提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(大日本農会)令和2年度農事功績者表彰事業について

2020年11月17日

大日本農会は、令和2年度農事功績表彰者として、紫紅綬名誉章2名、紫白綬有功章3名、緑白綬有功章55名、紅白綬有功章5名の計65名を選定した。 ●農事功績者表彰事業は明治27年に創始され、歴代総裁宮殿下(現在は秋篠宮皇嗣殿下)の御名により表彰が行われている。今年度の表彰式及び祝賀パ … 全文を読む>>

令和2年度(第16回)「若手農林水産研究者表彰」受賞者が決定

2020年11月13日

農林水産省は、令和2年度(第16回)「若手農林水産研究者表彰」について、農林水産技術会議会長賞の受賞者を決定した。 ●植物のウイルス抵抗性遺伝子に関する研究 石橋 和大(農研機構 生物機能利用研究部門 上席研究員) ●オイルボディの基礎研究に基づく次世代農業のための新技術開発  … 全文を読む>>

令和2年度(第21回)「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」受賞者が決定

2020年11月13日

農林水産省及び(公社)農林水産・食品産業技術振興協会は、令和2年度(第21回)「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」について、農林水産大臣賞をはじめ各賞受賞者を決定した。 ●農林水産大臣賞受賞者 口蹄疫抗原検出イムノクロマトキットの開発と普及実用化 日本ハム(株)、富士フイルム( … 全文を読む>>

令和2年度(第76回)「農業技術功労者表彰」受賞者が決定

2020年11月13日

農林水産省及び(公社)農林水産・食品産業技術振興協会は、令和2年度(第76回)「農業技術功労者表彰」について、農林水産技術会議会長賞を決定した。 ●イネいもち病に強いコシヒカリのマルチラインの開発と普及  石崎 和彦(新潟県農業総合研究所作物研究センター長) ●養液栽培による高糖 … 全文を読む>>

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」第7回選定結果を公表

2020年11月 6日

内閣官房及び農林水産省は、農山漁村活性化の優良事例である「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」第7回選定として、28地区及び4名を選定。さらにこれらの中から、特に優良な事例について、グランプリ及び部門賞として選定した。 ●グランプリ  ・岐阜県立岐阜農林高等学校流通科学科(岐阜県北 … 全文を読む>>

令和2年度北陸農政局男女共同参画優良事例表彰受賞者を決定

2020年11月 6日

北陸農政局は、農山漁村における男女共同参画の実現を目指して経営・社会参画の優良な取組を行っている個人や団体を表彰する「北陸農政局男女共同参画優良事例表彰」を行っている。 このたび、令和2年度の北陸農政局長賞の受賞者を決定した。 北陸農政局長賞 経営参画部門(個人)  ・長谷川 晴 … 全文を読む>>

「サステナアワード2020伝えたい 日本の"サステナブル"」の募集を開始

2020年11月 5日

「あふの環(わ)2030プロジェクト」は、「サステナアワード2020伝えたい日本の"サステナブル"」を実施、伝えたい食と農林水産業に関わるサステナブルな取組動画を募集する。12月23日(水)締切。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「食かけるプライズ2020」表彰事例が決定

2020年11月 4日

農林水産省は、「食かけるプロジェクト」の一環として実施した国内の食が絡んだ多様な体験を表彰する「食かけるプライズ2020」について、表彰事例として15件を決定した。 ●食かける大賞 食×広島お好み焼き×オコノミュニケーション ( OKOSTA:広島県) 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農業電化協会)「令和2年度農業電化推進コンクール」公募を開始

2020年10月28日

(一社)農業電化協会は、農業電化による効率的な経営や、省エネルギー技術の向上・改善に対し、意欲的に取り組む個人、事業者、農業団体の好事例を紹介、広めることを目的に、「令和2年度農業電化推進コンクール」を実施、公募を開始する。12月25日(金)締切。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(近畿農政局)学生おべんとうコンクール2020

2020年10月22日

近畿農政局は、若い世代の食育推進と近畿農政局管内の農林水産業を応援するため、『学生のアイデア・若きチカラで近畿の生産者を応援しよう!』~コロナに負けるな!近畿の食材でお弁当づくり~をテーマに「学生おべんとうコンクール2020」を開催。11月10日(火)締切。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>