普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

県の役員、やったろうぜ!!

2020.05.28

 ということで、管内の農業青年ONくんが、今年度の県組織の役員に立候補しました。県庁事務局のK普及員が取材に来て、時節柄、WEB挨拶回りにするそうです。


 ONくんは、林業青年もやっていて、先般、丸太の処理中にお邪魔した彼のことです。
 さらにお気づきの方がいるかもしれませんが、ONくんの実家は、管内の三重町というところに、ポツンと一軒家で建っています。先日は、お父さんお母さんがテレビに登場しました。彼も写真で参加したところです。


 それはさておき、この日、水田の受託作業中だったONくん自己紹介を動画に収めるため、JRでやってきたK普及員を乗せて、現地まで送っていると、
「ここが終わったら、隣町の青年組織のOTくんの畑まで送ってくれませんか」とのこと。
「いいけど、地元(の普及員)は行かんのか? 俺は管轄外やけど別に良いで。青年対応は普及員の"錦の御旗"じゃ、今日はそのつもりやし」
 それ以上は聞きませんでしたが、いつでもどこでもなんとかするのがプロ、と思っているので快く送迎しました。


blog_shiosaki139_1.jpg
"錦の御旗"とは言ったかどうか覚えていませんが、私の中では、完璧にそうなっています。「人」にフォーカスする普及活動、どこかに置き忘れている気がします、特に最近の○○組織においては・・・・ほんの一部のことだけかなあ。

塩崎洋一

大分県豊肥振興局で経営全般の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ