普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

島根県
長妻武宏

平成30年度第1回島根県肉牛枝肉共進会

2018.09.11

 今年度の第1回島根県肉牛枝肉共進会が、大田市にある島根県食肉公社で開催され、16農場と島根県農林大学校から去勢牛20頭、雌牛5頭の合計25頭が出品されました。
 最優秀賞は、益田市にある株式会社松永牧場から出品された去勢牛「西景3の3号」(BMS12・A5)に決まりました。松永牧場は県内最大の牧場ですが、牛の飼養管理・健康管理しっかりされていて、優秀な肥育牛を生産する牧場です。


blog_nagatsuma24_3.jpg
表彰式


blog_nagatsuma24_1.jpg  blog_nagatsuma24_2.jpg
最優秀賞を受賞した松永牧場の「西景3の3号」


 今回は、県農林大学校からの出品もありました。
 27.5カ月で、と畜前体重が837kgと発育の良い牛に仕上がり、BMS6、格付はA4という結果でした。
 今年度からは、脂肪酸測定(推定)値もあわせて公表するようになりました。
 最終選抜は普及組織で行いますが、選抜からもれた牛の方が良かったりすることもあるので、結果が出るまでは気苦労があります。

長妻武宏

島根県農業技術センター技術普及部畜産技術普及課の長妻です。課の名前のとおり畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員として力になりたいと思っています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る