普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

塩崎洋一

大分県豊肥振興局で経営全般の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

プロジェクト活動、始動

2019.01.31

 管内には2つの農業後継者組織(チームKとチームZ、とします)があります。
 そのうちの1つ、チームZは最近プロジェクト活動にご無沙汰していました。また、過去の色々な事情があってチームKは県連組織を脱退しています。そのため、県段階で行われるプロジェクト発表と意見発表の場に出場できるのはチームZだけなのです。だけど事情があって、プロジェクト活動をやっていませんでした。


 今年度、私はチームKの担当なのですが、チームZの担当者都合で、昨年末からこちらも受け持つことになりました。
 実は、私は平成15~18年度に農業青年の県連事務局を担当していた関係で、チームZのほとんどのメンバーと顔なじみです。
 そんなことで、年末の定例会で、以下のようなやり取りがありました。


【塩崎】 
「なあ、来年はプロジェクトやろうぜ、何か産地の課題はないかえ?」
【青年A】
「そうですね、今年は夏の高温障害ですね、でも、うちの3mではやられたのに、隣町の1.8mでは、そんなにひどくなかったんですよ」
【塩崎】
「そりゃあ、ハウス自体の容積が小さい方が熱量が上がらないやろうし、小さいハウスの方が空気は抜けやすいやろう。なら、いっそのこと6mで天井を抜いたらどうかえ。温度環境に違いがあるなら、ハウス自体の構造はその次じゃ。まずはやってみるかえ、何か少しでも予算をとるで、比較しやすい建てる場所あるか?」


と、あおったら、「やりましょう」となった次第。
ピンと来る人はいるかもしれませんが、何のハウスかは一応、ひみつ、です。


blog_shiosaki121_1.jpg
「飲み会」を「ただの飲み会」に終わらせないのが、普及方法のテクニックです


blog_shiosaki121_2.jpg
みんな部門は違いますが、各自そのプロです。仕事は違えども、手慣れたものです

成せるか、V字回復

2019.01.17

 昨年のお盆前のこと。
 「塩崎さん、うちの会社大変じゃ、もう駄目かもしれん。ちょっと決算書見てくれんかな」と、野菜農家のUさんからの電話。お盆の14日に伺った記憶があります。


 「猛暑と長雨にやられて、夏作の白ネギが予定の3分の1しかとれなかった。作付け面積を勘案して雇用は確保したままで・・・」との話。
 まずは数字を見てみると、前年売上から約3割の減収、これがそのまま一千万円を超える赤字になっていました。

 リストラをして乗り切りたいとの意向にあわせ、夏期労働力軽減のため、夏出荷の白ネギ面積8割カットなど、思い切った計画を立てたところで問題は、リストラ経費と当面の資材買掛精算となりました。

 労務管理上の問題もあり急ぐので、取引銀行にお願いに行くことにした次第。こちらは月別の売上推移や経営計画の見直しを作成して、銀行には別途お願いにも行きました。


 2週間で運転資金確保のめどが立って、9月中に何とか乗り切れそうな感触でした。その後は相場の追い風もあって、無事に正月を迎えることができたとのこと。安堵感です。
 年が明けて調整作業場に伺ったところ、リストラしても十分に稼働している様子でした。
 

blog_shiosaki120_1.jpg
社長のUさん自ら調整作業もやっています。農業における労働生産性、特に雇用型経営では重要なポイントのようです

研修内容を正しく伝達できるか

2019.01.10

 「普及活動の効率化」は以前から言われています。
 たとえば何かの研修会があって、これに参加したした人は、必要によりその内容を所内に徹底する。これは、全員がその研修会に参加するのではないので、当然「効率化」となります。が、問題は、研修会の内容を所内により正しく伝えられるかどうか、でしょう。


 この日は全体会議の中で、来秋予定されている消費税率変更に関連する研修会受講者からの伝達がありました。参加したYくん(左から3人目)とMさんからの説明に、みんなが納得できたか否か・・・・。


blog_shiosaki119_1.jpg
みなさん、しっかりと聞いていますが、きっと「現場でどうしようか」と考えていると思います


 「8%と10%の場合が出てきます。農家さんから『簡易課税と原則課税のどちらが得か』と聞かれるかもしれませんが、法律上、普及員の立場では回答はできないので注意してください。ですが、そもそも、損か得かではなくて、頂いた消費税は預かってるものです。この点、そもそも論が解っていないから損得になってしまうのです・・・・」と補足しました。

女性の農業経営管理能力向上

2018.11.19

 全国どこでも、農業に従事する女性組織の育成が図られているかと思います。
 当管内でも様々な活動がされていますが、その中のひとつに、経営管理能力向上をめざしたコースがあります。
 これは、継続して2年間、一定以上の研修を受け、最終段階では自家経営の状況や将来ビジョンを発表します。本県では「女性農業経営士養成講座」と称していますが、この日はその最後の発表に向けた、まとめの打ち合わせでした。


 作業を進める中で、正面右手のトマト農家Sさん。昨年度法人化して規模拡大もされたので、私も同席して状況を伺っていました。そして、「そうだ、ブログ用に写真を撮ろう」と、携帯を探しに退席して戻ると、担当のMさん(背中左側)が「息子さんが就農するので、給付金の話を聞きたいとのことです」となって、急きょ担当のAさん(背中右側)が加わりました。

 まさに普及の組織活動というところですが、こういう普及組織を活かすというか活用するスキル、これが農業経営では、意外なコスト削減につながると思うのです。


blog_shiosaki118_1.jpg
普及所に来ればワンストップできる、です。ところがこうした点については、遠慮しがちな農家さんが多いようです


 今回は研修のためもあり、自家経営のまとめを作っていますが、私が経営計画作成の手伝いをしている、ある農業法人の奥さんは、「これだけの計画書を民間に頼むと、何十万円か要るだろうねぇ」と話していました。また、その奥さんは他の農家さんに、「普及所に頼むといいよ。パソコンですぐに作ってくれる。その代わり、決算書も何もかも全部見せることだよ」と話しているそうです。

 ポイントは、「決算書も何もかも、経営に関する数字をすべて見せることができるか」です。「生活費の中身は出さなくていい、経営に関して全部出せるか」ですが、この意識は、なかなか研修で培われるモノではないようです。

久しぶりに農業祭で後継者対応

2018.11. 9

 先日、毎年恒例の県農業祭が開催されました。
 管内からも農業青年グループが出店。今年は新しいアイテムが登場しました。
 看板は「もも焼き」だけですが、その横では「もも揚げ」もやっています。ハーブ塩で下味して米粉をまぶして揚げていましたが、ぱりっとして美味い・・・・。色々と試して、米粉になったそうです。


blog_shiosaki117_1.jpg
2日間の出店でした。新しい顔ぶれが少しでも増えると、うれしいところです・・・・

 
 今から10数年前、県の農業後継者組織の事務局をしていましたが、その時に役員をしていたメンバーが、県内各地でがんばっています。管内にも何人かいますが、皆さん、私の普及活動の空気感を知っているので、ある意味で助かります。

 先日の定例会でも、「来年は、こんなことやってみろうや、予算はなんとかするで」の一言で、産地の全体的な課題解決に向けたテストをやることになりました。
 普及活動の肝心は、農家さんと現場課題の共有をすることと、その課題解決に向けた動機づけにあることを再認識した場面でした。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る