普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
井上徹彦

富山県青年農業者会議

2019.02.22

 富山県農業者会議は、富山県農業の担い手として、農業技術や経営の改善などを実践している若者たちが一堂に会し、体得した成果等を相互に発表することを通じて、当面する問題の解決方策や発展方向を見出すとともに、農業を取りまく情勢への理解を深め、農業者としての自信と誇りを培うことを目的として開催されています。

 今年は、2月8日に県内7組織の代表者がプロジェクト発表を行いました。
 高岡農林振興センター管内には青年農業者組織が2組織あり、HITS(氷見射水高岡地区青年農業者協議会)所属の中川雅貴さんが「耕作放棄地でのヤギ放牧プロジェクト」、小矢部農業青年協議会所属の高田洋幸さんが「『おやべGAP』労働安全について考える」と題し、それぞれ発表を行いました。
 

blog_inoue12-1.jpg  blog_inoue12-2.jpg
中川さんによるプロジェクト発表(左)と、高田さんによるプロジェクト発表(右)


 その結果、中川さんの発表が優秀賞(2位)を受賞しました。
 中川さんは、この発表のためにHITSの仲間たちの前で何度も練習を繰り返すことで内容をブラッシュアップしており、後日開催したHITS懇親会で『みんなのおかげ』だと感謝していました。


blog_inoue12-3.jpg  blog_inoue12-4.jpg
1月のHITS役員会での発表練習の様子(左)と2月のHITS総会での発表練習の様子(右)


 今回のヤギ放牧プロジェクトは今年が1年目の取り組みで、今後2年間かけてプロジェクト活動を完成させる予定です。そして、2年後に再度このプロジェクト活動を発表し、県大会、北陸ブロックでそれぞれ最優秀賞を受賞すること、そして、全国大会での受賞も目指しています。
 そのために、当センターとしてHITSはもちろん、小矢部農業青年協議会に対しても青年組織活動、そしてプロジェクト活動の支援を引き続き行っていく予定です。

井上徹彦

富山県高岡農林振興センターで、担い手と経営指導の担当をしています。
ただし本来は花きが専門なので、時々現地で花き栽培についての指導をすることも♪

佐賀県
平野稔邦

農福連携による労力支援体制を構築

2019.02.18

 当地区では、山間部でのホウレンソウ栽培において、農福連携による労力支援を普及課題として取り組んできていましたが、山間部のため市街地の福祉施設からは移動時間が課題となり、広がりが見られませんでした。このため、市街地に近く、福祉施設からの労力支援体制が整いやすい果樹部門で新たに取り組めないかと、障害者福祉ネットから依頼がありました。
 そこで、普及センターで福祉施設に依頼可能な作業を選択した上で、福祉ネットの担当者とともに、みかん部会に対して推進を行いました。


blog_saga_hirano11-1.jpg
選果場と福祉施設の契約書の取り交わし


 その結果、まず二つの作業に対して、農福連携による労力支援の取り組みが始まりました。
 一つは、デコポンのセンサー選果作業です。コンテナ単位の単価計算を基に契約された選果作業が開始しています。
 作業スピードはやや遅く設定していますが、作業精度は問題なく、丁寧に実施されており、評価も上々のスタートとなりました。さらに、生産者の出役でまかなうしかなかった労力に対しての支援であり、生産者からは「助かった」という声も聞かれています。


blog_saga_hirano11-2.jpg  blog_saga_hirano11-3.jpg
デコポンのセンサー選果作業

 二つ目は、現地で堆肥を入れたマルチ抑えのビニル袋を回収する作業です。
 簡単な作業ですが、生産者にとっては出荷に追われる中で、遅れ遅れになっていたことから、すぐに契約して作業の実施につながっています。これに続いて、剪定枝の集積作業も依頼したいと連絡もあり、この生産者も、労力支援に対して前向きにとらえています。


blog_saga_hirano11-4.jpg  blog_saga_hirano11-5.jpg
マルチ抑え用堆肥袋の回収作業


 支援者の体制や作業時間、作業の内容も含め制約もあり、すべての作業で労力支援という訳にはいきません。
 しかしながら、農福連携に向く作業を少しずつでも実績として積み上げることで生産者の理解をより深め、農福連携による労力の利活用体系をしっかり構築していきたいと思っています。

平野稔邦

佐賀県佐城農業改良普及センターで果樹を担当しています。佐賀県ではテレワーク推進の一環で普及指導員は、一人一台のタブレット端末を持ち日々の普及活動に活かしています。タブレットを活用した普及活動を中心に、産地の動き等を紹介します。

島根県
長妻武宏

目指そう!「しまね和牛」日本一!

2019.02.14

 「目指そう!「しまね和牛」日本一!」をスローガンに、「第12回全国和牛能力共進会島根県推進協議会設立大会」が開催されました。


blog_nagatsuma37_1.jpg


 平成29年に宮城県で第11回全国和牛能力共進会(全共)が開催されてから2年。鹿児島県で開催される次回(12回)全共に向けた取り組みが本格的にスタートしています。
 島根県は、第5回全共と第8回全共で日本一に輝いていますが、第9回から3回続けて一歩・二歩と日本一から離れてしまっています。次回の全共では、一歩でも二歩でも日本一に近づこうという気持ちで、このようなスローガンとなりました。
 大会では、農林水産部長の設立宣言、会長である溝口知事の大会挨拶、来賓挨拶、生産者代表決意表明と続き、鬨(とき)の声で会を締めくくりました。


blog_nagatsuma37_3.jpg


 大会後は、鳥取県農林水産部岡垣課長から「全共を通じた鳥取県の肉用牛振興について」と題した基調講演がありました。


blog_nagatsuma37_2.jpg


 普及関係者は大会の運営やスローガンなど、関係機関との事前協議、当日はパネル展示や受付、記録係(写真)など、会場準備からの参加となりました。

長妻武宏

島根県農業技術センター技術普及部畜産技術普及課の長妻です。課の名前のとおり畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員として力になりたいと思っています。

島根県
長妻武宏

「普及活動・試験研究成果発表会」を開催

2019.02. 4

 毎年1月下旬に開催される「普及活動・試験研究成果発表会」。今年は「地域と共に歩む未来の産地づくり」をテーマに出雲市駅前のビッグハート出雲で開催され、各地域の普及部や研究機関による9課題のポスターセッションが行われました。


blog_nagatsuma36_1.jpg


 広い会場でしたが、多くの入場者があり、活発な意見が交わされました。
 自分は発表する側ではなかったのですが、畜産のことで話を振られ、そのまま農業者と集落放牧の話をしていたため、全体を見て回ることはできませんでした。


 現在、多くの県でスマート農業の新技術について議論がなされている頃だと思いますが、飯田聡氏(株式会社クボタ特別技術顧問・工学博士)による「スマート農業の現状と今後の展開」と題した基調講演では、新たな機材や機械の説明や技術開発、儲かる農業や環境など、さまざまな情報の提供がありました。


blog_nagatsuma36_2.jpg


 普及指導員は実物を見る機会も少なく、どう展開して普及すればいいのか手探りの状況ですが、ドラマ「下町ロケット」の影響か、農業者のスマート農業(ロボットトラクタ等)への関心は高まっていると感じました。
 午後からは今年度の成果として、普及課題4題、研究課題1題が発表されました。

長妻武宏

島根県農業技術センター技術普及部畜産技術普及課の長妻です。課の名前のとおり畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員として力になりたいと思っています。

大分県
塩崎洋一

プロジェクト活動、始動

2019.01.31

 管内には2つの農業後継者組織(チームKとチームZ、とします)があります。
 そのうちの1つ、チームZは最近プロジェクト活動にご無沙汰していました。また、過去の色々な事情があってチームKは県連組織を脱退しています。そのため、県段階で行われるプロジェクト発表と意見発表の場に出場できるのはチームZだけなのです。だけど事情があって、プロジェクト活動をやっていませんでした。


 今年度、私はチームKの担当なのですが、チームZの担当者都合で、昨年末からこちらも受け持つことになりました。
 実は、私は平成15~18年度に農業青年の県連事務局を担当していた関係で、チームZのほとんどのメンバーと顔なじみです。
 そんなことで、年末の定例会で、以下のようなやり取りがありました。


【塩崎】 
「なあ、来年はプロジェクトやろうぜ、何か産地の課題はないかえ?」
【青年A】
「そうですね、今年は夏の高温障害ですね、でも、うちの3mではやられたのに、隣町の1.8mでは、そんなにひどくなかったんですよ」
【塩崎】
「そりゃあ、ハウス自体の容積が小さい方が熱量が上がらないやろうし、小さいハウスの方が空気は抜けやすいやろう。なら、いっそのこと6mで天井を抜いたらどうかえ。温度環境に違いがあるなら、ハウス自体の構造はその次じゃ。まずはやってみるかえ、何か少しでも予算をとるで、比較しやすい建てる場所あるか?」


と、あおったら、「やりましょう」となった次第。
ピンと来る人はいるかもしれませんが、何のハウスかは一応、ひみつ、です。


blog_shiosaki121_1.jpg
「飲み会」を「ただの飲み会」に終わらせないのが、普及方法のテクニックです


blog_shiosaki121_2.jpg
みんな部門は違いますが、各自そのプロです。仕事は違えども、手慣れたものです

塩崎洋一

大分県豊肥振興局で経営全般の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る