息しています。これが柿農家にとっては厄介な存在で、出会わないようにすることも大切ですが、農地への侵入を防止するために、ワイヤーメッシュの上に電気柵を設置するなどの方法で対応しています。しかし、農地へのクマ侵入を完全に防ぐという状況には到達できていません。


blog_nagatsuma84_3.jpg


 そこで、今年度の実証として、電気柵の電圧の状況をスマートフォン等で確認できる機材を設置しました。
 また、クマの農地侵入低減を目指して、研修会も実施しました。
 この地域には、ニホンザルは、ほぼいないという状況です。


blog_nagatsuma84_1.jpg


blog_nagatsuma84_2.jpg

長妻武宏

島根県の長妻です。畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員になりたいと思っています。

blog_hukyu_kasahara2_f.jpg 青森県
笠原 均

そう簡単な話ってないよね

2024.01.11

※前回の投稿はこちら


「どうして三好地区に県職員が来るんだ?」
「モデル集落なんて、勝手に決めないでくれ。」
「あんたらは金をもらって仕事で来ているのかも知れないけど、うちらには一銭もでないんだよ? なのに、なんで俺たちは座談会に集められているんだ?」


 令和4年度に入って前任者から引き継いで出席した五所川原市三好地区の住民座談会は、震える程の緊張感からスタートしました。
 もちろん前任者にも言い分があって、「コロナ禍であって、人を集めることができずコミュニケーションも全く取れなかったんだ。」とのこと。

 それはもっともな意見で、おそらく自分が担当していたとしても、令和3年度に「みんなで集まってコミュニケーションを図りましょう!」と言ったら袋叩きにあっていたかも知れません。


 少なくともすぐに気付いたのは・・・
・我々は招かざる客である。
・この事業をこの地区でやることになった理由が全く理解されていない。

 そもそも、三好地区の人達は我々を必要としていない・・・それが良く伝わってきました。
 まるで、よく切れないチェーンソーで金属板を切り裂くような声で、さらに直立して怒りをぶちまける住民・・・。


kasahara_20_1.jpg


 この時、私が頭の中で考えていたのは、「あー、このシーン。写真に撮っておきたいな~」ということでした。
 実は、私はシナリオどおりの静かな意見交換会や座談会が大嫌いで、こういう本気炸裂の意見交換会がやりたかったのです。
 そして、この場で、我々普及指導員にとっての盾、住民の的になったのは、中間支援組織「NPOジャズネットワーク」です。歓迎されると思いきや、打たれまくりです。・・・まさに「忌憚のないご意見」のパンチ炸裂です。


kasahara_20_2.jpg


「今まで色んな人が来て、地域おこしや地域再生の話があったんだ。でも全部ダメだった。全部ダメ! もう今さらダメなんだよ。」 


 だが、ここで中間支援組織の代表の川端氏が勢いよく立ち上がりました。
「村木さん(仮名)! もう出来ないっていうのはやめましょう! これまではできなかった。でも、今度こそやるんです!」


 あまりの迫力に、会場は静けさを取り戻しました。
 私は心の中でつぶやきました。
「あー、やっぱりこのNPOに頼んで良かった。」
 住民に怒鳴られて怯むようなNPOなら、最初から一緒に仕事したくなかったのです。


 そして、沈黙を守っていた普及指導員である私も流石に発言!

「なぜ三好が選ばれたのか、今さら理由を話しても仕方がないでしょう。今、ここに集まった我々は偶然集まったのではないと思っています。私達は偶然ではなく、必然として今日ここに集まったんです。20年後の地域の子供達が、きっと今日からの我々の活動を評価してくれるはずです。一緒にやってみませんか。もう一度(倒置法引用)。」


・・・きまった。d(゚∀゚*)


 座談会は多少の火種は残しながらも、心を許しあった者同士が見せる穏やかな表情で終えることができました。たぶん。


 座談会終了後、中間支援組織代表の川端氏が言いました。
「笠原さん(私)、ごめん・・・。怒るつもりはなかったんだけど、できない理由ばかり挙げるから頭に来ちゃって・・・」

 私は、こんな中間支援組織と一緒に仕事がやれて、本当に幸せだなと思いました。


to be continued.


<追記>
 この文章は、文字数の制限で3回の座談会での出来事を短縮して記載しています。よってフィクションぽさが出ていますが、これが「現実」です。なお、個人名も今後の運営に差し支えないよう配慮していますが、実在しています。これが現実です。

笠原 均

青森県の農業改良普及指導員(普及員)です。普及員歴はすでに20数年となるのですが、お話し好きが高じて、農業の担い手育成を担当していることが多いです。 プライベートでは、「気分はプロフェッショナルカメラマン」、「YouTube再生回数が伸びないけど作曲家とウインドシンセサイザー奏者」です。 加えていうと、15年前から音楽の秘められた力をフル活用して地域おこしをやっています。そんな活動のお陰で町内会役員から目をつけられ(勧誘され)、町内会の理事なんかやっています。もちろん、町内の草刈りやしめ縄づくりも、町内会最年少として参加しています。

富山県
井上徹彦

チューリップ切花の新規就農者

2023.12.27

 富山県の花でもあるチューリップの球根生産は大正時代に砺波市で始まっており、現在も砺波市が県内最大のチューリップ球根産地となっています。

 チューリップの切花についても、2022年度には富山県内6市町で約400万本生産されており、うち6割が砺波市産となっていました。しかし、メンバーの高齢化や人手不足のため、今年度夏で花きの生産(チューリップ切り花15万本、小ギク切花3万本)から撤退する営農組織がありました。


 一方、今年度から実家の農地での花き生産を希望していた新規就農者I氏は、就農相談の段階から当センターが伴走支援を行っており、研修先を前述営農組織で切花部門に設定し、1年間の研修を受けていただいていました。予定通りに今年春から就農し、チューリップの切花生産についてもパイプハウスを設置し秋からの利用を計画していましたが、物価高の影響でハウスの設置が保留となりました。


 そのような中、研修の縁もあり、チューリップの切花生産について前述営農組織より農作業場やパイプハウス(暖房設備、かん水施設等含む)5棟を安価で借り受けられる運びとなりました。また、経営開始後はギフト切花の顧客や現場のパートさんの引き継ぎに加え(写真1)、営農組織で切花担当をしていた方からの技術指導(写真2)もあるなど、手厚い協力体制でチューリップ切花生産を開始することができました。


blog_inoue16-1.jpg
写真1 市場出荷用花束の作成作業中


blog_inoue16-2.jpg
写真2 チューリップ切花の現地指導者


 I氏が加入している砺波切花研究会では今シーズンの初出荷に合わせ12月18日に市長訪問も行っており、I氏も同席しました(写真3、4)。なお、I氏は今月中旬から来年3月中旬までに約50品種10万本の出荷を見込んでいます。


blog_inoue16-3.jpg
写真3 砺波市長との懇談


blog_inoue16-4.jpg
写真4 左からI氏・切花研究会長・砺波市長

井上徹彦

富山県砺波農林振興センターで、花きと薬用作物の担当をしています。 担当地区は南砺市で、チューリップ球根と小ギク等切花生産者を中心に技術指導をしています。

島根県
長妻武宏

令和5年度島根県肉牛肥育協議会枝肉研究会

2023.12.22

「島根県肉牛肥育協議会」の枝肉研究会に出席してきました。
出品頭数が15頭ということで、県内で開催される枝肉共進会としての規模は小さいですが、この研究会に向け、各農家が厳選した黒毛和牛が出品されました。
結果は、A5:12頭、A4:3頭で、BMS10以上では7頭でした。
全体として、優秀な成績だったと思います。


最優秀賞は、出雲市の(有)藤増の出品牛が選出されました。


blog_nagatsuma83_1.jpg
最優秀賞:(有)藤増の出品牛


浜田管内の弥栄肥育センターからは2頭出品し、優秀賞2席となりました。
もう1頭もBMS10でしたが、入賞は逃しました。


blog_nagatsuma83_2.jpg
優秀賞2席:弥栄肥育センターの出品牛


新型コロナ感染症による入場制限もなくなり、今年度から通常の開催になったことで、枝肉観覧者も増えて良かったです。
12月26日からは、地元JA直営店で弥栄肥育センターの肉が販売される予定です。

長妻武宏

島根県の長妻です。畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員になりたいと思っています。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ