普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

佐賀県
平野稔邦

ドローンを使ってカラスを撃退!

2019.04. 3

 以前、当普及センターで活用しているドローンで撮影を行った際に、みかん園付近にたむろっていたカラスが、しばらく近づかなくなった事がありました。

 「もしかして、ドローンを飛ばせば、カラスを撃退できるのでは・・・」と考え、鳥獣外担当と検討したところ、「カラスより大きいドローンなら効果が期待できる」「逆にドローンがカラスにちょっかいを出される」等、さまざまな例があるようでした。

 そんな中、みかん園や周辺の雑木林にカラスが大量にいて、近隣の墓の花や庭の花をイタズラしたりするため、カラスが近づかないようになるなら、ドローンを飛ばしてみてくれないか、との話がありました。


 そこで今回、ドローンでの追い払いを試してみました。
 みかん園周辺のカラスの群れに向かってドローンを飛ばすと、一斉に飛び立つものや、気にせず止まり木で無視しているもの等、カラスによってさまざまな反応が見られました。
 私が30分程度執拗に追い回していると、あれだけいたカラスも見かけない状況になりました。多分、しばらく様子を見てから戻ってくるかもしれませんが、飛ばした効果は、一応あったのではと思われました。


blog_saga_hirano12-1.jpg  blog_saga_hirano12-2.jpg
左 :ドローンに追われるカラス群  / 右:ドローン(赤で囲まれた部分)


blog_saga_hirano12-3.jpg  blog_saga_hirano12-4.jpg
ドローン(赤で囲まれた部分)


 あまり頻繁に飛ばすとカラスが慣れてしまうかもしれないので、今後はカラスの発生具合に応じて不定期にフライトさせてみたいと思います。また、もう少し上手にカラスを追えるように、操縦技術を上げるよう、練習も重ねたいと思いました。
 このようなドローンの鳥獣害対策については、今後も報告していきたいと思います。

平野稔邦

佐賀県佐城農業改良普及センターで果樹を担当しています。佐賀県ではテレワーク推進の一環で普及指導員は、一人一台のタブレット端末を持ち日々の普及活動に活かしています。タブレットを活用した普及活動を中心に、産地の動き等を紹介します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る