普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

久々の牛さん

2020.06. 4

 普及現場で「全体像を把握する」と言えば、どんなイメージでしょうか。
 この日は、若手2人を連れて、久しぶりの肥育現場です。先般紹介したAくんと、久しぶりに畜産普及員になったNさんを連れて、行きました。


 「牛小屋に入っての観察は、五感を使うんじゃ」と言いながら、牛舎全体を見て、次に、牛房、飼槽、水槽、牛床、個体、牛房の中でのグループ、それぞれの違い、観察した時間帯にその光景は適切と言えるか、前回はいつ来たか、今の時期の季節要因で牛の状況は適切か、などなどを、さらに五感で見ていくのです。

 目、鼻、耳、口、手触り、感触での観察です。
「目」はイメージしやすいですが、どこ見てんだ、となる。「鼻」はアンモニア臭はしないか、など。「耳」は異常な鳴き声、排尿の音なのか下痢便なのか。「口」は、場合によっては飼料の味をみる。「手触り」は、飼料の乾燥度合いなど。「感触」は肌の感触ですが、牛舎内の風通しや湿度の感触の違いなどなど。状況によっては、さらに細かくなのは、言うまでもありません。

 加えて、技術改善をしっかりやっていくには、こうした観察に並行して個体の変化を数字で追いかけます。しかも、場合によっては体重とかだけでなく、血液検査もです。


blog_shiosaki140_1.jpg
この牛とこの牛、チェック。なぜかというと・・・・・じゃ、この農場の出荷前の組はさっきの農場と比べてどうか・・・変化で見るんじゃ、違いで見るんじゃ、というOJTでした


 農場を出た後には、「マスクをとれ! 匂いがわからんろうが。肥育の餌の話がもとじゃ、匂いがわからんでどうするんか!」というやり取りがあったのでした。

塩崎洋一

大分県豊肥振興局で経営全般の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ