普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

佐賀県
平野稔邦

みかんの根域制限栽培リース団地の造成進む

2019.01.28

 みかんの根域制限栽培は、気象要因に左右されずに高品質果を安定的に生産することが可能な栽培法で、これまで管内では、約60aで栽培されていました。ただ、補助事業の対象であっても導入経費が高いなどの課題もあり、思ったほど増えない状況にありました。そこで、JAが中心となって、耕作放棄地を基盤整備して66aのリース団地を造成する事業に取り組んでいます。


blog_saga_hirano10-1.jpg


 今回、入植予定の5名の生産者を集めた現地検討会を開催し、これからの定植等の管理作業や用水確保のための事業内容を確認しました。寒い中ではありましたが、これから栽培に取り組むリース園地を前にして、入植者の高い生産意欲が伝わってくる、熱気ある検討会となりました。


blog_saga_hirano10-4.jpg


blog_saga_hirano10-2.jpg
造成された圃場での検討会


blog_saga_hirano10-3.jpg
用水タンクの位置を検討


 これまで普及センターでは、根域制限栽培みかんに対しては細かい栽培指導等の支援を実施してきましたが、今後も関係機関と連携を取りながら、高品質のみかん生産と安定的な所得向上に向けて取り組んでいきたいと思います。

平野稔邦

佐賀県佐城農業改良普及センターで果樹を担当しています。佐賀県ではテレワーク推進の一環で普及指導員は、一人一台のタブレット端末を持ち日々の普及活動に活かしています。タブレットを活用した普及活動を中心に、産地の動き等を紹介します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る