普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

島根県
長妻武宏

KSASの研修会を受講しました

2019.03. 5

~平成30年度全国農業システム化研究会最終成績検討会~


 今年度の最終成績検討会は、第2分科会の大豆の実証課題が少なかったため、2日目は、営農支援システム「KSAS」(クボタスマートアグリシステム)の研修となりました。2人で1台のパソコンと、各自にIDとパスワードが割り当てられ、KSASを動かしてみるというデモ研修でした。


blog_nagatsuma39_1.jpg


 実際に使ってみた印象は、入力等の作業は、普段からパソコンやスマートフォンを使っている人なら誰でも使えるシステムだと思いました。ほ場の設定は地図上に点を打つだけなので、従業員がいる大規模経営に限らず、中小規模の農家でもほ場管理ができ、ありがたいと思いました。また、JGAPや、島根県だと県が認証する「美味しまね(おいしまね)認証」など、生産工程の記録にも役立つと思います。


blog_nagatsuma39_3.jpg


 畜産担当の普及員としては、ほ場管理と牛の管理ができれば、畜産でも助かるのではないかと思います。

長妻武宏

島根県農業技術センター技術普及部畜産技術普及課の長妻です。課の名前のとおり畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員として力になりたいと思っています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る