普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

岩手県
菅野千聖

業務内容を紹介します!ヤマブドウ編③

2021.02.17

 岩手県久慈農業改良普及センターの菅野(かんの)です。今年もよろしくお願いします!
 第6回の今回は、ヤマブドウの加工に関する業務についてお知らせします。


 令和2年度、野田村の地域おこし協力隊が中心となり、野田村にあるジュースの加工施設を活用してジュースの試作に取り組み、普及センターではジュースの商品コンセプトの整理や製造・販売に向けたアドバイスなどを行いました。


blog_kanno6-1.jpg  blog_kanno6-2.jpg
左 :ジュースの加工場と機械の使い方を確認中
右 :品種別に絞ったジュース(品種や収穫時期によって、ジュースにした時の色や味が大きく異なります)


 12月末には、野田村産ヤマブドウ100%ジュース「たますぽおろぎ」が完成しました!
 商品名は岩手県三陸地方の方言で「驚くほど」という意味で、3種類のヤマブドウをブレンドし、「驚くほど」飲みやすく、おいしい仕上がりになっています。
 商品は収穫ボランティアの参加者に優先して販売されるほか、後日、ネパリ・バザーロの通販ショップでも販売されるとのことです! 是非ご賞味ください!


blog_kanno6-3.jpg
完成! ヤマブドウジュース「たますぽおろぎ」


 試作に関わった地域おこし協力隊のひとりは、令和3年度からヤマブドウでの就農を希望しており、「自身が栽培したヤマブドウを使って、ジュースを製造してみたい」と話しています。
 普及センターでも、引き続き伴走支援を行っていきます!

菅野千聖

岩手県久慈農業改良普及センター経営指導課の菅野千聖(かんのちさと)と申します。園芸経営体の経営発展支援と地域特産果樹(ヤマブドウ)の担当をしております。県職員歴は8年目、普及員としては5年目となりました。
本県の農業の現状や久慈地方の良さを皆様にわかりやすくお伝えできるよう頑張りますので、よろしくお願いします!

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ