普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
井上徹彦

農作業安全個別相談会

2019.01.31

 高岡市の認定農業者である(有)今城農園では、一昨年度1名、昨年度1名を雇用し、現在従業員3名と社長、そして両親の6名で水稲約40ha、大豆約17ha、里芋2ha、ハーブ0.1haを栽培しています。
 今城社長は、社員に対して積極的に技術指導をするとともに資格取得を促していますが、次年度から「とやまGAP」に取り組むことに決め、昨年末1名の従業員にGAP指導員の資格を取得させました。


 そんな中、農業経営者総合サポート事業の専門家として、労働安全コンサルタントである(同)片山安心コンサルタント代表社員の片山昌作氏が新たに加わったことから、今城社長に「農作業安全個別相談会」の開催を持ちかけ、今城農園の社長以下6名全員に、座学と現場での安全指導を体験してもらいました。

 座学では、労働安全衛生法で要求される免許や講習について学ぶとともに、JGAPにも活かせる様々な文書の作成や保存方法、そして設備などの各種点検のやり方について説明を受けました。

 
blog_inoue11-1.jpg
資料を基に労働安全について学習


 また、防除などで使うマスクについても、防塵、防毒など種類がいろいろあり、効果を保証されている使用時間や薬品のタイプも確認して選ぶ必要があること、そして付け方なども教えてもらいました。


blog_inoue11-2.jpg 
マスク装着練習

現場では、事前に確認してあった作業場や農業機械などを回り、トラクターでは事前の点検や乗り方の手順など、今まであまり意識せずに行っていた日常作業に対して、しっかり指導してもらいました。


blog_inoue11-3.jpg  blog_inoue11-4.jpg
左 :資料を基に労働安全について学習
右 :乗り降りする際は、左手で取っ手をつかむ。


 わずか半日の指導でしたが、たくさんのことを学べたと、今城社長をはじめ社員全員が大変喜んでいました。引き続き、各種作業シーズンに片山コンサルタントを呼んで、その時々の注意事項をパートさんと一緒に研修するとともに、もし、農場やほ場に安全上の問題点があれば指導してもらいたい、とのことでした。


 なお、今回使った資料は片山先生のご厚意で片山安心コンサルタントのHP上にアップしていただきました。農作業や農業者への指導の参考にして下さい。


▼今回使用した資料はこちら(片山安心コンサルタント合同会社)


井上徹彦

富山県高岡農林振興センターで、担い手と経営指導の担当をしています。
ただし本来は花きが専門なので、時々現地で花き栽培についての指導をすることも♪

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る