普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
鹿島和之

横の繋がりで笑顔をもたらす「みかんぶ」

2019.10.18

 大分県には、農山漁村の女性で組織するおおいたAFF女性ネットワーク(以下、AFF)という団体があります。AFFでは女性の資質向上を目的として各種研修会や視察研修を行っていますが、今年度から柑橘農家の女性に特化した研修を開催する「みかんぶ」を設立し、活動を行っています(事務局は私です)。


 これまでに2回の研修会を開催し、それぞれの農園の視察、農協の集出荷施設の視察を行っています。参加者からは毎回、「いつもは旦那が研修会に参加しているため、人の農園をみたり、経営を聞いたりする機会が少ないので勉強になる」「このやり方はうちでもできそうなので、帰って実践しよう」「柑橘農家どおし、同じような悩みが多く、皆さんの課題解決の方法を知る事ができる」など、女性ならではの意見が色々と聞かれます。


blog_kashima4_1.jpg  blog_kashima4_2.jpg
左 :第1回研修 農協の集出荷施設視察 / 右 :第2回研修 会員の果樹園視察


 普及活動をしていると自分自身、色々な農家とお会いするため、「農家は、隣近所や同じ品目を作っている人とはお互いに情報交換し、色々と知り合っている」と勝手に思い込んでいましたが、「みかんぶ」を通じ、その考えを改めました。
 目の前の栽培・経営に一生懸命で、実は横の繋がりの機会が少ない農家(特に女性は家の外に出る機会が少ない)に交流と学びの機会をつくることで、新たな出会い・発見が生まれ、農家が次の一歩に進み、経営発展もできるのだと感じる今日この頃です。

 あわせて、女性を対象とすることで、女性の特徴である「共感」により、参加者それぞれの課題を全員の課題としてとらえて解決方法を議論したり、学んだ良い点をすぐに実践に移したりと、男性を対象とした研修では起こりにくい効果も生まれています。

 「みかんぶ」は、今年度あと1回の研修を計画しており、会員で和気あいあいと県外に視察研修ができるといいなぁーと画策しております。

鹿島和之

大分県北部振興局で農業青年や農村女性などの担当をしている鹿島です。大分県国東市生まれ、愛媛大学卒。平成13年に大分県に採用されました。今は豊後高田市に住んでいます。

長崎県
内田早耶香

米の成績検討会を行いました

2019.10.17

 五島地域では、水稲の収穫が概ね完了しました。収穫完了に伴い、本年の水稲の成績等について、生産者および関係機関を交えた成績検討会を開催しました。


blog_uchida8_1.jpg


 検討会では、本年産水稲の収量や品質について情報共有し、あわせて本年産の水稲の試食も行いました。参加者からは、「おいしい」「来年もがんばりたい」等の意見がでていました。栽培ポイントの研修も行い、次年度産に向けて意識向上が図られました。


ツイッターで五島の旬な情報を発信中!


内田早耶香

長崎県五島振興局農業振興普及課の内田です。普及員5年目の農産担当(水稲、麦、大豆、かんしょ等)です。農家さんのお役に立てることを夢見て、日々現場に出ています。

大分県
鹿島和之

女性のパワー全開「ウーマンみーてぃんぐ」

2019.10. 7

 昨年度、普及指導対象の農村女性の方々から「昔は3市(中津市、豊後高田市、宇佐市)の農村女性で集まって、研修会したり、物販したりして楽しかった。また、やってくれんかなぁ~」という話しをよく聞きました。

 そこで、約10年ぶりに3市合同の研修会として、「農山漁村の女性!全員集合!!おおいた北部ウーマンみーてぃんぐ」を9月に開催しました。参加者は約50名、年代も30代~70代と幅広い方々が集まりました。


 まずは、3市の代表者による6次産業化、農村民泊、ライフプランの事例発表に続き、豊後高田市農漁村女性集団連絡協議会の取組紹介が行われ、ランチミーティング・農産物等の販売交流会で、午前の部を終えました。


blog_kashima3_1.jpg  blog_kashima3_2.jpg
左 :皆さん真剣に事例発表を聞いています / 右 :盛況な販売交流会


 午後の部はワールド・カフェ方式で、農林水産業の現実・課題・夢を4~5名のグループで語り、グループ替えも交えて、活気に満ちた会話が行われ、気づいた点などを共有しあいました。


 最後に隣どおしの参加者で「応援メッセージの手紙」を交換し、帰ってから手紙を開くという楽しみもありました。参加者は懐かしい人や新しい人との出会い、新たな発見を持ち帰る研修会となり、満足した顔で帰路につきました。


blog_kashima3_3.jpg
ワールド・カフェで、年代を超えての会話を楽しむ


鹿島和之

大分県北部振興局で農業青年や農村女性などの担当をしている鹿島です。大分県国東市生まれ、愛媛大学卒。平成13年に大分県に採用されました。今は豊後高田市に住んでいます。

徳島県
清水昇

「きゅうりタウン」本日も大忙し

2019.10. 2

 特産品「キュウリ」を核とした、移住促進による担い手確保等に取り組む産地活性化策「きゅうりタウン構想」は、視察者が絶えず、本日も大忙しです。
 キュウリの産地としては、本当に小さい産地(冬春キュウリでは面積21位、生産量12位)なのですが、特徴的な取組により、今年も全国から視察が続いています。

 理由は、
●「構想」スタートから、全国から24名の移住就農希望者を受入れ
●農業経験のない若者を魅力あるキュウリ栽培と位置づけている「養液栽培」での就農を実現させている斬新な事例であること

 今年5年目を迎えますが・・・「関係者一同よくがんばってきたなぁ」とつくづく思います。


 今週は3件の視察を対応しました。


●わが産地の100倍の大産地、群馬県から
blog_shimizu3_2.jpg


●お隣の町から、農業をめざす若者のグループ
blog_shimizu3_3.jpg


●地元海陽中学校から、未来の「後継者」候補者
blog_shimizu3_1.jpg


 「きゅうりタウン構想」は、全国からたくさんの応援を受けています。
 だから、視察は原則断りません。がんばります!

清水昇

徳島県南部総合県民局美波農業支援センターで、特産品キュウリを核とした担い手育成を中心としたプロジェクト活動を展開中です。キュウリを担当していますが本当の専門は花きです。実家は徳島県特産のスダチや全国的に有名な「木頭ゆず」を栽培しています。

大分県
鹿島和之

水田の汎用化に向け「排水対策研修会」開催

2019.09.27

 大分県では水田農業の構造改革の一環として、平成29年度から水田畑地化に取り組んでいます。しかしながら、排水不良田に園芸品目を作付すると、生育の遅延や病害の発生などで栽培がうまくいかない事例が多々見受けられます。

 そこで、9月10~11日にかけて、管内の中津市・豊後高田市・宇佐市の農業関係機関を対象に、クボタアグリサービス(株)の協力のもとに「排水対策現地研修会」を開催。のべ約60名の参加がありました。


 室内研修では(株)クボタ アグリソリューション推進部の寺井顧問、泉顧問から排水対策に関する講演があり、排水口の設置位置確認、第1は表面排水、第2に地下排水、そして排水には土づくりも重要である点を学びました。


blog_kashima2_1.jpg
宇佐会場での室内研修


 現地研修は、クボタアグリサービス(株)担い手推進部の協力のもと、9月10日の宇佐会場では、作土が浅い場合の排水対策として額縁排水の施工実演を、9月11日の中津会場では、作土が深い場合の排水対策として額縁排水+集水枡の施工実演を行いました。

 溝掘機の施工タイミングやロータリー式の利点、集水枡からのカットドレーンの設置本数、カットドレーンの設置後の効果寿命等について等の質疑が行われ、排水対策について深く学ぶことができる研修会となりました。


blog_kashima2_2.jpg  blog_kashima2_3.jpg
左 :宇佐会場での溝掘機実演
右 :中津会場でのサブソイラ実演。ぬかるみほ場でのパワクロの牽引力にも参加者は驚愕


鹿島和之

大分県北部振興局で農業青年や農村女性などの担当をしている鹿島です。大分県国東市生まれ、愛媛大学卒。平成13年に大分県に採用されました。今は豊後高田市に住んでいます。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

アーカイブ