普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_fukyu_gotom_f.jpg大分県
後藤美智子

後藤美智子

大分県豊肥振興局にて“果樹に関わる人を地域に増やす・地域にやりたい仕事をつくる”を目標に普及活動に取り組んでいます。転職して公務員(農業)になりました。普及員は6年目です。

千里の道も一歩から

2022.12.12

 普及指導の中で、"経営"は重要な観点です。私の管内では、生産者が独自で作る簿記の勉強グループがあります。その会に参加し、それぞれの経営の課題を聞きとり、改善の取組に繋げるようにしています。昨年より引き続き、経費の増加がみなさんの経営を悩ませています。


 今回は、簿記グループから『インボイス制度』について学びたいと要望があり、普及1年生が資料と図を用いながら説明を行いました。
 1年生は自分も簿記の基礎研修を受けている最中です。その時の講師の先生の話し方や内容を一生懸命聞き取って、整理し、みなさんの前で話しをしました。
 結果は、「わかりやすかった」、「やっと(インボイス制度が)わかった」、「(今回の内容を踏まえ)取引先に確認してみる」と大変好評でした。


blog_gotom17-2.jpg
消費税の仕組みを説明中


blog_gotom17-1.jpg
説明を熱心に聞いてくれています


 まずは、生産者からの要望に丁寧に応えるところから信用が生まれ、信頼関係がつくっていけると考えています。このことを改めて、技術と普及12月号の『普及方法とは何か(P49~53)』を読みながらも感じています。
 今回の経験が1年生の自信にも繋がると、日頃の研修にもいっそう力が入ると想像しています。蛇足として、1年生の説明の後の私の説明がわかりにくかったこと(わからんと感想いただきました)を書き残します。先輩も勉強しつづけます。

PDCAで大事なのは次のA

2022.11.10

 前回、OJTの取組として実施したぶどうのその後です。
 生産者の園地でぶどうを収穫する時期(10月)がやってきました。

 生産者と私とJAの1年生の3人で、出来を確認します。
 房の形、房の重さ、1粒の大きさ、糖度.........(持ち帰ってから確認した項目もあります)。


blog_gotom16-1.jpg
JAの1年生作


blog_gotom16-2.jpg
普及1年生作(肩の1粒は高温障害で焼けていました)


blog_gotom16-3.jpg
こういう房を次作は目指したい


 JAの1年生に目標通りの果実か尋ねると、経過観察と同様に「粒の肥大や房のバランスを良くするためにもう少し摘粒が必要だった」との感想でした。そのためには、次作はどうするのか意見を聴きます。
 今回は実施した作業は摘粒のみでしたが、花穂の調整からするとつくりやすくなります。"ぶどう"は1年1作です。1回で得た経験を、次の栽培に活かすことがとても重要です。


 生産者からは、「みんな上出来」とのお褒めの言葉をいただきました。
 せん定講習会の場所とすることも調整できたので、次は『せん定』でお会いしましょう。

ゴールデンエイジ

2022.09. 1

 私の職場では、近年、新規採用職員が増えてきました。
 若い方が増えることはとてもよいことです。歓迎しています。
 そんな若手職員の育成方法として、『OJT』という手法を取っています。
 OJTとは、『職場で実務をさせることで行う職業教育』のことです。特に新任職員の能力を高めるのに有効とされています。今年も、私は新採用職員のトレーナーをつとめています。
 若い職員が多いのは、私の担当地域のJAも同様です。
 勝手ながら、JAの職員の方も一緒に現地を回る中で、専門技術や手法、コミュニケーションが学べたらと日々、思案しています。

 さる6月、絶好の機会がめぐってきました。ぶどうの栽培講習会です。
 技術やコミュニーションが効果的に学べるよう講習会の会場となる生産者にご協力いただき、①摘粒の事前練習→②模擬講習会→③本番→④その後の経過観察の流れですすめていくことにしました。


 まずは、①事前練習です。紙の資料と私の実演を見てもらい、主枝1本分に取り組んでもらいました。その後は、Youtubeにアップされているベテラン生産者(いつも参考にしている"ドリームファーマーズちゃんねる")の動画を見てもらい、自分の作業と比べて気がついたところや取り入れられそうなところを話してもらいました。それから再度、摘粒を行います。


blog_gotom15-1.jpg  blog_gotom15-2.jpg 
左 :普及1年生が集中しています
右 :JAの1年生も集中しています


 私は、基本(座学)→実技→動画を用いて復習→再度実技の効果が高いと考えています。不慣れな初心者でも作業をすると、なおのこと生産者の上手さと気をつけている点に気がつきやすくなります。さらにYoutube(動画)のよいところは何度でも繰り返し見られることです。


 その後、②模擬講習会を園地で実施しました。摘粒の目的と目標(目指す粒数・房型)を伝え、普及1年生、JA1年生順番に取り組みます。上手に行うことが目的ではありません。伝えたいこと、確認したいことを本番に向けて整理することに重点を置きました。

 そして、③本番です。参加した生産者のみなさんは、若い指導員の話に耳を傾けてくれました。また、大変珍しいことですが、JAの指導員さんが摘粒を終えると、よく頑張ったとほめてくれるように生産者から拍手が起こりました。小さな一歩です。地域の生産者が『認めてくれる』という経験は、何より若手職員がモチベーションを高める重要な体験です。
  

blog_gotom15-3.jpg  blog_gotom15-4.jpg
左 :模擬講習で粒の数を数えたシャイン
右 :ソーシャルディスタンスでも食い入るように見られている本番


 最後に④その後の経過観察です。徐々に大きくなるぶどうを確認し、「もっと外してよかった」や「こんなに大きくなるなんて」と1年生らしいコメントを残してくれています。9月には最後の仕上がりを確認する予定です。
 一番ありがたいのは、私たちに実際の作業をさせてくれた生産者の存在です。商品をつくるんだという気構えは、ただの"練習"では身につきません。

blog_gotom15-5.jpg
7月のシャイン


 最初に書いたとおり、関係機関含め、若い職員のみなさんを歓迎します。そのため、トレーナー(私)はこれからも経験を積むための環境づくりを工夫しながら頑張ります。

穀雨の朝

2022.05. 9

 コロナの影響もあり、3密を避けるため、講習会の開催を見送っています。その代わり、管内JAと協力して、栽培管理や生育の資料を適期に作成・海部するよう努めています。

 先日、栽培管理の相談があったかぼす生産者の園地へお伺いすると、配布した資料に赤線が引かれ、置いてありました。
 また、資料を見ながら、
 「ここが大事だと思ってラインを引いたんだ。資料を確認して管理しているよ。ただ、裏面にある樹が混み合った園地の管理は、うちには該当しないね」
と感想をいただきました。


blog_gotom14-2.jpg  
赤線が引かれた資料


blog_gotom14-3.jpg
力強い赤線の様子


 配布資料作成時には、"全体的"なことを記載します。人によっては、記述が該当しない方もいます。今回お会いした方のように、自分に必要なことが書いてあるだろうかと考えながら読んでもらったという感想を直接いただくと、改めて"全体的な"記述ながらも、工夫を怠らず、資料作成しようと思いました。


blog_gotom14-1.jpg
かぼすの小さなつぼみあり


 しとしとと春の雨が降る中、かぼすも発芽し、小さなつぼみが見えるようになってきました。植物の生育のように、今年度もこつこつ本ブログに投稿していきますので、よろしくお願いします。

出藍の誉れ

2022.04.27

 桜が咲き誇った3月、この普及指導員ブログでも大先輩である塩崎さんが、ご退職されました。これまでも技術の実証や普及に努められてきた先輩は、「やりたいことがあるんだ」と前向きなお話をされながら新たなステージへ踏み出されました。さらなるご活躍を心から願っています。
 

 今回は、そんな塩崎さんと一緒に、経営指導で果樹の生産者のところへ伺った時の思い出を投稿します。
 対象の方は、果樹園より上にある見通しのよくない雑木林の金網柵の隙間をぬって、鹿が侵入してくることに大変苦慮されていました。労働力も限られるため、広い雑木林の草管理は容易なことでありません。

 そんな話をしていると、塩崎さんは園地の周囲を歩いて環境を確認した後、
「牛を飼いませんか」
と生産者に提案しました。大分県は、レンタカウ制度といって放牧にトライしてみたい生産者に牛を貸し出す仕組みがあります。放牧の良さ、難しさを軽快に説明され、心動かされた生産者の決断により、その年の夏にレンタカウの実施が決まりました。

 そこからは、果樹担当の私→畜産担当の普及指導員、畜産試験場と協力し、放牧を実施します。仕事をする上で、関係者、関係機関の『連携』が重要と説かれますが、『連携』は"必要"にかられれば声高にせずとも、するするとすすんでいきます。


blog_gotom13-1.jpg
畑を見下ろす牛2頭(7月)


blog_gotom13-2.jpg
放牧した後の様子(3月)


 試験場からやってくると、牛たちは夏から秋にかけて順調に草を食べ尽くし、予定より早く試験場に帰っていきました。
 牛たちが健康に過ごせたのは、放牧初トライだった生産者のご努力のたまものです。フォローアップした畜産の普及指導員の細やかな対応も大きかったです。現在、牛たちがきれいにしてくれたことにより、生産者は継続して園地の草管理を続けられています。


 ちなみに最初のアイデアを出したところだけが、塩崎さんのお仕事だったわけではありません。今回、放牧にトライしたことがなかった若手普及員へ「○○さんに相談するといい」、「自分が放牧を現地で実施したときはこうだったよ。電柵の設置方法はこうやったよ」と、背中を押したり支えたりしてくれました。


 塩崎さんが去られた後も地域に、生産者に、私のような普及員に、実際の現場と考え方が残っています。塩崎さんが重ねた色にさらに新しい色を重ね、"出藍の誉れ"となりたいです。

1  2  3  4

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ