普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

牛の世界でも、あるんだなあ

2022.09.13

 第二幕の舞台は、中部振興局管内。
 この日はO主査に同行して肉用牛農家さんにお邪魔しました。


 繁殖管理についてO主査が農家さんとやりとりをしている横で、1頭のはぐれ子牛が歩いていました。
 「この子はどうしたんで?」と聞くと、「そりゃあ、親が育児放棄したんじゃ」と農家さん。
 親牛が乳を飲ませない、という場面はありましたが、子牛そのものに対して育児放棄か、人間だけじゃないんか。
 そのせいか、普通ではないくらいにヒトになついています。
 

blog_shiosaki158-1.jpg
お母さんのそばに行けなくて、ある意味独り立ちしている


blog_shiosaki158-2.jpg
農家さんと話しているO主査。
彼女が南部振興局のころ広域普及員だった私は、一緒に飼養環境改善で牛舎を改装したことがある・・・・


塩崎洋一

昭和63年に大分県で普及員として奉職。 令和4年3月に早期退職して農業に踏み込み始めたが、普及現場の要請により中部振興局を舞台に、普及活動の第二幕が上がった。臼杵市在住。

大分県
塩崎洋一

普及活動 第二幕 

2022.09. 2

 今年の3月末、普及員としての第一幕を閉じた私です。
 自分でやらねばならぬことがある、との決意と覚悟でしたので、まったくもって普及現場に復帰する予定はありませんでしたが・・・・。


 昨年度末の任務終了の前日、別れの挨拶に来た同期が帰り際、「すまんが、うちに来てくれんか」とのこと。
 困っていて来てくれ、ということなら、手伝わないこともないけれど、まあ、むげに断る理由もないので、自分のやろうとしていることに支障が無い条件なら、と引き受けた次第。


 管轄は、住んでいる豊後水道沿岸部、臼杵市と津久見市から大分市、山間部では有名な湯布院まで。仕事は畜産の普及活動です。
 実は在職中の34年間、この地域で勤務はないけれど、「やっと地元で仕事ができる」みたいなうれしさというか、子どものころに祖父母の家に遊びに帰るようなワクワク感があります。


 そんなことで、事務手続きの関係から8月、第二幕が上がりました。


blog_shiosaki157-1.jpg
生まれ育った臼杵市の風景。
臼杵湾に浮かぶ津久見島、臼杵なのになぜか津久見。
本来は湾内の臼杵七島(7つの島があった)の一つで、竹島という名前でしたが。手前は母校の臼杵高校、その向こうは造船所。
臼杵は造船と醸造の町、かな。(「臼杵七島」で検索してみてください)

塩崎洋一

昭和63年に大分県で普及員として奉職。 令和4年3月に早期退職して農業に踏み込み始めたが、普及現場の要請により中部振興局を舞台に、普及活動の第二幕が上がった。臼杵市在住。

blog_fukyu_gotom_f.jpg 大分県
後藤美智子

ゴールデンエイジ

2022.09. 1

 私の職場では、近年、新規採用職員が増えてきました。
 若い方が増えることはとてもよいことです。歓迎しています。
 そんな若手職員の育成方法として、『OJT』という手法を取っています。
 OJTとは、『職場で実務をさせることで行う職業教育』のことです。特に新任職員の能力を高めるのに有効とされています。今年も、私は新採用職員のトレーナーをつとめています。
 若い職員が多いのは、私の担当地域のJAも同様です。
 勝手ながら、JAの職員の方も一緒に現地を回る中で、専門技術や手法、コミュニケーションが学べたらと日々、思案しています。

 さる6月、絶好の機会がめぐってきました。ぶどうの栽培講習会です。
 技術やコミュニーションが効果的に学べるよう講習会の会場となる生産者にご協力いただき、①摘粒の事前練習→②模擬講習会→③本番→④その後の経過観察の流れですすめていくことにしました。


 まずは、①事前練習です。紙の資料と私の実演を見てもらい、主枝1本分に取り組んでもらいました。その後は、Youtubeにアップされているベテラン生産者(いつも参考にしている"ドリームファーマーズちゃんねる")の動画を見てもらい、自分の作業と比べて気がついたところや取り入れられそうなところを話してもらいました。それから再度、摘粒を行います。


blog_gotom15-1.jpg  blog_gotom15-2.jpg 
左 :普及1年生が集中しています
右 :JAの1年生も集中しています


 私は、基本(座学)→実技→動画を用いて復習→再度実技の効果が高いと考えています。不慣れな初心者でも作業をすると、なおのこと生産者の上手さと気をつけている点に気がつきやすくなります。さらにYoutube(動画)のよいところは何度でも繰り返し見られることです。


 その後、②模擬講習会を園地で実施しました。摘粒の目的と目標(目指す粒数・房型)を伝え、普及1年生、JA1年生順番に取り組みます。上手に行うことが目的ではありません。伝えたいこと、確認したいことを本番に向けて整理することに重点を置きました。

 そして、③本番です。参加した生産者のみなさんは、若い指導員の話に耳を傾けてくれました。また、大変珍しいことですが、JAの指導員さんが摘粒を終えると、よく頑張ったとほめてくれるように生産者から拍手が起こりました。小さな一歩です。地域の生産者が『認めてくれる』という経験は、何より若手職員がモチベーションを高める重要な体験です。
  

blog_gotom15-3.jpg  blog_gotom15-4.jpg
左 :模擬講習で粒の数を数えたシャイン
右 :ソーシャルディスタンスでも食い入るように見られている本番


 最後に④その後の経過観察です。徐々に大きくなるぶどうを確認し、「もっと外してよかった」や「こんなに大きくなるなんて」と1年生らしいコメントを残してくれています。9月には最後の仕上がりを確認する予定です。
 一番ありがたいのは、私たちに実際の作業をさせてくれた生産者の存在です。商品をつくるんだという気構えは、ただの"練習"では身につきません。

blog_gotom15-5.jpg
7月のシャイン


 最初に書いたとおり、関係機関含め、若い職員のみなさんを歓迎します。そのため、トレーナー(私)はこれからも経験を積むための環境づくりを工夫しながら頑張ります。

後藤美智子

大分県豊肥振興局にて“果樹に関わる人を地域に増やす・地域にやりたい仕事をつくる”を目標に普及活動に取り組んでいます。転職して公務員(農業)になりました。普及員は6年目です。

岩手県
菅野千聖

業務内容を紹介します!ヤマブドウ編:研修会

2022.08.10

 岩手県久慈農業改良普及センターの菅野(かんの)です。
 久慈農業改良普及センターに配属になって3年目となりました。ヤマブドウやほうれんそう、花などの担当をしております。引き続きよろしくお願いします!


 今回は、担当3年目となりましたヤマブドウの業務についてご紹介します!

 ヤマブドウ栽培技術の向上や、生産者相互の交流促進を目的に、今年度2回目となる栽培技術研修会を令和4年7月28日に開催し、生産者や新規栽培者、関係機関など8名が参加しました。

 普及センターが講師となって、気象経過と生育状況、今後の栽培管理の注意点や病害虫の発生状況と防除について説明しました。冬の低温で発生した発芽不良樹の生育状況、樹勢に応じた摘房作業、病害虫被害の見分け方などについて、圃場内を移動しながら情報交換できました。


blog_kanno10-1.jpg
ヤマブドウ栽培研修会の様子


 また、ヤマブドウとの交配品種である醸造用ぶどう「ヤマブラン(白)」の試験栽培圃場も見学。特性や現地適応性などの質問が出され、生産者の関心の高さが伺えました。


blog_kanno10-2.jpg
ヤマブドウとの交配品種である醸造用ぶどう「ヤマブラン(白)」


 令和4年度の研修会は、あと2回の開催を計画しており、普及センターでは適期管理や病害虫防除の指導、新規優良系統や、省力化に向けた栽培技術の情報提供等を行っていきます。



菅野千聖

岩手県一関農業改良普及センター産地育成課の菅野千聖(かんのちさと)と申します。
産地育成課で小ぎくやりんどうといった花の担当をしております。県職員歴は11年目、普及員としては8年目となりました。
本県の農業の現状や一関地方の農業の特徴を皆様にわかりやすくお伝えできるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

blog_fukyu_gotom_f.jpg 大分県
後藤美智子

穀雨の朝

2022.05. 9

 コロナの影響もあり、3密を避けるため、講習会の開催を見送っています。その代わり、管内JAと協力して、栽培管理や生育の資料を適期に作成・海部するよう努めています。

 先日、栽培管理の相談があったかぼす生産者の園地へお伺いすると、配布した資料に赤線が引かれ、置いてありました。
 また、資料を見ながら、
 「ここが大事だと思ってラインを引いたんだ。資料を確認して管理しているよ。ただ、裏面にある樹が混み合った園地の管理は、うちには該当しないね」
と感想をいただきました。


blog_gotom14-2.jpg  
赤線が引かれた資料


blog_gotom14-3.jpg
力強い赤線の様子


 配布資料作成時には、"全体的"なことを記載します。人によっては、記述が該当しない方もいます。今回お会いした方のように、自分に必要なことが書いてあるだろうかと考えながら読んでもらったという感想を直接いただくと、改めて"全体的な"記述ながらも、工夫を怠らず、資料作成しようと思いました。


blog_gotom14-1.jpg
かぼすの小さなつぼみあり


 しとしとと春の雨が降る中、かぼすも発芽し、小さなつぼみが見えるようになってきました。植物の生育のように、今年度もこつこつ本ブログに投稿していきますので、よろしくお願いします。

後藤美智子

大分県豊肥振興局にて“果樹に関わる人を地域に増やす・地域にやりたい仕事をつくる”を目標に普及活動に取り組んでいます。転職して公務員(農業)になりました。普及員は6年目です。

前の5件 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ