普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

島根県
長妻武宏

長妻武宏

島根県の長妻です。畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員としてになりたいと思っています。

亥年末にイノシシの話

2019.12.27

 今年もイノシシの被害が多くありましたが、柵の普及により、年々少なくなってきたように思います。
 以前は、農作物の防護の物理柵としてトタンが使われてきましたが、近年、ワイヤーメッシュ型の柵が多く使われるようになりました。集落ごとワイヤーメッシュ柵で囲うこともありますが、数年もすると、イノシシの出入りが確認されるようにもなってきました。
 農家から相談を受けることもありますが、面的な変更が簡単にできる心理柵として、利用実績がある電気柵を勧めることがほとんどです。ただし、電圧などの管理をしっかりするよう指導をしています。


blog_nagatsuma45_1.jpg blog_nagatsuma45_2.jpg
イノシシの寝床(左)と、電気柵(右)


 今年、美郷町に山くじらブランド推進課が新設され秋には「山くじらフォーラム」が開催されました(山くじら=イノシシのこと)。
 美郷バレー(シリコンバレーをもじって)として産官学が集い、新たな電気柵の発表もありました。


blog_nagatsuma45_3.jpg

 
 昨年の豪雨災害では、イノシシ処理施設が水害にあいましたが、現在は新設工事が開始されています。
 ジビエ料理の食材として、イノシシ肉「おおち山くじら」が全国的に販売されていますので、見かけたら手に取ってもらえればと思います。

『A級グルメ』を支える野菜たち

2019.12.19

 「A級グルメの町」として話題となっている島根県の邑南町では、グルメを支える西洋野菜の栽培にも取り組んでいます。
 今回の巡回指導の対象は、邑南野菜の西洋野菜研究会に参加されている農家です。


blog_nagatsuma44_2.jpg blog_nagatsuma44_1.jpg
黄金カブ(左)とハウス内のようす(右)


 各農家の栽培面積は小さいですが、農家の人も、作った野菜がどんなスタイルで調理されるかをシェフから聞いて勉強され、熱心に野菜作りをされていました。


 ▼参考:にっぽんA級グルメのまち連合【島根県邑南町】(外部リンク)

「猿が近くで出るんです」

2019.11.18

 邑南町のブドウ栽培農家から「猿防除」の相談がありました。

 物理柵で防ぐことは難しいと考え、電気柵を紹介。
 組み合わせる方法もあるのですが、コストがかさむので、今回は電気柵のみとしました。


blog_nagatsuma43.jpg


 雑草対策として防草シートを敷き、その上に柵を立てています。
 段数は8段で、下から++++-+-+。約7000V確保でき、タヌキやイノシシやシカも防げる状態となりました。

 結果として、今年の出荷分の獣被害はなかったということで、ひと安心です。


県中部の中山間地域へ転勤となりました

2019.06.10

 管内には、国立公園三瓶山(さんべさん)や、中国太郎と呼ばれる江の川があります。


blog_nagatsuma42_1.jpg
三瓶山


blog_nagatsuma42_2.jpg
江の川


 昨年4月には、三瓶山を震源とする地震、7月には、江の川の洪水と自然災害に見舞われました。まだところどころ災害の爪痕は残っていますが、生活する上での不自由さは解消されていると思います。


 今年度は、情報発信の勉強も兼ねて、採用2年目の若手と2人でブログを書こうと思っています。
 また、『技術と普及』令和元年7月号では、「シリーズ普及指導センター紹介」で、在籍する県央事務所が紹介される予定です。よろしくお願いします。

しまねの水田園芸を伸ばすために

2019.03.29

~水田園芸推進研修会(出雲市)~


 出雲市で開催された園芸の研修会に参加しました。
 普段、畜産以外の作物研修会に出席することは少ないのですが、全国農業システム化研究会の運営委員の富山県の革新支援専門員、宮元史登氏が講師ということで、話が聞きたいと思いました。
 演題は、「富山県における水田でのたまねぎ等野菜生産の取り組みについて」。たまねぎの産地化に向けて、機械化体系、排水対策、育苗方法など、さまざまな検討を重ねて改善して産地化できたこと、失敗談や新聞に「...タマネギ苦戦」と報じられたことなど、普及活動の生の声や生産振興のための普及活動方法など、非常に役立つ話を聞くことができました。


blog_nagatsuma41_1.jpg


 そのほか、(株)メディカル青果物研究所研究開発室長から「加工・業務用野菜をめぐる情勢~」の講演や、県央事務所大田支所からは、排水対策を中心とした水田園芸の事例報告などがありました。

 島根県では、耕作地の大部分が水田なので、水田での園芸拡大に取り組むことが、農業産出額拡大の鍵となると思います。


1  2  3  4  5  6  7  8  9

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ