普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

島根県
長妻武宏

島根県GAP:食用ほおずき現地審査

2021.07.19

 大田市では、食用ほおずき(美味しまねゴールド)を栽培する新規就農者がいます。今年の2月から、担当となりました。


blog_nagatsuma60_1.jpg


 ネットなどで調べて勉強しているようなので、栽培方法については、ほぼ指導することはありませんが、島根県版GAP取得のための指導を3月から行っています。
 ほおずき以外の野菜も栽培しているため、作業の合間や雨の日に、チェック項目に沿って準備をしていきました。
 審査では不適合が5項目ありましたが、書類の不備や掲示だったため、是正報告は容易にできる範囲です。


blog_nagatsuma60_2.jpg


 実は「食用ほおずき」は今まで食べたことがなく、今回初めて食べてみました。
 子供の頃に、お盆に飾ったほおずきの実がおいしそうだったのでかじってみたことがありますが、青臭くて苦いような味でした。そんな経験もあり、一口目は勇気がいりましたが、甘くてパリッとした食感の果物。何に例えていいのか分かりませんが、何個でもいけるという感じです。
 認証は、10月以降の予定です。

長妻武宏

島根県の長妻です。畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員としてになりたいと思っています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ