普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

長崎県
尾崎哲郎

尾崎哲郎

長崎県壱岐地方局壱岐農業改良普及センターの技術課で野菜を担当しています尾崎哲郎といいます。離島ならではの普及活動や普及指導員としての苦労など紹介できれば幸いです。

野菜にもヒートポンプ導入?

2008.10.14

 10月3日に、長崎県農産園芸課主催による野菜振興対策検討会が農林試験場で開催され、各普及センターの野菜担当、農試(野菜、愛野馬鈴薯支場)、病害虫防除所、島原・県北の農務課、JA全農ながさき等の野菜関係者が参加しました。

ヒートポンプについて説明する打越氏

 内容は、園芸振興の柱である、園芸ビジョンパワーアップ対策事業(野菜関係)の進捗状況、コスト高対策としての各種事業などの説明・野菜に関する情報提供があり、特に今回はヒートポンプについて現地研修が組み込まれました。


 20年度の緊急対策事業で、283台のヒートポンプ導入が計画されていますが、ほぼ全員がバラ、きくなどの花農家です。野菜については、施設もパイプハウスが主であり、バラ、きくなどと比べて暖房機の設定温度が低いために重油消費量が少なく、過剰投資になる可能性が高く、ほとんど導入には至っていません。
写真 :ヒートポンプについて説明する打越氏


 会議終了後に、諫早市のきく農家、打越氏を訪ねてヒートポンプ使用に係わる話を聞きました。

 明らかなことは、
● 温風機と比べて温度ムラが少ない。(石油ファンヒーターとエアコンとの差か?)
● メンテナンスは温風機より手がかからない。
● ヒートポンプは稼働時の音が静かである。(温風機は稼働時のダクト巻き上げ時の音がやかましい)
● 夏場の冷房で、高温障害を回避できて花形が良くなる。また、出荷時期が早まる。
● 重油代は導入前の1/4程度に抑えられた。
● 導入は2月~5月上旬に利用する作型でないと採算が合わない。


 現地対応していだいた県央農改の太田専門幹の話では、試算で重油代60万円以下だと過剰投資となるとのことでした。

 話を聞いてみて、野菜では導入が難しいの一言でした。
 とにかく、早く燃油価格が下がることを祈ります。

左:ヒートポンプ  右:温風機
写真 :左:ヒートポンプ  右:温風機


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

土壌灌注肥料のコスト低減効果を確認する

2008.10. 6

サスペンジョン肥料をうねに50㎝感覚で灌注。さし込みはあまり力はいりません

 燃油・生産資材等の高騰が深刻化しています。
 国、県において支援対策が打ち出されていますが、昨年から現場で取り組んでいる、肥料コスト低減試験を紹介します。

 アスパラガスは、夏場からの収量確保のために追肥を行いますが、ペースト肥料(商品名:園芸サスペンジョン)を畦から20㎝ぐらいの深さに灌注します。2年前は年間2回程度でしたが、昨年から、親茎立茎後、月に1回程度施用する農家も出てきました。
 通常、園芸サスペンジョン3号(成分N8-P3-K5、有機59%)を20㎏、水200リットルに溶かし、灌注していました。
写真:サスペンジョン肥料をうねに50㎝感覚で灌注 さし込みはあまり力はいりません


 サスペンジョン5号(成分N14-P4-K5、有機52%)は、3号よりN分が1.8倍程度含まれるので、肥料代の軽減を図るために、半量(当然、価格も1/2)でいけるのではないかと、展示圃で試験を行い、従来の3号と変わらない効果を確認しました。

 そこで、20年度の追肥を3号から5号へ変更しましたが、一部の農家から、含まれる有機質が減れば食味が落ちるのではないか? おいしい壱岐のアスパラの評判が落ちるのではないか、と言う声があり、今年度、再度試験を行いました。


 6月4日から10月2日まで、ほぼ月1回の割合で灌注を行い、若芽の萌芽数と若芽の糖度(頭部と中央部)を、灌注する前と施用10日後くらいに調査しました。
サスペンジョンの施用は、専用の灌注機で深さ25㎝まで打ち込むことができますが、今回は20㎝にセットしました。畦あたり50㎝間隔で灌注しますが、夏場は暑さと茎葉がまとわりつき、作業は楽ではありません。

土壌分析室でアスパラガスの糖度を測定
写真:土壌分析室でアスパラガスの糖度を測定

 糖度調査は、頭部の汁液が得にくいので、すり鉢でつぶし、デジタル糖度計で測定しますが、ややコツが必要です。測定してビックリしましたが、頭部が11~12%、中には13%を超えるものもあり、茎中央部が5~6%という結果でした。

 夏芽は茎が柔らかく、繊維が少ないので糖度が高いものはサラダアスパラガスとして販売できるかも・・・・

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

壱州にんにく産地の復活をめざして!

2008.09.17

 壱岐は古くはにんにくの産地であり、最盛期は約80haほどあったと聞いています。知る人ぞ知る、「壱州早生」、「壱州ホワイト」の発祥地であります。

 現在の普及センター、JA壱岐市営農センターほかの敷地は、かつて長崎県農業試験場壱岐分場がありました。そこでにんにくの育成が行われ、西南暖地を代表する2品種が誕生しました。


 にんにくは、出荷調整に労力がかかること、生産者の高齢化、価格低迷などにより、産地としての規模は縮小し、ほとんど消えかかるほどでした。
 しかし、今年の1月末に発生した中国産ギョウザ事件で販売が好転し、びっくりするような単価で、生、乾燥にんにくともに販売ができ、JAへの業者の引き合いが強く、21年産については作付け推進を図りました。


 9月3日(水)、にんにく栽培講習会を開催したところ、例年の倍以上の参加があり、びっくりしました。

 JA壱岐市の長岡課長から、「加工業者からも注文があり、ぜひ、産地復活を目指したい」と力強いあいさつがあり、種子のりん片はずし、種子消毒、植え付け、収穫時期の判断、出荷調製方法など初心者向けに時間をかけて丁寧に講習を行いました。皆さん、大変、真剣に耳を傾けており、説明にも熱が入りました。

例年になく参加者の多かった講習会


 最後に、昨年度、普及が仕掛けた葉にんにく栽培についても紹介し、ぜひ、今年は小さいりん片(くず種)を活用し、葉にんにくを作ったらどうか、また、ぜひ食べておいしさを知ってほしいと呼びかけました。

 個人的には、葉にんにくは軽量で、市場等ではまだ認知度が低いので、宣伝いかんでは大変おもしろい商材だと思っています。なんとか成功させたいという一念です。

昨年度に普及で取り組んだ葉にんにく展示圃  JAの四季菜館で試験販売
写真 左:昨年度に普及で取り組んだ葉にんにく展示圃 / 右:JAの四季菜館で試験販売


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

収穫作業に汗を流す先生たち(農業体験学習)

2008.09.12

汗だくで収穫する若い先生

 将来を担う子供たちが農業に対して関心を持つために、まず、小・中学校教員に対し農業に関する知識および農業技術習得の支援等を行い、農業および農村への理解を深めるために農業体験学習を実施しています。


 今年は8月18日に、アスパラガス収穫体験と花苗の播種作業の2コースを設け、私はアスパラガス収穫体験コースを受け持ちました。当日は雲ひとつない晴天日で、1時間ほどの作業でしたが、17名の先生方、皆さん汗だくになり、がんばっていました。
写真右 :汗だくで収穫する若い先生


 圃場はJA壱岐市アスパラガス部会の郷ノ浦支部長、平田氏の協力を得て、3箇所のハウスごとに分かれて、収穫を行いました。事前に平田支部長より収穫時の注意点や方法などを指導して頂き、1本、1本丁寧に収穫されました。長さ30㎝以上のものを収穫しますが、なかなか長さの判断が難しかったようです。


 参加された先生方は、今の時期のアスパラガスが1日に15cm近く伸びることや、朝、昼、夕方と3回収穫していることなどを知り、驚いていたようでした。


 収穫後は、平田支部長の倉庫にて、JAへ出荷する前の事前選別の仕方も見せて頂き、その後、JAの共同選別作業を見学しました。農家の手から、JAの選別、市場出荷までの工程が理解されたと思います。

 土づくりにこだわった壱岐産アスパラガスは、東京、大阪にも出荷してますので、もし、店頭でお見かけしたら、どうかご賞味ください。

 最後に普及センターで意見交換を行い、寺井所長より生徒さんへ農業のすばらしさ、農業を職業として選択してほしいと先生方に熱いメッセージを送り、無事終了しました。


アスパラガス収穫コースに参加した先生たち 前列左より3人目が平田支部長


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

壱岐地域のアスパラガスIPM技術確立に向けて

2008.08.18

 長崎県のアスパラガス面積は121.6ha(20年産)と近年はやや減少傾向が続いています。
 壱岐のアスパラガスは8.5haと順調に面積、出荷量は伸びており、20年産は販売額2億円を超えるように生産者、関係機関が一体となって取り組んでいます。


 アスパラガスの病害虫で被害が多いのは、褐斑病、スリップス、ヨトウムシ類の3つであり、今回、アスパラガスでのIPM技術確立のために、壱岐市石田町の農家圃場にて展示圃を設け、減農薬栽培がどれくらい可能か、調査中です。

 内容はヨトウムシ類対策として黄色防蛾灯、スリップス対策としてUVCフィルム、ホリバーロール(青)、シルバーマルチ、害虫の繁殖防止のために防草シートによる効果を確認しています。


 予定よりやや遅く8月1日に、シルバーマルチをハウス周辺に設置しました。
 1mのマルチをのこぎりで1/2にカット(電動カッターがあればかなり楽です)、マルチを固定するために針金を20㎝程度にカットし、環境担当の外尾技師と2人で炎天下、約2時間、作業をがんばりました。

夜蛾類対策の黄色灯(NBT製) (実際に設置してみて、高さは7m以上が望ましいことがわかりました。)ちなみに20年度は約4.2haの面積に黄色灯が導入されました。   シルバーマルチ切断 (電動カッターがあればな~)
写真 
左 :夜蛾類対策の黄色灯(NBT製) (実際に設置してみて、高さは7m以上が望ましいことがわかりました。)ちなみに20年度は約4.2haの面積に黄色灯が導入されました。 
右 :シルバーマルチ切断 (電動カッターがあればな~)


シルバーマルチを設置する環境担当の外尾技師(日焼け対策は完璧です!)  ホリバーロール、シルバーマルチ、防草シートの設置 
写真 
左 :シルバーマルチを設置する環境担当の外尾技師(日焼け対策は完璧です!)
右 :ホリバーロール、シルバーマルチ、防草シートの設置 


 ホリバーロール()を5月8日に設置し、調査を定期的に行っています。  今の段階ではスリップス被害は少なく、ヨトウムシ類の被害は皆無で、これからが飛来数が多くなりますが、恐らく黄色灯で防除はかなり抑えることが期待できます。そろそろ、ホリバーロールの張り替え時期です(メーカーは約3ヶ月の効果があるとのこと)。
 最終結果が出ましたらご紹介したいと思っています。


ホリバーロールの黄色はトマト黄化葉巻病対策で長崎県はすでに普及していますが、スリップス対策で青色の使用はまだ少ないと思います。恐らくアスパラガスでの使用は壱岐が初めてではないでしょうか?

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

前の5件 1  2  3

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ