普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

島根県
長妻武宏

稲WCS生産研修会に参加して

2018.03. 3

 JAしまね出雲WCS協議会の定期総会に合わせて開催された、「稲WCS生産研修会」に参加しました。
 研修会では、協議会のメンバーが生産したロールを開封して、品質を検討しました。耕畜連携の場合、稲WCS生産者が直接利用することなく販売している状況が多々あるので、自分たちが生産した農産物を確認し、今後の品質向上に役立てるための、よい機会だと思いました。


blog_nagatsuma7-1.jpg  blog_nagatsuma7-2.jpg
稲WCSを開封して確認


 初めて出雲市内に、ダイレクトカットの稲WCS収穫調製機械が導入された時には、出雲普及部で畜産を担当していました。当時は、いかに栽培面積を増やすかが最大の課題でした。品質の向上については、耕種農家と畜産農家との意見交換会などを開催していましたが、生産した稲WCSの確認などの機会をつくるということまでは考えつきませんでした。


blog_nagatsuma7-3.jpg
どれが良好か確認


 研修会には、当課から古瀬専門農業普及員が講師として参加していたので、県内の農産、畜産担当普及員へも参加の呼びかけを行いました。
 開催までの期間が短かったためか、参加者はかなり少なく残念でしたが、若い普及員(技師)の出席はあったので、よかったと思います。8個のロールを一度に開封して比較することは、普及の現場ではなかなかないことなので、よい研修となりました。

長妻武宏

島根県農業技術センター技術普及部畜産技術普及課の長妻です。課の名前のとおり畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員として力になりたいと思っています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る