普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
柳瀬美智代

「富富富」生育は順調

2018.07.17

 富山県では、厳しい米の産地間競争を踏まえ、おいしさを最大限に発揮し、高温にも強い富山米新品種「富富富(ふふふ)」を開発しました。今年の秋には、その本格デビューを控えています。


yanase_57_1.jpg
富富富の看板


 生育特性は、以下の通りです。
 ①登熟期間が高温でも白未熟粒が少ない。
 ②草丈が短く、倒伏しにくい。
 ③いもち病に強く、農薬の使用量が節減できる


「富富富」は今、幼穂形成期(稲の赤ちゃんができる頃)を迎えています。葉色、茎数を調査、診断して肥料の時期や量を決めます。


yanase_57_3.jpg  yanase_57_2.jpg
右 :茎の根本の穂を確認中


yanase_57_4.jpg
穂肥(ほごえ)の指導をする農業革新支援専門員


 「穂肥は窒素成分で1.0kg/10aに抑えましょう」
 マスクの人は私、日焼け対策の完全防御。
 ずっと食べ続けたいお米として、全国の消費者や生産者から愛され選ばれるブランド米に育てていきたいと、徹底した品質管理で、技術指導に取り組んでいます。
 店頭に並ぶのを楽しみにしてください。


▼「富富富」ホームページ

柳瀬美智代

富山県高岡農林振興センターで、地域担当しています。地域担当の役割は主穀作(水稲、大麦、大豆)の技術改善や集落営農等の組織化など、地域全体のコーディネートです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る