普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
井上徹彦

井上徹彦

富山県高岡農林振興センターで、担い手と経営指導の担当をしています。
ただし本来は花きが専門なので、時々現地で花き栽培についての指導をすることも♪

山本研究員による第三者継承研修と現地調査

2018.11. 2

 農業従事者の高齢化と後継者不足が言われ始めてから、かなりの年数が経過しました。
 政府は2017年の成長戦略の中で、『40代以下の農業従事者を現在の約20万人から10年後には40万人に倍増させる』という目標を掲げ、これに先立ち2000年から『青年就農給付金』を、2012年から『農の雇用事業』が始まりました。
 その効果もあり、高岡農林振興センター管内では45歳以下の新規就農者が、毎年20人前後誕生しています(ほとんどは農の雇用を活用した雇用就農)。
 一方、施設やほ場などの「有形資産」及び、栽培技術や販売ルートなどの「無形資産」が十分あるのに、経営内(親族内)の後継者不在によって離農につながるケースがあり、県農業経営課のアンケート調査によって、数年以内に第三者に経営委譲を検討している経営体が、当センター管内にも複数あることが明らかとなっています。


 農研機構では以前より第三者継承の調査を続けてきたとのことで、研究を担当している山本研究員が、高岡管内の2事例について調査するために11月1日から2日にかけて来県されました。
(農研機構では、今年度末に新たな経営継承マニュアルを作成するとのこと)


blog_inoue6-2.jpg
居抜きによる第三者継承例(酪農)


blog_inoue6-3.jpg
合同会社設立による第三者継承例(主穀作+チューリップ球根)


 そこで、山本研究員が来県された機会を利用して、当センターの職員に対する「事例を中心とした第三者継承の現状と課題」について講義していただきました。


blog_inoue6-1.jpg
第三者継承研修会の様子


 支援チームによるコーディネートで移譲者と継承者のマッチングがうまくいっても、その後継承まで至らない場合が多いこと、第三者継承がうまくいくためには「並走期間」を長くし過ぎないことなどが重要であると分かりました。


 現在、当センターでは経営継承に悩んでいる経営体をいくつか抱えていますが、それらは今回調査した事例やその他の管内事例とは異なった条件にあり、そのまま参考にはできません。
 そこで、それらの事例が移譲者と継承者の双方が喜べる成功事例となるよう、作成中の農研機構のマニュアルを参考にするとともに、今年度中に県外調査を行って、成功事例と失敗事例を学んでくる予定です。

キャベツの品種比較試験

2018.10. 3

 富山県では、2010年からJAの園芸作の取組みを支援し、野菜等の大規模産地づくりを加速するため、県単の補助事業である「1億円産地づくり支援事業」を新たに開始しました。
 『メルヘンの街おやべ』として有名な小矢部市と隣接する高岡市福岡町をエリアとするJAいなばでは、2010年から加工業者に卸すキャベツの栽培を始めました。生産者と指導者が一丸となって栽培に取り組んだ結果、2017年度は約20ha、今年度は約24haと、作付面積は年々拡大しています。


blog_inoue5-1.jpg
7月に定植した秋どりキャベツほ場(8月23日)


 加工用キャベツは単価を抑えるため、良い悪いを選ばずに一斉に収穫するなど収穫作業の省力化を図る必要があります。また実需者側からは、加工時の歩留まりや作業性向上のため、市場出荷用のM・Lサイズ(1.0~1.6kg)よりも大きいサイズが求められています。つまり、生育ムラがなくて大きくなるキャベツ品種がいいということです。

 そこで、今年新規採用された当センターの技師が『一人一課題(※)』として、小矢部市の気候や土壌条件に合った加工用キャベツの品種選定を目的に、8月23日に7品種の秋冬どりキャベツを定植しました(今回、井上はそのお手伝いです)。

関係機関等との密接な連携により地域の課題(技術・経営・普及方法)を解決することで、現場での課題解決能力の向上を図る調査研究


blog_inoue5-2.jpg
新規採用職員が、メルヘンな建物をバックに機械植えした試験区を手直し中


 定植から6週間経過しましたが、7品種中育苗時の生育不良で活着が悪かった1品種を除いて、6品種は概ね順調に生育しています。
 この中から、より良い品種が見つかることと合わせ、技術指導による品質・単収の向上により、管内主穀作経営体へのキャベツ栽培の定着と経営安定につながることを、経営支援班の一員として私も心から願っています。


blog_inoue5-3.jpg
10月3日の様子(植え付け6週間後)

管内で現地検討会が開催されました

2018.09.18

 富山県環境にやさしい農業・適正農業推進協議会では、毎年現地検討会を開催しています。
 今回は8月22日に、高岡農林振興センター管内の射水市で開催され、「環境にやさしい農業」や「JGAP」の取組みについて現地視察や検討会が行われました。

 現地視察では、最初に(農)あしつきの郷に訪れました。
 平成26年1月に設立した(農)あしつきの郷は現在の経営面積が75.2haで、構成員の他に地域外からの専従者を3名雇い、主穀作に加え野菜などの複合化にも取り組んでいます。
 環境保全型農業として緑肥を利用した『減農薬・減化学肥料』による特別栽培米づくりを行っていて、エコファーマー認証を取得しています。また、地域内には水温12~14℃ の清流か湧水のみで生育する県指定天然記念物「あしつき藻」が自生しているので、米を「あしつき米」として商標登録しており、今後は直売も考えているとのことでした。


blog_inoue4-0.jpg
説明する高橋代表


 次に、JAいみず野の野菜集出荷施設を視察し、えだまめの集出荷施設や調整作業などを見学しました。
 JAではえだまめ(作付面積:30.7ha)の特産化に取り組んでおり、現在JAが事務局となって23経営体で構成するえだまめ部会で、県内初めてとなるJGAPの団体認証を取得する見通しとなっています。
 ちなみに、この部会で生産しているえだまめの主力は黒大豆のたんくろうであることから、商標登録した『富山ブラック』の愛称でブランド化を図り、首都圏を中心に出荷量を伸ばしています。

blog_inoue4-2.jpg blog_inoue4-3.jpg
施設の様子(左)と機械選別の様子(右)


 その後の現地検討会では、参加した委員から『富山県でも、人口減少、労働量不足などのハードルを越えて、地産地消に向け今後のGAP普及をお願いしたい』や『GAPの認定には支援があるが、更新についても応援して欲しい』などの意見が出ました。また、生協の役員でもある委員からは、『富山県産がどのようにして作られているのかを消費者に伝え、値段は高いが安全・安心な「地元商品」を育てていきたい。「SDGs(持続可能な開発目標)」にもつながっていくので、どんどん情報を教えてもらいたい』などの発言もありました。


blog_inoue4-4.jpg
現地検討会の様子

認定新規就農者の現地巡回指導

2018.08.16

 高岡農林振興センター管内では、『次世代人材投資資金(開始型)』や『農の雇用事業』を活用して、近年では毎年で20人前後の新規就農者が誕生しています。
 その中には、お盆時期前後に出荷ピークとなる小ギクや日本なしの生産者がいることから、8月9日に経営支援班長と園芸振興班長とともに現地巡回を行い、今年の作柄や今後の作業の段取りなどの確認をしてきました。


 最初に巡回したのは、就農3年目のSさんのほ場。Sさんは、小ギク栽培3年目であるにもかかわらず、毎年市内で一番品質のいい切花を出荷しています。
 昨年は、残念ながら開花時期がお盆に間に合わず、6割以上を出荷することができませんでした。そこで、今年から、赤色LEDを活用した電照栽培に取り組みました。
 今のところ、ほ場の9割がお盆までに咲く予定です。


blog_inouet3-1.jpg
キクほ場を見る経営支援班長(高岡市)


 次に、就農2年目の日本なし生産者のSさん。なし園が2市にまたがっており、毎日忙しそうです。
 富山には『呉羽なし』としてブランド化しているなし産地があり、『幸水』の出荷が8日から始まっています。
 Sさんのほ場でも成園のほとんどが幸水ですが、今年は猛暑と水不足のためまだ果実が小さく、出荷も13日の週からの予定です。
 なお、Sさんはジョイント栽培にも取り組んでおり、早期の成園化で経営の安定化を目指しています。


blog_inouet3-2.jpg
S氏の現況を聞き取る経営支援班長と園芸支援班長(射水市)


 最後に、今年から射水市で小ギクとトマトなどを生産しているOさん。やや切り遅れの花がありましたが、病害虫はなく、ひと安心。
 また、Sさんと同じく赤色LEDを活用した電照栽培に取り組んでおり、8月10日には全量が出荷されました。
     

blog_inouet3-4.jpg
O氏のほ場は、95%以上が出荷済み(射水市)


 今回訪問した3名はいずれも独立自営就農の方々で、みなさん早期の経営安定を目指して、基本技術の徹底に熱心に取り組んでいらっしゃいます。

 今後も、主穀作や園芸(ハウスイチゴ、ナガイモ、レタス及びモモなど)そして酪農など、独立自営就農から年数の浅い生産者のみなさんの経営を、ほ場での技術指導と決算時期を中心とした経営指導でバックアップしていく予定です。

「れんげの会」研修会

2018.08. 8

 高岡農林振興センター管内(高岡市、射水市、氷見市、小矢部市)の若い女性農業者で構成する「れんげの会」は、農業への参画意欲を高め、仲間づくりを進めるために、毎年研修会を開催しています。

 今回の研修はメンバーなど12人が参加し、管内の農業女子が取り組んでいるハーブ畑の見学と、ハーブの効能についての学習、そしてハーブを使ったリース作りを体験しました。


blog_inouet2-1.jpg
ちょうど花盛りだった"マーシュマロウ"。以前は、お菓子のマシュマロの原料として使われていました。【効能】消化器系の炎症や呼吸器系の不調に効果あり


 ハーブガーデン平田の園主である金丸さんは、自分がハーブで心身ともに元気になった体験から、ハーブを通してたくさんの人を元気にしたいと一念発起し、亡くなられた祖母の田んぼを借りてハーブ農家になりました。
 現在は100種類以上のハーブを、農薬や化学肥料を使わない地球にやさしい農法で栽培しています。
 また、平田さんは農林水産省の農業女子プロジェクトに参加して、他県のメンバーとともに「女子の視点」からミニ耕耘機の改良などにも携わっています。
 

blog_inouet2-2.jpg
ピンクの服と揃いの帽子が、園主の金丸さん


 ハーブ園では、その効能を学ぶだけでなくそれぞれの葉の香りをかぐなどし、参加したメンバーは興味津々の様子でした。


blog_inouet2-3.jpg
オレガノの香りをかぐ参加者


 ハーブ園の見学後は、ハーブやトウガラシ、松ぼっくりなどを使い、それぞれのセンスでハーブリース作りを体験しました。
     

blog_inouet2-4.jpg blog_inouet2-5.jpg
左 :ハーブティを飲みながら、グルーガンと針金を使ってリースを作成しました 
右 :子どもには、白とピンクと青のグラデーションがきれいな"コモンマロウ"カルピスをプレゼント♪

                       

 1時間足らずで、みんな素敵なリースを完成させました。お疲れ様でした。


blog_inouet2-6.jpg

1  2

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る