普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
鹿島和之

農業青年プロジェクト発表大会を開催

2020.02. 5

 農業経営者としての資質向上を図るため、農業青年が日頃から実践しているプロジェクト活動や自らの考えをまとめて発表する意見発表を、普及指導員は支援しています。

 その発表の場となる「令和元年度 北部地域農業青年プロジェクト発表 P-1グランプリ」が1月15日(水)に開催されました。
 北部振興局管内の中津市、豊後高田市、宇佐市の農業青年が、プロジェクト発表3課題、意見発表2課題で発表を行い、指導農業士などの審査により、それぞれの部門で最優秀賞が決定しました。


blog_kashima6_1.jpg
P-1グランプリの様子


 発表会後の研修会では、ほめる教育研究所の竹下代表から「コミュニケーションを深め、自分と周りを輝かせるほめ達の極意!」という演題で講演を頂きました。組織の中でほめることの重要性、価値は一つでも伝え方は多様、コンプレックスは可能性を引き出すスイッチ等、心に響く言葉が多くちりばめられた内容でした。


blog_kashima6_2.jpg
ほめる教育研究所 竹下代表の講演


 1月30日(木)には「令和元年度大分県農業青年プロジェクト実績発表大会」が開催され、管内からはプロジェクト発表1課題、意見発表2課題が出場しました。
 残念ながら、管内の受賞者はいませんでしたが、昨年度の本大会優秀賞・九州ブロック最優秀賞を受賞したプロジェクト発表「固化性培土で働き方改革を!~3年間の記録~」を行った豊後高田市の白ねぎ栽培者のSさんについて、2月に開催される全国大会出場の激励会が行われました。


 また、発表会後の研修会では、農業青年組織のOBによるパネルディスカッションが行われ、今の農業青年や組織、そして農大生に向けた熱いメッセージが伝えられました。


blog_kashima6_3.jpg
大分県の農業青年大集合!!


 このように、プロジェクト発表等を通じ、将来の大分県農業を支える農業青年の活動がより一層活性化するよう、支援を続けます。

鹿島和之

大分県北部振興局で農業青年や農村女性などの担当をしている鹿島です。大分県国東市生まれ、愛媛大学卒。平成13年に大分県に採用されました。今は豊後高田市に住んでいます。

長崎県
内田早耶香

青年の発表大会が開催されました

2020.01.29

 ここのところ荒天ですが、皆様ご健勝でしょうか。
 五島地区も一昨日は雨風が強く、船の便にも影響がありました。


 さて、先日「令和元年度 五島地区 青年農業者連絡協議会 実績発表大会」が開催されました。
 

blog_uchida15_1.jpg


 大会では、五島地域の青年農業者が、2部門で発表を行いました。
 優秀賞は、意見発表部門で「親父の背中と私の目標」と題し発表したYさん、プロジェクト発表部門で「タンパク質補助飼料を用いた子牛発育向上対策」について発表を行ったKさんでした。
 優秀賞受賞者は、長崎県大会に出場します。お二人が県大会でも優秀な成績を収め、その先の九州大会、全国大会に出場・受賞できるよう、応援したいと思います。


「青年農業者連絡協議会」とは、若手農業者の集まりです。会員がそれぞれの活動を通じて、"日本や世界で貢献できる農業者"となることを目指しています。


ツイッターで五島の旬な情報を発信中!


内田早耶香

長崎県五島振興局農業振興普及課の内田です。普及員5年目の農産担当(水稲、麦、大豆、かんしょ等)です。農家さんのお役に立てることを夢見て、日々現場に出ています。

長崎県
内田早耶香

麦がグングン生長しています

2020.01.10

 2020年、いよいよ東京オリンピックがやってきますね。
 本年もよろしくお願いします。


 さて、五島地域の麦は、播種後概ね2か月が過ぎました。
 例年だと分けつ肥や麦踏み等の時期ですが、年末から引き続き日平均気温が高く、平年よりも生育が早いようです。


blog_uchida14_1.jpg


  写真は例年同様の生育速度の圃場です。しかし、地区によっては生育が早く、幼穂が形成され始めている圃場もあります。
 麦生産者の方々へ、暖冬にあわせた情報提供を行っていきたいです。


ツイッターで五島の旬な情報を発信中!


内田早耶香

長崎県五島振興局農業振興普及課の内田です。普及員5年目の農産担当(水稲、麦、大豆、かんしょ等)です。農家さんのお役に立てることを夢見て、日々現場に出ています。

島根県
長妻武宏

亥年末にイノシシの話

2019.12.27

 今年もイノシシの被害が多くありましたが、柵の普及により、年々少なくなってきたように思います。
 以前は、農作物の防護の物理柵としてトタンが使われてきましたが、近年、ワイヤーメッシュ型の柵が多く使われるようになりました。集落ごとワイヤーメッシュ柵で囲うこともありますが、数年もすると、イノシシの出入りが確認されるようにもなってきました。
 農家から相談を受けることもありますが、面的な変更が簡単にできる心理柵として、利用実績がある電気柵を勧めることがほとんどです。ただし、電圧などの管理をしっかりするよう指導をしています。


blog_nagatsuma45_1.jpg blog_nagatsuma45_2.jpg
イノシシの寝床(左)と、電気柵(右)


 今年、美郷町に山くじらブランド推進課が新設され秋には「山くじらフォーラム」が開催されました(山くじら=イノシシのこと)。
 美郷バレー(シリコンバレーをもじって)として産官学が集い、新たな電気柵の発表もありました。


blog_nagatsuma45_3.jpg

 
 昨年の豪雨災害では、イノシシ処理施設が水害にあいましたが、現在は新設工事が開始されています。
 ジビエ料理の食材として、イノシシ肉「おおち山くじら」が全国的に販売されていますので、見かけたら手に取ってもらえればと思います。

長妻武宏

島根県の長妻です。畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員としてになりたいと思っています。

長崎県
内田早耶香

麦の栽培講習会を行いました

2019.12.26

 五島地域は、平年よりも暖かい日が続いています。
 皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 さて、五島地域の麦は、播種後おおむね1か月が過ぎました。今年は暖冬の影響もあり、平年よりもやや生育が早いようです。


blog_uchida13_1.jpg


 そんな中、栽培講習会を開催しました。
 内容は、「麦の今後の管理(追肥、防除)について」です。とくに硬質小麦は、子実のタンパク含量が少ないとランクが下がってしまうので、重点的に説明を行いました。

 参加者からは、「基本に基づいた管理を行い、収量・品質の良い麦を栽培したい」などの前向きな意見があり、今後の栽培管理について、意識向上が図られました。


ツイッターで五島の旬な情報を発信中!


内田早耶香

長崎県五島振興局農業振興普及課の内田です。普及員5年目の農産担当(水稲、麦、大豆、かんしょ等)です。農家さんのお役に立てることを夢見て、日々現場に出ています。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ