普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

長崎県
内田早耶香

内田早耶香

長崎県五島振興局農業振興普及課の内田です。普及員5年目の農産担当(水稲、麦、大豆、かんしょ等)です。農家さんのお役に立てることを夢見て、日々現場に出ています。

麦の成長

2020.02.27

 本格的にスギ花粉が飛散しています。
 スギ花粉症の皆様、ご健勝でしょうか。私は市販薬で乗り切っています。


 さて、五島地域の麦は、播種後から概ね日平均気温が高く、平年よりも生育が早いようです。


blog_uchida17_1.jpg


 掲載している写真は、事情により播種が遅れてしまった圃場の麦ですが、平均気温が高いため、平年の生育と同様のステージ(幼穂形成期)まで進んでいます。


blog_uchida17_2.jpg  blog_uchida17_3.jpg


 生産産者の方々へは引き続き、暖冬にあわせた情報提供を行っていきたいと思います。


ツイッターで五島の旬な情報を発信中!


土壌分析を行いました

2020.02.10

 九州では、そろそろスギ花粉が飛散する時期ですね。
 私はスギ花粉症なので、ちょっぴり憂鬱です。


 さて先日、肥料試験圃場の土壌分析を行いました。
 写真は「トルオーグ法によるリン酸の抽出」の際に撮影しました。


blog_uchida16_1.jpg


 作物を順調に生育させるために、施肥量は重要です。
 写真のように、土壌中に含まれるリンやカリウムなどの量を分析することで、施肥量が適正か判断することができます。

 肥料試験圃場では、土壌分析結果をあわせて考えることで、適正施肥量を判断します。その結果を生産者の方々へお知らせすることで、高品質・高収量の作物生産や、ひいては所得向上に貢献したいです。


ツイッターで五島の旬な情報を発信中!


青年の発表大会が開催されました

2020.01.29

 ここのところ荒天ですが、皆様ご健勝でしょうか。
 五島地区も一昨日は雨風が強く、船の便にも影響がありました。


 さて、先日「令和元年度 五島地区 青年農業者連絡協議会 実績発表大会」が開催されました。
 

blog_uchida15_1.jpg


 大会では、五島地域の青年農業者が、2部門で発表を行いました。
 優秀賞は、意見発表部門で「親父の背中と私の目標」と題し発表したYさん、プロジェクト発表部門で「タンパク質補助飼料を用いた子牛発育向上対策」について発表を行ったKさんでした。
 優秀賞受賞者は、長崎県大会に出場します。お二人が県大会でも優秀な成績を収め、その先の九州大会、全国大会に出場・受賞できるよう、応援したいと思います。


「青年農業者連絡協議会」とは、若手農業者の集まりです。会員がそれぞれの活動を通じて、"日本や世界で貢献できる農業者"となることを目指しています。


ツイッターで五島の旬な情報を発信中!


麦がグングン生長しています

2020.01.10

 2020年、いよいよ東京オリンピックがやってきますね。
 本年もよろしくお願いします。


 さて、五島地域の麦は、播種後概ね2か月が過ぎました。
 例年だと分けつ肥や麦踏み等の時期ですが、年末から引き続き日平均気温が高く、平年よりも生育が早いようです。


blog_uchida14_1.jpg


  写真は例年同様の生育速度の圃場です。しかし、地区によっては生育が早く、幼穂が形成され始めている圃場もあります。
 麦生産者の方々へ、暖冬にあわせた情報提供を行っていきたいです。


ツイッターで五島の旬な情報を発信中!


麦の栽培講習会を行いました

2019.12.26

 五島地域は、平年よりも暖かい日が続いています。
 皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 さて、五島地域の麦は、播種後おおむね1か月が過ぎました。今年は暖冬の影響もあり、平年よりもやや生育が早いようです。


blog_uchida13_1.jpg


 そんな中、栽培講習会を開催しました。
 内容は、「麦の今後の管理(追肥、防除)について」です。とくに硬質小麦は、子実のタンパク含量が少ないとランクが下がってしまうので、重点的に説明を行いました。

 参加者からは、「基本に基づいた管理を行い、収量・品質の良い麦を栽培したい」などの前向きな意見があり、今後の栽培管理について、意識向上が図られました。


ツイッターで五島の旬な情報を発信中!


1  2  3  4

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ