普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

島根県
長妻武宏

鳥獣「サル被害対策」研修会

2021.08.26

 島根県内は、どの地域でも獣害対策が必要となりますが、サル被害となると通常の電気柵やフェンス(ワイヤーメッシュ)だけでは、なかなか防げないのが現状です。大田市では、最近はビニールハウスの中にも入ってきて、困っています。
 そこで、市内3地区の営農組合を対象に「サルの農作物被害対策」研修会を開催しました。
 この3地区は、5年ほど前までは時々サルを見かけることはあっても、農作物被害を出すような群れはいなかったということでしたが、実際、三瓶山周辺は、県のサル生息マップにもプロットされていない地域です。


blog_nagatsuma61_2.jpg blog_nagatsuma61_1.jpg


 なぜ?サルが農作物被害をだすのか。成獣の体重とか記憶力が高いなど、サルの行動や防除柵の設置などの座学を行いました。質疑では、追い払いや網のことなど様々な質問がありました。
 同じ県央事務所の林業部の岩下鳥獣専門員に講師をお願いしましたが、農業者向けの、わかりやすい内容となりました。


blog_nagatsuma61_3.jpg


研修会場(右後ろの平屋)の近くにある案山子にも、サルが作られていました

長妻武宏

島根県の長妻です。畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員としてになりたいと思っています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ