提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU

よくあるご質問(pick up!)


野菜

追肥に関して質問です。多くが窒素で○kgという風に書かれていますが、なぜ窒素量だけを基準にするのでしょうか。なすの養分吸収割合は窒素以上にカリを吸収しているので、これでは問題があるように思います。また、多くの液体肥料では、窒素に対してカリ量が同程度か少ないように思います。

カリの施用方法として、生育期間の長い野菜は、チッソとともに元肥と追肥に分けて施すとあり、NK化成が使用されていることが多いと思います。液体肥料で、窒素に比較してカリの成分量が少ない製品が多いのは、カリは、窒素より利用(吸収)率が高いということからかと思います。
私も追肥にはチッソ10%、カリ4%の粒状肥料を使っていますが、速効性でアミノ酸含有量も多く、水に溶けやすいので、液肥としても使用できるのが特長です。
長年野菜を作り、熟畑化した土壌はリン酸、カリが基準値以上に含まれている例が多いため、特にチッソの適正施肥に重きを置いてはいかがでしょうか。