普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

島根県
長妻武宏

島根県大田市「ごいせ仁摩」道の駅に新規登録

2020.08.21

 令和2年7月1日付けで、島根県内29番目となる道の駅「ごいせ仁摩」が新規に登録されました。道の駅は全国で1180駅、中国地方では107駅となります。
 「ごいせ仁摩」のオープンは、令和3年10月頃の予定です。建設予定地は、山陰道仁摩IC出入口に隣接していて、「世界遺産石見銀山」まで約7kmに位置しています。物産販売、レストラン、RVパークやドッグランのほか、来年開催予定の全国植樹祭後に、お野立所を移築した屋根付き観覧スペースも整備される予定です。


blog_nagatsuma48_1.jpg
建設予定地(インター出入口の真向かい)


blog_nagatsuma48_2.jpg
石見銀山へ行く道路沿いにある景勝地:龍岩とノウゼンカヅラ


 地元の農産物販売も計画されていて、7月下旬~8月下旬にかけて、市内12地区で農産物出荷について意見交換をしています。各会場の出席人数は少なく、出席者0人の会場もありますが、出席された農家からは、出荷意欲の高い声も聞くことができました。


 今回は、大田市の仁摩町と温泉津町を中心とした意見交換会でした。
 個々の農家の生産量単位が少ないこともあり、生産した農産物を物々交換したり、無料(タダ)で配ったりという地域なので、今後販売まで結びつけられれば良いと思いました。

 また、サル被害が多い地域なので、対策指導をする必要もあります。
 ちなみに、「ごいせ」というのは、仁摩町沿岸部の方言で「いらっしゃいませ」に近い、あいさつの言葉で、「ごいせ祭り」という夏祭りもあります。

長妻武宏

島根県の長妻です。畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員としてになりたいと思っています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ