普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

島根県
長妻武宏

「農地からの挑戦状!」~鳥獣被害対策研修会~

2022.10. 3

 例年発生するイノシシ、ニホンジカ、タヌキ、ニホンザルにツキノワグマなどの被害に加えて、ヌートリアやアライグマなどの外来生物の被害も身近になってきています。実際には、ネズミやモグラなど、さまざまな農作物被害もあると思いますが、田んぼでの加害動物としては、一番がイノシシとなります。


 これまで、農家を対象とした集落ごとの研修会をしてきましたが、今回、ふるさと学習会として鳥獣対策の研修会が開催され、講師は当センターの鳥獣専門員が担当しました。会場には30人を超える農家&一般の出席がありました。


blog_nagatsuma71_1.jpg


 近くの田んぼでは稲刈りも進み、2番草(ひこばえ)も立ち始めてきました。
 鳥獣対策指導のなかでは、えさ場をイノシシに提供しないように田を使わない時期からの対策などにも今後取り組んで聞く予定です。


blog_nagatsuma71_2.jpg


 西中国山地では、ツキノワグマは保護動物になっています。今回講師を担当した職員は、イノシシのわなにかかってしまうという錯誤捕獲されたクマの保護も担当しており、普段からクマに接する機会も多いので、クマに出会わないための方法や、出会ったときの対処など、実体験の話もあり、出席者にとっても関心の高い内容だったと思います。


 今年6月に稲の生育調査をしていたとき、パトカーから駐在さんが降りてきて「近くでクマが目撃されたので注意してください」ということもありました。普段はほとんど見かけることはないですが、この地域にとっては、身近な大型ほ野生乳類です。
 ちなみに、今年は夜の農道でイノシシとぶつかって、バンパーが壊れてしまうという鳥獣被害を経験しました。

長妻武宏

島根県の長妻です。畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員になりたいと思っています。

大分県
塩崎洋一

牛のメイク

2022.09.26

 和牛全共もあるけれど、地元県での共進会もあるわけで、これに向けた予選会が地区で開催されるということです。
 この日は、わが地元、臼杵市の地区予選を通過した牛さんを手入れする巡回。
 K副主幹とともに伺うと、「おう、洋ちゃん。いま、どげえしよるんか、こんどここか」と、子供の頃からかわいがってくれていた農家さん。「実はなあ・・・・」と、近況報告しながら牛を引いている私でした。


 新入りの頃、ある町で地区予選が終わった日の出来事です。私の普及員人生の進路を決定づけた大先輩が、みんなの前でこう言いました。
「塩崎、明日から毎朝、こん牛を引き運動しち、わらずりするんぞ」
 もちろん私に拒否権などあるはずがありません。翌朝6時30分からの引き運動と、わらで牛の体を乾布摩擦、本番当日まで一か月ほど続きました。
 そして今がある、と言えるのですが、K副主幹に言いました。


 「いまどき、牛ん毛刈りしよる普及員は、あんたぐらいかえ、俺どうはしよったけど」と言うと、すかさず「塩崎さんも私も、化石かもしれんですね」
 普及員のスキルとは何か、永遠のテーマかもしれません。。。


blog_shiosaki160-1.jpg
背中がK副主幹。「こげえすりゃ農家のためになるんじゃけどなあ」が口癖です。なんだか、自分を見ているような・・・


blog_shiosaki160-2.jpg
農協Y課長さん。南部振興局時代に、一緒に牛の削蹄をした話を思い出しながら・・・

塩崎洋一

昭和63年に大分県で普及員として奉職。 令和4年3月に早期退職して農業に踏み込み始めたが、普及現場の要請により中部振興局を舞台に、普及活動の第二幕が上がった。臼杵市在住。

島根県
長妻武宏

玉ねぎの育苗が始まりました

2022.09.21

 9月に入り島根県西部では玉ねぎの育苗が始まりました。
 島根県は県下JAが一本化されていて、担当エリアである浜田市と江津市の玉ねぎの苗は、邑智郡邑南町にある育苗施設から供給を受けるようになっています。


blog_nagatsuma70_1.jpg


 播種1週間後で確認したところ、順調に育苗できているように思います。
 定植は11月中旬を予定していますが、管内の作付けほ場の大部分が水田なので、排水対策の指導をしていくようになります。
 収穫は来年の6月が中心となりますが、収穫のための機械がまだ地元で導入されていないので、今後、導入に向けての動きはあると思いますが、まずはJAからのレンタルを予定しています。

長妻武宏

島根県の長妻です。畜産が専門の普及員ですが、過去には、イノシシの研究などもしていました。島根農業の応援団員になりたいと思っています。

大分県
塩崎洋一

牛は豊後が・・・

2022.09.16

 1921年(大正10年)に東京で開催された畜産博覧会(現在の和牛全共)で、大分県の種雄牛「千代山」号が一等賞を受賞し、「牛は豊後が日本一」との幟旗(のぼりばた)を掲げて銀座をパレードしたのが100年前。
 今年10月に鹿児島県で開催されるのが第12回。5年に一度の開催なので、銀座のパレードは、現在の共進会開始以前になります。

 ある後輩関係者が「俺の夢は、もう一度銀座をパレードすることじゃ」と熱く語っていました。和牛関係者にとっては、そういうものなのです。
 

blog_shiosaki159-1.jpg
100年語り継がれている・・・・
かなり少数派になってきていますが・・・・


blog_shiosaki159-2.jpg
あまりに暑くて、今年は屋内会場にて・・・・

塩崎洋一

昭和63年に大分県で普及員として奉職。 令和4年3月に早期退職して農業に踏み込み始めたが、普及現場の要請により中部振興局を舞台に、普及活動の第二幕が上がった。臼杵市在住。

大分県
塩崎洋一

牛の世界でも、あるんだなあ

2022.09.13

 第二幕の舞台は、中部振興局管内。
 この日はO主査に同行して肉用牛農家さんにお邪魔しました。


 繁殖管理についてO主査が農家さんとやりとりをしている横で、1頭のはぐれ子牛が歩いていました。
 「この子はどうしたんで?」と聞くと、「そりゃあ、親が育児放棄したんじゃ」と農家さん。
 親牛が乳を飲ませない、という場面はありましたが、子牛そのものに対して育児放棄か、人間だけじゃないんか。
 そのせいか、普通ではないくらいにヒトになついています。
 

blog_shiosaki158-1.jpg
お母さんのそばに行けなくて、ある意味独り立ちしている


blog_shiosaki158-2.jpg
農家さんと話しているO主査。
彼女が南部振興局のころ広域普及員だった私は、一緒に飼養環境改善で牛舎を改装したことがある・・・・


塩崎洋一

昭和63年に大分県で普及員として奉職。 令和4年3月に早期退職して農業に踏み込み始めたが、普及現場の要請により中部振興局を舞台に、普及活動の第二幕が上がった。臼杵市在住。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ