普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

研修内容を正しく伝達できるか

2019.01.10

 「普及活動の効率化」は以前から言われています。
 たとえば何かの研修会があって、これに参加したした人は、必要によりその内容を所内に徹底する。これは、全員がその研修会に参加するのではないので、当然「効率化」となります。が、問題は、研修会の内容を所内により正しく伝えられるかどうか、でしょう。


 この日は全体会議の中で、来秋予定されている消費税率変更に関連する研修会受講者からの伝達がありました。参加したYくん(左から3人目)とMさんからの説明に、みんなが納得できたか否か・・・・。


blog_shiosaki119_1.jpg
みなさん、しっかりと聞いていますが、きっと「現場でどうしようか」と考えていると思います


 「8%と10%の場合が出てきます。農家さんから『簡易課税と原則課税のどちらが得か』と聞かれるかもしれませんが、法律上、普及員の立場では回答はできないので注意してください。ですが、そもそも、損か得かではなくて、頂いた消費税は預かってるものです。この点、そもそも論が解っていないから損得になってしまうのです・・・・」と補足しました。

塩崎洋一

大分県豊肥振興局で経営全般の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る