提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU


「クボタ元氣農業体験教室」で稲刈り体験(岩手県花巻市)

2011年10月 5日

 花巻市立花巻小学校がクボタeプロジェクト「クボタ元氣農業体験教室」に参加して、今年で4年目となるが、毎年、社会科の授業で稲作を取り上げる5年生が参加している。昨年収穫された米の一部は、今年3月の東北大震災の際、無洗米にして被災地へ送られた … 全文を読む>>

耕作放棄地活用であんぽ柿の産地作り(長野県駒ヶ根市)

2011年9月30日

 長野県駒ヶ根市の耕作放棄地で、県内初のあんぽ柿の産地作りが始まったのが、平成21年度。地域活性化と耕作放棄地解消をはかるため、地域特産品として育てようと植栽を進めてきた。ここに来て共同管理、共同加工することになり、団地化して効率的な管理を … 全文を読む>>

神話のふるさと高千穂でシシ(猪)の巣を解消(宮崎県高千穂町)

2011年9月20日

 天照大神にまつわる多くの神話と伝説が残る宮崎県高千穂町。九州山地のほぼ中央部、宮崎県の最北端に位置し、熊本県、大分県に接する山里で、年間約150万人の観光客が訪れる、宮崎県有数の観光地であり観光地である。    左 :高千穂神社 / 右  … 全文を読む>>

耕作放棄地のbefore after 転作大豆の圃場に生まれ変わった再生地 (青森県弘前市)

2011年9月 8日

 ちょうど一年前、青森県弘前市のクボタeプロジェクトによる耕作放棄地再生作業を紹介した。  ▼放棄されて20年 雑木林が耕作地に再生された!(青森県弘前市)  一年が経過した今、この取り組みのその後を追い、再び現地を訪ねた。  農地としては … 全文を読む>>

妙高山麓の再生農地を花畑にして観光の拠点づくり(新潟県妙高市)

2011年7月26日

 高原野菜、特に高原トマトの一大産地だった妙高市大洞原地区は、近年、農業者の高齢化などから耕作放棄地が増加し、問題となっていた。  その解決のため、平成21年から、妙高山麓直売センター「とまと」を運営する(有)妙高ファームを中心に、地域の農 … 全文を読む>>

坪野山菜まつりで春を食べよう(石川県能美市)

2011年6月 1日

 石川県能美市坪野町では、能美の里山ファン倶楽部(市民団体)を中心に、企業、教育機関、行政等が一緒になって里山の地域資源を活かした活動を行っている。クボタeプロジェクトにより22年度、休耕田の耕作放棄地が畑として甦ったところだ。  4月24 … 全文を読む>>

小学5年生が農業体験! 元氣農業体験教室in花巻市(岩手県花巻市)

2011年4月 4日

 クボタeプロジェクトの元氣農業体験教室で、岩手県花巻市の花巻市立小学校の5年生67名が稲刈りと脱穀を体験し、コンバインによる刈り取りを見学。岩手クボタがを支援おこなった。  雲間から青空がのぞく2010年9月27日、実りの時を迎えた田んぼ … 全文を読む>>

小学生の稲刈りと脱穀体験を支援(茨城県古河市)

2011年3月22日

 クボタeプロジェクトの元氣農業体験教室が、茨城県古河市立小学校5年生を対象に開かれ、北関東クボタが稲刈り体験の支援を行った。  平成22年9月28日朝、古河市上片田の(有)森ファームの圃場に、古河市立駒込小学校の5年生20名と、同大野小学 … 全文を読む>>

復元した農地で菜の花を栽培、菜種油を作ろう!(山梨県甲府市)

2011年3月15日

 山梨県甲府市帯菜地域では、耕作放棄された土地にナタネを育てて菜種油を作ろうと、帯菜地域活性化推進協議会が中心となり、菜の花プロジェクトin帯菜に取り組んだ。  地域住民が協力して菜の花を栽培、地域保全を行いつつ住民の連帯感も育てよう、とい … 全文を読む>>

耕作放棄地で大豆を生産し、地域を活性化!(山梨県韮崎市)

2011年3月14日

 地域に増えつつある耕作放棄地を減らすため、山梨県韮崎市の農業生産法人武田の里・農援隊が、放棄地を再生して大豆を作り、味噌等の加工品を作っている。  かつて養蚕が盛んであったこの地域では、放棄された桑園が森のようになっていた。  クボタeプ … 全文を読む>>

アーカイブ

をクリックすると開きます