普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

成せるか、V字回復

2019.01.17

 昨年のお盆前のこと。
 「塩崎さん、うちの会社大変じゃ、もう駄目かもしれん。ちょっと決算書見てくれんかな」と、野菜農家のUさんからの電話。お盆の14日に伺った記憶があります。


 「猛暑と長雨にやられて、夏作の白ネギが予定の3分の1しかとれなかった。作付け面積を勘案して雇用は確保したままで・・・」との話。
 まずは数字を見てみると、前年売上から約3割の減収、これがそのまま一千万円を超える赤字になっていました。

 リストラをして乗り切りたいとの意向にあわせ、夏期労働力軽減のため、夏出荷の白ネギ面積8割カットなど、思い切った計画を立てたところで問題は、リストラ経費と当面の資材買掛精算となりました。

 労務管理上の問題もあり急ぐので、取引銀行にお願いに行くことにした次第。こちらは月別の売上推移や経営計画の見直しを作成して、銀行には別途お願いにも行きました。


 2週間で運転資金確保のめどが立って、9月中に何とか乗り切れそうな感触でした。その後は相場の追い風もあって、無事に正月を迎えることができたとのこと。安堵感です。
 年が明けて調整作業場に伺ったところ、リストラしても十分に稼働している様子でした。
 

blog_shiosaki120_1.jpg
社長のUさん自ら調整作業もやっています。農業における労働生産性、特に雇用型経営では重要なポイントのようです

塩崎洋一

大分県豊肥振興局で経営全般の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る