普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

普及職員協議会の支部別研修会

2020.08.12

 普及員の資質向上、スキルアップを目指しての研修は、どこでもされていることと思います。
 わが県でも、例年の各支部別(所属別)研修が行われました。
 今年度、自分が県の事務局を受けているからではありませんが、わが所属では、いつもと違うやり方(自分ではそう思っている)でやってみました。


 まず普及活動上の問題点を挙げて、それを「どうするか」という流れはやりませんでした。他の所属では、ほとんどがそうした指向でした。若手の悩みとか、ベテランと若手に別れてどうこうとか・・・
 それを否定はしないし、全く問題はないと思いますが、単に、それでは自分が物足りないだけだったからかもしれません。


 当事務所では、班分けして、司会進行とりまとめは若手にやってもらいました。これは、現場に出た際に、農家さんの組織作りや産地や組織の合意形成に役立つように、との思いからです。そして、テーマは「産地確立やブランド確立に向けて普及員は何をやるか」です。これを各部門でやってもらいました。米、肉、野菜、花、などなどです。時間の関係上、こちらが思うところまでは到達しなかった感じもありますが、おおよそ、普及が何するか、までは行き着いたようです。


blog_shiosaki142_1.jpg
8割を超える参加でした。司会進行とりまとめをする若手には、何でも良いから自分の気になるブランドについて、なぜブランドになったのか、歴史や背景を事前に調べてもらい、なぜ自分がこれを気に入っているのかも出してもらいました。そして自分の関わる産品のブランド化、産地確立などをどうすればできるかを見ていく流れでした


 問題はここからです。何をするのか、机上では出そろいましたが、実際にそれをどのように、だれがやるのか。やった結果どうなるのか。やるべきことをやれば、その結果として目指すところに近づいていく、目的を達成する方向へ状況が変わっていくはずです。
 もし、そうした状況変化が生じないとすれば、目的そのものが現実的でないか、目的達成のためにやっていくこと、目の前の目標や行動が乖離しているのです。これをどのように進捗管理して積み重ねていくのか、など、具体的対策が出てくるはずです。この普及活動の進行管理はどうなっているのか、と。
 ある参加者の、「若手どころか、ベテランもスキルアップしなければならない」という意見に繋がって行きそうです。


blog_shiosaki142_2.jpg
班ごとに温度差はありますが、やっぱり、こうやると、意見は出やすい。自分たちが研修している手法を、現場でもやってみよう!

塩崎洋一

大分県豊肥振興局で経営全般の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ