普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

長崎県
内田早耶香

内田早耶香

長崎県五島振興局農業振興普及課の内田です。普及員5年目の農産担当(水稲、麦、大豆、かんしょ等)です。農家さんのお役に立てることを夢見て、日々現場に出ています。

早期水稲の収量調査をしています

2019.09.13

 五島地域では、以前ご紹介した早期水稲について、収量調査を始めたところです。
 現在、調査用に坪刈りした株の脱穀が終わったところで、これから収量構成要素等を調査し、今年産の早期水稲について成績を取りまとめていく予定です。

 今年度は登熟期の気温が平年よりも高かったので、白未熟粒を心配しています。高温耐性品種が特性を発揮し、背白粒等が少ないことを祈りながら、品質の確認も行いたいと思います。


blog_uchida6_1.jpg


 秋は新米が食べられるので、好きな季節です。
 皆様も是非、おいしい長崎県の新米をお召し上がりください。


ツイッターで五島の旬な情報を発信中!


甘藷も大きくなってきています

2019.08.27

 五島は雨が続いています。長雨や日照不足の農作物への影響が気になる今日この頃です。皆様いかがお過ごしでしょうか。


 さて、五島地域は甘藷の生産地でもあります。焼き芋としてはもちろん、五島の特産品「かんころ餅」の原料としても重宝されています。
 「かんころ餅」とは、ゆで干しした甘藷と餅米等を混ぜてついたもので、五島地域で昔から食べられていました。そのまま食べても、焼いて食べてもおいしいです。


blog_uchida5_1.jpg blog_uchida5_2.jpg


 5月~6月頃に定植した甘藷は、青々と葉を茂らせ、収穫に向けて成長を続けています。順調に生育すれば、9月下旬頃から収穫を開始できます。

 青果用・加工用ともに、おいしく生育しますように。


ツイッターで五島の旬な情報を発信中!


収穫が近づいてきました

2019.08.14

 台風が近づいていますが、いかがお過ごしでしょうか。五島は強風域に入る予報となっており、農産物に被害が出ないか心配しています。

 さて、以前お伝えした早期水稲について、そろそろ収穫の時期が近づいてきました。今年の五島の日平均気温は平年と比較して、6月下旬から7月にかけて低く、7月下旬の梅雨明けから高くなりました。結果として、平年よりも1週間程度、成熟期が遅くなっています。


blog_uchida4_1.jpg  blog_uchida4_2.jpg

 適期管理が行われ、子実はしっかり充実しています。農家さんの愛情たっぷりの美味しい「五島の米」です。普通期水稲も美味しいお米ができますように。


ツイッターで五島の旬な情報を発信中!


台風にも負けず

2019.07.26

 台風6号が発生していますが、皆様ご健勝でしょうか。
 五島は7月19日から20日にかけて台風5号が通過し、降水量は2日間で約400mmとなりました。

 五島の大豆は、台風にも負けず元気です。やや風に揉まれた形跡はありますが、例年通り順調に生育しています。


blog_uchida3_1.jpg blog_uchida3_2.jpg


 五島地域の梅雨明けは7月24日だったので、これからしばらく好天が続きそうです。開花着莢期には雨が降るよう祈りながら、今は大豆の生育を見守りたいと思います。

ツイッターで五島の旬な情報を発信中!


走穂でました!

2019.07. 9

 暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。五島はしばらく雨が続いていましたが、ここ数日は晴れ間がのぞくようになりました。


 さて、本日田んぼを調査したところ、早期水稲の走穂が出ていました。今年の五島の気温は平年と比較して、5月から6月中旬が暑く6月下旬から7月にかけて涼しかったので、いまひとつ出穂時期が読めませんでしたが、平年とほぼ同様の時期で安心しました。


blog_uchida2_1.jpg blog_uchida2_2.jpg


 しっかり中干をした圃場なので、刈取時のコンバインの重量を気にすることなく、収穫ぎりぎりまで貯水できます。これからたっぷり水を吸収して、収量・品質の良い「五島の米」ができるといいなと思います。

ツイッターで五島の旬な情報を発信中!


1  2

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ