普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_hukyu_katano_f.jpg秋田県
片野英樹

片野英樹

秋田県で平成4年度採用から普及指導員ほぼ一筋で30年経ちました。主に水稲・大豆担当でしたが、一時期集落営農や法人育成にも携わりました。現在は裏方として、水稲新品種「サキホコレ」の普及に取り組んでいます。

スマート農業指導士としての活動

2024.06.18

 秋田県由利地域振興局農業振興普及課の片野です。昨年度に引き続きみんなの広場「普及指導員ブログ」コーナーに不定期に投稿してきます。今年度もよろしくお願いします。


 6月7日、管内の農業系がある高校でアグリセミナーを開催しました。
 毎年、農業を志すであろう生徒の皆さんに、農業研修事業や先輩農業者の講話等を行っています。3年前から学校の先生よりスマート農業についても情報提供してほしいと要望があったため、私が様々な取り組みを紹介しました。


blog_katano9-2.jpg
アグリセミナーの一コマ


 先輩農業者は話術に長けており、当然時間が押してきて、最後は私で時間調整です。
 熱い思いを伝えたかったのですが、急いでの説明なので、自分が暑くなって終わりました。それでも、無人トラクターや無人田植機の動画に興味を持って聞いていたようです。彼ら、彼女らが就農するときは、どんな世界になっているんでしょうね。


blog_katano9-1.jpg
スマート農業を説明する筆者


 話は変わりますが、3年前から秋田県立大学でスマート農業指導士育成プログラムが始まっています。私は初年度に応募し、凝り固まった脳みそをフル回転させながら、どうにか「スマート農業指導士」の認定をいただきました。
 今回の情報提供もスマート農業指導士の任務であるスマート農業普及の一環です。


 いつ何時、スマート農業に関する相談が来るかわからないため、日々情報をアップデートしていますが、最新の情報にどこまでついていけるやら。それでも、衛星画像データを活用した栽培技術の確立や環境データを活用した収量・品質の向上などの実証に携わりながら、民間企業等からの情報収集と自身のブラッシュアップに努めたいと思います。

心と体の健康のために

2024.03. 5

 秋田県由利地域振興局農業振興普及課の片野です。年度末が近づき各種組織・団体の総会が開催され、あいさつも増えています。つくづくあいさつ下手です。


 去る2月27日、当地区の生活研究グループ協議会の総会が開催されました。会員の高齢化と卒業によって、令和3年には全国組織が閉会となり、令和6年度には秋田県と地区協議会の閉会が決まりました。時代の趨勢とはいえ、なんともさみしいかぎりです。


 総会終了後に「心と体の健康のために」と題し、研修会が開催されました。講師は生研グループ会員です。これをテーマに様々なところで講演しているすごい会員がいるんだなと思うと同時に、ひっそりと隅に座っている男性も気になっていました。


 ところが...
 いざ研修会が始まると、その男性が出てきました。なるほど講師はこの男性かと思いきや、スーパーにある買い物かごをぶら下げての登場です。なんと、この男性はマジシャンだったのです。しかし、結構なミスが会場を和ませ、笑いの渦に包まれました。これが「心の健康」か!(写真1)


blog_katano8-1.jpg
写真1:スーパーマジシャン?(ぼかしてます)   


 筆者も挑戦しましたが、これがなかなか難しい。当然笑いを提供しました(写真2)


blog_katano8-2.jpg
写真2:手品に成功した筆者


 つづいて、「体の健康」です。全員が立ち上がり、さぁ炭坑節です。まさか、総会で盆踊りを踊るとは。会員からは"穴を掘るしぐさが上手"とお褒めの言葉をいただきました。なんせ、墓穴を掘るのは得意ですから...
 3サイクル踊りましたが、これが結構きつくて筋肉痛確定です。


 数十年前から時々生研グループの行事に参加してきましたが、皆さんの元気が半端なく、しかも芸達者。こんなに地域で頑張っている人が協議会の閉会で表舞台から去ってしまうなんてもったいない。直売グループや起業グループに合流しながら、地域の伝統を守りつつも、新たな動きを起こせるよう支援していかなければならないと感じました。

普及計画外部評価と普及職員大会の開催

2024.02. 1

 秋田県由利地域振興局農業振興普及課の片野です。

 令和6年1月24日、普及計画の外部評価がありました。秋田県は課長(普及指導センター所長相当)が発表することになっています。今まで数々の実証ほ等の発表をしてきましたが、普及活動実績発表の緊張は別格です。なんせ、課員の汗と苦悩と喜びの結晶をわたしの拙い発表で外部評価委員に伝わらないとおおごとですから...

 そもそも、筆者は原稿を読みながら説明するのが大の苦手で、ほとんどの発表はスライドを見ながらその場で説明しています。今回もこのスタイルで臨みましたがはたして評価結果はどうなることやら(写真1)


blog_katano7-1.jpg
写真1:緊張しまくりの筆者


 評価委員からは全体の講評として、活動手法が適切だったのか、工夫や改良したことに焦点をあててほしいとありました。手法の評価はなかなか数値化できないため、この結果としての単収や販売額を記載しましたが、どうもそれだけではよくなかったようです。難しいものです。


 それはさておき。
 外部評価終了後に、普及職員大会を開催しました。今年度は農業改良助長法が施行されて75年目ですので、75周年記念講演として(一社)全国農業改良普及支援協会の関戸章一さんから御講演をいただきました。盛りだくさんな内容で、笑いあり滑りありと楽しい講演でした。若手普及職員は、腱鞘炎覚悟で必死にメモをとっており、筆者もこんなすごい普及指導員がいた(いる?)んだと感銘を受けました。ありがとうございました(写真2)


blog_katano7-2.jpg
写真2:終始なごやかだった御講演


 外部評価委員のアドバイスと関戸さんの講演内容を来年度の普及計画に活かしながら、産地や経営体を盛り上げていきたいと、懇親会でぼんやり考えながら関戸さんとひたすら飲み交わしました。

新そば発表会が開催されました。

2023.12.11

 秋田県由利地域振興局農業振興普及課の片野です。
 一時降雪があったものの暖冬傾向で今は積雪がなく、1時間半の通勤も心的疲労が溜まらず快適に運転できています。


 当管内は県内でも屈指のそば産地であり、県内の20%ほどを占めています。令和5年12月8日に由利地域そば生産者協議会主催の「第9回新そば発表会」が開催されました。
 毎年、2~3のそば生産組合が自前のそば粉を使って、打ち立ての蕎麦を振る舞ってくれます(写真1)。そば粉100%の蕎麦、二八蕎麦など地域によってさまざまですが、手打ちは歯ごたえがあって大変おいしゅうございました。


blog_katano6-1.jpg
写真1:今回提供のあった打ち立てのそば


 一方、各生産組織から令和5年産そばの状況を伺うと、6月の降雨、7月の集中豪雨、その後の高温・干ばつ、9月以降の降雨により作業等の遅れで生育が芳しくなかったようです。それでも、今回の新そば発表会の場で来年度も意欲的にそば栽培に取り組むことを誓ってくれました。ホント生産者の皆様は強い!


 試食後は、勉強会です。生産組織の代表から品種比較試験を行った結果や今年の作柄解析の報告がありました。
 筆者も実証ほの結果や秋そば減収要因の解析、次年度対策について説明しました。そばにおいて猛暑を乗り越える対策はリスクを伴いますが、勇気を振り絞って言い訳がましく提案しましたが無反応でした(やはり)(写真2)


blog_katano6-2.jpg
写真2:必死に説明する筆者


 来年度も単収向上と低コスト化に向けた実証ほを設置し、少しでも生産者の皆様のお役に立ちたいと、おいしい蕎麦をすすりながら意を決しました。

厳しい夏でした

2023.10.18

 秋田県由利地域振興局農業振興普及課の片野です。10月に入り最低気温が一桁の日がちらほらでてきました。庭の木々も色づいてきています。


 9月中旬から徐々に稲刈りが始まりました。9月上旬まで高温が続いたため、稲の登熟が進み品質低下防止のため早めの刈り取りを呼びかけてきましたが、"刈り取りいざ本番!"というときから断続的に降雨が続き刈り取りが進まず、品質低下が懸念されています。


blog_katano5-2.jpg
稲刈り風景(本文とは関係ありません)


 そんな中で、米の農産物検査も始まり、県内の登録検査機関から例年より1等米比率が低いという声が聞こえてきてます。
 白未熟粒の発生が多く落等に影響をおよぼした主因は夏場の異常高温です。猛暑の中、稲体の活力を維持するため、かけ流しや湛水管理等を指導しましたが、天候には勝てませんでした。我々普及指導員にできることは、作柄解析と優良事例の収集と分析により次年度以降の対策を講じることです。


blog_katano5-1.jpg
玄米品質を確認する筆者


 9月上旬に、篤農家のほ場で水管理の事が話題になりました。
 この農家はときどき水田の温度を測っており、湛水管理だと地温は下がらない、かけ流しだと水が流れる部分は低くなるが水が動かない部分は全然下がらない、飽水管理だと表面温度はかなり下がって効果的だとお話していました。具体的な数字を出されると説得力があります。

 つくづく、課題も解決方法も現場にあることを感じ、現地活動の重要性を再確認しました。管理職などやっている暇はありません!

1  2

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ